06 南西ブロック

2019年3月13日 (水)

災害時ホントに役立つ知恵袋~日頃から災害に備えよう〜南西ブロック委員会

2019年2月25日(月) 10時30分~12時30分 コープデリつくばセンター(参加人数:12名)
2019年2月27日(水) 10時~12時 コープデリ藤代センター(参加人数:16名)
2019年3月5日(火) 10時~12時 コープデリ守谷センター(参加人数:12名)

日本だけでなく、いま世界中が災害の危機にみまわれ、いつどこで何が起こっても、どんな災害が訪れてもおかしくない時代になっています。日々の備えが命運を分けるとも言われており、今回、改めて自分たちの身の回りの備えは危機にきちんと対応しているか、心の準備とともに、再確認する企画を開催しました。

防災リュックには どんなものを入れておけば本当に役に立つのか、どのように応用できるのか、など、参加者の皆さんから たくさんのアイデアを出していただきました。

Swb190225_01

実践例
・新聞紙で簡易スリッパを作り、お布団の下に入れておく。→就寝時の地震で倒れた家具やガラスの破片から足裏を守ることができる。
・厚めの新聞チラシを使ってお椀を折り、洗った牛乳パックを切りスプーンにし、敢えて常温のレトルトカレーと水で1時間戻したアルファ米を試食。→災害時にすぐにライフラインが復旧する保証はなく、温めないものでも食べられるという経験をしました。お椀にポリエチレン袋を入れて試食したので、お椀は次の食事でもう一度再利用できることも再確認できました。紙皿にラップを敷いて使っても洗い物がなくて便利なことも実際に体験しました。
・大きなビニール袋は、バケツに入れて広げれば配給された飲み水を運ぶ時にも使えたり、中にティッシュや雑巾を敷いて簡易トイレにもできる。首・腕部分を破けば防寒具にもなり、寒さで凍え心身ともに衰弱することも多少の回避ができる。

Swb190225_02

Swb190225_03

その他、使い古しのストッキングや手ぬぐいを使い止血のために患部を縛ったり、安い猫の砂を買っておき排泄したものに掛けると匂いが減少する知恵や、小銭、女性用生理用品、肌に優しいおしりふき、防寒に使えるアルミシート、自分の薬、ラジオ、呼び笛、家族の写真、マスク、ラップやビニール袋も多めにあると安心……等々、みなさまから色々な知恵やアイデアをたくさん出していただきました。
東日本大震災のときに実親が長い期間避難所生活を余儀なくされたり、常総市の水害ですべてが泥水に埋もれてしまい、あらゆるものを失ってしまったつらい体験談も聞くことができました。(家族との連絡手段の携帯電話用の手回し式充電器は、本当に持っていて良かったもののひとつだったそうです。)

災害時に実際にできる例として、ツナ缶を使ったランプやペットボトルにラップと水を入れて下から懐中電灯を照らし、光を拡散させてお部屋を明るくする簡易ランタンのデモンストレーションもやりました。

《参加者の感想》
・東日本大震災/常総市の水害被害について、貴重な実体験を聞くことができ、日頃の備えの重要さを強く感じることができた
・災害時を常に意識して 日々暮さなければならない と気持ちが引き締まった
・防災リュックには普段から食べ慣れているものを入れておこうと思った
・自分が知らなかった知恵を参加者からたくさん聞くことができて勉強になった
・ひとりでも多くに人に知ってもらいたいので、年に1度は開催したほうがよいと思う
・避難場所と避難所の違いがわかり、それぞれで必要な物が異なることを学んだ

車のガソリンを余裕をもって入れておく、災害が来たらどこで待ち合わせをするか家族で話し合っておく、ご近所の方と仲良くなっておく、家具などを固定し縦横の揺れに備える、カメラに災害の状況を撮っておく、など、他者の意見やアイデアを聞き、そこからさらに新しい発見や知恵も出て、減災にまつわる意識を高めることができました。参加者全員がともに学びあえた、とても有意義な企画でした。

災害は明日訪れるかも知れない自然の驚異です。災害を防ぐことはできませんが、災害が起こってしまったときに被害を最小限に減らせるよう、常日頃の備えや取り組みこそが一番大切です。また、家庭内での『自助』や地域内での『共助』、どちらも大切にすることが、大災害からの早期復旧・早期復興に直結します。
自然の猛威には勝てませんが、被害に負けることがないよう、家族や地域みんなで充分な備えをしておくことが、いま私たちにできる最大限の努力だと思います。

2019年3月11日 (月)

ほぺたんひろば2月活動報告 フードチェーンについて〜南西ブロック委員会

・2/6(水) 研究学園ひろば ドコモショップつくば研究学園店
・2/7(木) 龍ケ崎ひろば 農業公園豊作村
・2/8(金) うしく店ひろば コープうしく店
・2/13(水) 牛久南ひろば ダーチャ
・2/14(木) 藤代センターひろば利根ひろば合同開催 コープデリ藤代センター
・2/16(土) サタデーつくばひろば コープデリつくばセンター
・2/27(水) 守谷センターひろば コープデリ守谷センター

今月は、藤代ひろばと利根ひろばが合同開催でしたので7会場で開催しました。参加者は28名、ゲストは2名でした。
今回のテーマ「フードチェーン」の話や試食品の説明、今年度は今月で終わることなどを話しました。

ひろばを1年やってきて……
・ひろばを通して普段知らないこと、ものを知れて安心して購入できた。
・コープ商品は情報の開示がされてて安心。
・コープ会の時より試食の数が減り、自分たちで商品を選べないが新しい商品・サービス・取り組みなどについて少しずつ知ることができてよかった。
・調理もたまにやりたい。
といろいろな意見をいただきました。来年度は、どんなひろばになるか楽しみですね♪

今回の試食品は
・co-op烏龍茶
・co-op産直のはぐくむたまごで作った焼きドーナツ

〜試食品の感想〜
⚪︎烏龍茶は……
・苦味がなく飲みやすい
・昔飲みすぎて胃が荒れた
・この味、量で低価格は嬉しい
・普段 烏龍茶を飲まないので他社のと飲み比べをしたかった
・他の茶飲料はビタミンCとしか表示されてないのと見比べることができてよかった
・ペットボトルの下半分のねじれた形が手にフィットして持ちやすい

⚪︎焼きドーナツは……
・甘さ控えめとはなっているがけっこう甘い
・マーガリンやショートニングを使ってないのが嬉しい
・バターの香りがすごくするのでおいしい
・揚げてないので低カロリー

今年度最後のひろばでした。来年度の予定は、げんき通信4月号に掲載されますのでふるってご応募ください!
多くの皆様の参加をお待ちしております!

Swbhh1902_01

Swbhh1902_02

Swbhh1902_03

2019年2月 6日 (水)

コープデリミールキット試食会を開催しました。~南西ブロック委員会

南西初の試みとして、同じ内容の学習会を3箇所にて開催しました!
1/29(火) コープデリ藤代センター 参加者:10名
1/31(木) コープデリつくばセンター 参加者:12名
2/1(金) コープデリ守谷センター 参加者:9名

ミールキットは2種類
「チンジャオロース」
「鶏団子と4野菜のたまごスープ」
グリーンBOXミニを1箱用意しました

Swb190129_01

Swb190129_02

まず始めに、ミールキットは「そろってGood!」「ぐるめでGood!」「すこやかDish」「産直Gohan」のように4つのカテゴリーがあることや、キットが入っていたプラスチック容器はリサイクルできることを説明しました。
次にグリーンBOXミニに入っている5種類の野菜(今回は、ホウレン草、舞茸、春菊、さつまいも、長ネギ、おまけで大豆)を見ながら「ネギはスープに入れようか?」「サツマイモはカップケーキにする?」「春菊は好みがあるので、お浸しがいいかなぁ?」など、みんなでアイデアを出し合いながら相談しました。

Swb190129_03

決まったところで、グループに分かれて調理しました。

Swb190129_04

感想として……
☆チンジャオロースにさつまいもの細切りを加えて調理したところ、ほんのり甘く美味しかった!
☆スープに長ネギを入れたことで、美味しさが増した!
☆まいたけが立派で驚いた!
☆ミールキットは、食材がカットされているので、短時間であっという間にできた!
☆さつまいもを油で揚げたものと、レンジでチンしたものを食べ比べ、油で揚げた方が甘くて美味しかった!
☆グリーンBOXは、各会場毎に違う料理になって、それが面白かったです。

Swb190129_05

Swb190129_06

Swb190129_07

試食の際のおしゃべりでは、たまに入るおまけ(今回は大豆)3月に桃の花が入ったこともある! と話が出て、嬉しいサービスもあるのね~と感嘆の声が出たり。カタログを見ただけでは、なかなか手が出せなかったけど、優しい味付けで、簡単に調理できるからいいね。など、皆さん喜んでいました。
また、3日程・3箇所での開催企画は、行きやすい場所を選ぶことができたので良かったと好評でした。

2019年2月 4日 (月)

欲しいものを“選べる”こと〜1月度ほぺたんひろば〜南西ブロック委員会。

1月10日(木) 利根
1月15日(火) 龍ケ崎
1月16日(水) 牛久南
1月17日(木) どきどき
1月18日(金) 研究学園
1月21日(月) 藤代
1月23日(水) うしく店
1月26日(土) サタデーつくば
1月31日(木) 守谷

1月は9会場で開催し、24人にご参加いただきました。お試しでご参加いただいた方も4名いました。

お試しで来てくれた方の中には「げんき通信のほぺたんひろばの案内にお試し品が載っていて、実際に試してみたい! と思って来ました」という嬉しいお言葉も❤❤❤ ありがとうございます。

インフルエンザが大流行ですね。学級閉鎖になっている学校もた~くさん。受験生、またご家族のみなさん、インフルエンザに負けずにがんばってくださいね。

さて、「みなさんどんな年越しでしたか?」という話題が多かった1月のほぺたんひろば。帰省したり、初詣に行ったり、はたまた寝正月。お正月から家族中インフルエンザというお気の毒な方もいました。

今月のテーマは「多様なくらしの対応した品ぞろえ」
欲しいものを“選べる”ことは大事なことですね。もちろん生協では取り扱う全ての商品について、しっかりと安全性確保に取り組んでいます。

今月の試食品

Swbhh1901_01

〇うちのおみそ汁なす
感想
う~ん……一番多かった感想は、表記のお湯の分量だとしょっぱい、という事でした。でも、自分好みの濃度にしたら、なんと! とてもおいしい!!! 揚げナスが入っているのですが、色も鮮やかで、フリーズドライのクオリティとは思えないほど!! なすに感動、というお声が多かったです。わが家でも常備する一品となりました。

〇co-op有機栽培茶葉使用グリーンルイボスティー
感想
さっぱりしていて飲みやすいという感想が一番多かったです。クセがなく、食事にも合いそうということでした。一方で、未発酵なのでちょっと青臭さが感じられるという方もいました。あなたはどっちでしょう?

〇co-op風味豊かな発酵バターのショートブレッド
感想
これ、私も大好き!!!! という感想が圧倒的に多かったです(笑) マーガリンではなく、バターなのが嬉しい。コープクオリティのマークにふさわしい美味しさです。

Swbhh1901_02

Swbhh1901_03

Swbhh1901_04

Swbhh1901_05

※今年度は2月が最終です。詳しくはげんき通信2月号にも掲載されています。
お問い合わせ・お申し込みは、いばらきコープ総合企画室0120-160-231(月〜金 9:00〜17:30)

2月予定はこちら↓↓↓
2月6日(水) 研究学園:ドコモショップつくば研究学園店2階調理室
2月7日(木) 龍ケ崎:湯ったり館2階会議室
2月8日(金) うしく店:コープうしく店2階コミュニティルーム
2月13日(水) 牛久南:ダーチャ
2月14日(木) 藤代&利根:コープデリ藤代センター
2月15日(金) どきどき:ポケットファームどきどきつくば牛久店体験教室
2月16日(土) サタデーつくば:コープデリつくばセンター2階会議室
2月27日(水) 守谷:コープデリ守谷センター調理室

来年度の日程等については、げんき通信4月号に掲載予定です。お楽しみに♪

2019年1月30日 (水)

コープうしく店21thアニバーサリーに参加しました~南西ブロック委員会

2019年1月27日(日) コープうしく店にて
参加人数:357名 ブロック委員13名

コープうしく店は皆様に支えられ、今年で21周年を迎えました。昨年11月には一部改装も行い、「皆様に愛されるコープ」を目指して参ります。
この日は恒例の抽選会もやっているということで、多くのお客様にご来店いただき、とても賑やかな店内となりました。賞品には、1等~3等以外にも、店長賞、副店長賞、理事賞や各部門賞を設け「コープのイイモノ! 美味いもの!!」を用意し、357名のお客様に参加していただき、大盛況で終わることが出来ました。
これからもコープうしく店をよろしくお願いいたします!

Swb190127_01

畜産部門の北海道産ステーキ

Swb190127_02

惣菜部門のお寿司

Swb190127_03

小さなお子様が当てたのは、日配賞~♪

Swb190127_04

こちらもお子様大当たり♪ 理事賞

Swb190127_05

2019年1月 4日 (金)

ほぺたんひろば12月活動報告〜南西ブロック委員会

・12/3(月) 藤代センターひろば コープデリ藤代センター
・12/3(月) 利根ひろば 布川コミュニティセンター
・12/10(月) 研究学園ひろば ドコモショップ つくば研究学園店
・12/13(木) うしく店ひろば コープうしく店
・12/14(金) 龍ケ崎ひろば 湯ったり館2階会議室
・12/15(土) サタデーつくばひろば コープデリつくばセンター
・12/18(火) 守谷センターひろば コープデリ 守谷センター
・12/20(木) 牛久南ひろば ダーチャ

今月は、8会場で開催しました。参加者は25名、ゲストは3名でした。

今月のテーマは「くらし」の中でできること。減災について(小銭を用意しておく。電話番号を手帳に書いておく。非常用トイレに猫砂がおススメ! ローリングストックのことなど)とコープでんきの試算をしたらお得だった話、ひろば 倶楽部についてのアンケートの話をしました。

先月持ち帰りの、グリーンキーパーコンパクトについての感想をいただきました。
・古紙のリサイクルというのはよいが、価格が高め。他社はもう少し安い
・再生紙を利用しているのでゴワゴワする
・掃除に使う
・野外活動でかさばらないのでよい

今回の試食品は
・co-op粒入りコーンスープ8食入り
・co-op朝の応援食ココア焼きドーナツ10個入り
・co-opポリエチレンラップレギュラー

〜試食品の感想〜
⚪︎コーンスープは……
・甘くてやわらかいおいしさ
・お湯の量150mlもちょうどいい濃さ
・コーンは干物感が強い
・コーンの戻りがよくなく硬い
・他社との違いを知りたかった
・他社との飲み比べをしたかった

⚪︎焼きドーナツ
・ドーナツというより柔らかいパンのようで食べやすい
・焼きドーナツなので油っぽくなくてよい
・しっとりしてておいしい
・おやつとしては物足りない
・バラ売りもあるとよい

⚪︎ラップ
・耐熱温度が110度までなので保存用や冷凍にむいてる
・食品に使うことばかりで災害時に使うことが思いつかなかった
・切り口の見つけ方について
・耐熱温度を今まで見たことがなかった
・安くてよい
・保存に適しているものと加熱に適しているものがあるので今後気をつけて見てみる

Swbhh1812_01

Swbhh1812_02

Swbhh1812_03

《1月ほぺたんひろば》
・1/10(木) 利根ひろば 布川コミュニティセンター
・1/15(火) 龍ケ崎ひろば 湯ったり館2階会議室
・1/16(水) 牛久南ひろば ダーチャ
・1/17(木) どきどきひろば ポケットファームどきどきつくば牛久店
・1/18(金) 研究学園ひろば ドコモショップ つくば研究学園店
・1/21(月) 藤代センターひろば コープデリ藤代センター
・1/23(水) うしく店ひろば コープうしく店
・1/26(土) サタデーつくばひろば コープデリつくばセンター
・1/31(木) 守谷センターひろば コープデリ守谷センター

今年1年ありがとうございました。来年も多くの皆様の参加をお待ちしております。よいお年をお迎えください!

2018年12月12日 (水)

「産直げん気鶏」思わず食べたくなる産直げん気鶏美味しさのヒミツ(マルイ食品株式会社)の学習会を開催しました!~南西ブロック委員会

2018年12年6日(木)10時~12時 コープうしく店2階コミュニティールームにて
参加人数:20名(一般組合員18名 ブロック委員2名)

長い秋の空が ようやく冬めき、ひと雨ごとに寒さが増してくる12月、マルイ食品株式会社より 鶴長様・土本様・加治様 にお越しいただき、産直シリーズ第7弾「産直げん気鶏」の学習会をしていただきました。

Swb181206_01

産直げん気鶏は、すべて鹿児島県北薩地区の生産者さんが飼育し、37件の農家さん方は日々鶏舎の環境作りに神経を尖らせ、 徹底した衛生管理のもとヒナ~生育した鶏の出荷まで、責任を持って従事されています。鶏の赤ちゃんから出荷まで たったの47日間という飼育期間の短さには、参加者から驚きの声があがりました。
また、出荷後は20日以上をかけ鶏舎の洗浄・消毒をするそうです。いつでも清潔で感染の危険性を限りなくゼロにし、より衛生的な環境作りに気を配っています。

飼育中のエサには、一般的に混ぜられている “合成抗菌剤・抗生物質” は  一切使用していないため、よりいっそう安全で安心な美味しい鶏肉になります。お話を聞いていると、まるでわが子を育てるように、大切に大切に鶏を扱っているように感じました。血液検査や糞尿検査、エサの食べ具合などにも細心の注意をはらい、広い平飼いの鶏舎で、のびのびと飼われている鶏。農家さんがかけた愛情の分だけ、元気に育ち、安心と共に各地へ運ばれていくことを学びました。

次に、目の前で「げん気鶏」解体ショーを見せていただきました!! お魚の解体は見る機会がありますが、鶏肉の丸々一羽からの解体ショーにはみんな釘付けになって覗きこんでいました! 一羽の鶏が、見事な包丁さばきで次々に 細かな部位に解体されていき、小さな軟骨や針骨まで削ぎとられ、最後は各部位と太い骨とになりました。

Swb181206_02

鶏肉は、余すところなくすべて使い尽くすことができ、最後の骨までも煮出して美味しいスープができるほど、食べ残すところがないそうです。

質疑応答のあと、参加者みんなで「げん気鶏」を使った調理実習をしました。今回は班ごとに3種類の調理をしました。

Swb181206_03

1.国産ささみのチキン南蛮絶品甘酢たれ……衣に揚げ玉をまぶしてあるので、今までにはないサックサク食感が衝撃の美味しさ! ささみもひとつひとつ丁寧に筋切りしているので、柔らかくしっとり。甘酢がたっぷりなので、付け合わせの野菜も 一緒にたくさん食べられました!!

2.産直げん気鶏のぷりぷりステーキ……一羽の鶏からたった2つしか取れない肩肉を使用。よく動かす肩肉は、ぷりぷりっとした食感が大人気!! お醤油をベースに5種類(りんご・洋梨・レモン・桃・オレンジ)の味付けもしてあるので、すっきりとした甘さも人気の秘密です。お弁当にも最適です!!

3.産直げん気鶏のモモ肉のソテー バジルソース添え……「げん気鶏」の美味しさを引き立たせるシンプル調理。塩コショウでソテーすることで、モモ肉の柔らかさと甘さが際立ち、またバジルソースを添えていただくとひと味違った美味しさが、口のなかいっぱいに広がりました。

Swb181206_04

《参加者の感想》
・鶏の解体は、様々な部位を知ることができ勉強になりました。
・チキン南蛮は初めて食べましたが、サクサクとした歯触りが感動的!! とても美味しかったので、これからは購入してたくさん食べます。
・どの商品もお肉の臭みが全然なく、調理も簡単で、とても便利! 今後、利用します。
・解体のとき、部位の色々な調理法を説明してくださり、わかりやすかったです。
・こだわりを持って飼育されていることを知り、安心しました。
・命の重みと大切さ、命をいただいて生かされていることへの感謝 を改めて考えました。とても感慨深かったです。鶏肉を大事に食べないといけませんね。ありがとうございました。

農家さんの溢れるばかりの愛情を全身で受けて、細やかな気遣いと管理を経て私たちの食卓に並んだ鶏肉なのだと思うと、いつも何気なく食べていた「げん気鶏」の美味しさも、また格別なものでした。
鶴長様は会社概要を、土本様は産直げん気鶏の飼育のこだわりを、加治様は本日初めての解体ショー披露(解体デビュー!)をと、とても盛りだくさんな学習会でした。
いろいろな知識を得ることは、食生活だけではなく人生をも豊かにしてくれることだ、ということを実感した学習会でした。今後、「産直げん気鶏」をいただくときは、農家さん方のご苦労やわが子を育てるかのように大切に扱う手に 思いをはせながら、しっかりと味わっていきたいと思いました。

素晴らしい学習会を ありがとうございました!! これからも、益々「げん気鶏」が元気に栄えていきますことを祈っております。

2018年12月 4日 (火)

コープうしく店年末予約大試食会を開催しました。〜南西ブロック委員会

2018年12月2日(日) コープうしく店にて
参加者:約100名

コープうしく店にて、クリスマス向け商品・おせち商品を来店してくださったお客様に試食していただきました。100人分用意しました。午前中で終了いたしましたが、たくさんのお客様が立ち寄ってくださり、大変盛況でした。

・クリスマス向け商品
ショコラケーキ、スモークサーモン

・おせち商品
数の子、かまぼこ、酢だこ、伊達巻、黒豆

◎感想
・ショコラケーキ、とても美味しい。切ってあるのが良い。
・黒豆は大きくて、やわらかく、甘すぎないので食べやすい。
・このように試食会をしてもらうと年末に購入するのにあたり商品を理解しやすいので助かる。

Swb181204_01

Swb181204_02

Swb181204_03

Swb181204_04

2018年12月 3日 (月)

環境について考えてみよう~11月度ほぺたんひろば~南西ブロック委員会

日時と参加人数
11月7日(水) 研究学園ひろば
11月7日(水) 藤代センターひろば
11月10日(土) サタデーつくばひろば
11月14日(水) 守谷センターひろば
11月14日(水) 龍ケ崎ひろば
11月15日(木) 牛久南ひろば
11月22日(木) うしく店ひろば
参加人数:31名 ゲスト3名

だいぶ寒くなってまいりました。11月13日は茨城県民の日。残念ながら、わが茨城県は魅力度ランキング6年連続最下位となってしまいましたが、「県外の人に伝えたい茨城のよいところ」について一言! という話で盛り上がったひろばもありました。
・ひたち海浜公園のネモフィラ
・豊かな自然
・住みやすい!……などなど。
どうしてこの魅力に気づいてくれないのでしょうか。来年こそ、最下位脱出を!!!

さてさて、まずは先月のお持ち帰りのCO・OP野菜たっぷりドレッシングについてのご意見です。
Q.ドレッシングをどのような料理に使いましたか?
A.「豆腐にかけて食べました」
……豆腐サラダとしてもいいですね。この回答が一番多かったです。しっかりとした味なので、たんぱくな豆腐に良く合うと思います。
「肉をドレッシングに漬け込み、焼いて食べました」
……ドレッシングはお酢と油からできているので、漬け込むことで、柔らかくなりそうですね。油が素材をコーティングしてくれるので、パサつきがなくしっとりとした仕上がりになりそうです。早速やってみます!!!

今月のほぺたんひろばは環境にやさしい取り組み、リサイクルについて話し合い、環境配慮商品やリサイクルの仕方についても改めて確認しました。

今回のお試し品はこの3点です。

Swbhh1811_01

1.グリーンキーパーコンパクト
紙箱を省いてフィルム包装にすることで、使い終わった後のごみも少ないです。次回、使用感をお伺いします。

2.フィッシュソーセージ
Q.開けやすかったですか?
A.
「はい、とても開けやすいです」
「フィルムに中身がつなかいのがいいですね」
「分別不要なのがいいです」
「切れ目(赤いテープ)がぐるっと一周あると、もっと開けやすいと思います」
Q.味についてはどうですか?
A.
「魚の味がしっかりと感じられます」
「おやつにちょうどいいです」
「歯ごたえがいいです」
「生食でもおいしいです」

常備しているという方もいらっしゃいました。この後、お店に買いに行きます! というアクティブな方も^^

3.青森県産王林ストレートジュース125ml
甘い、甘すぎる。という感想がダントツ。甘いのが好きな方は美味しいし、苦手な方はちょっと……。と好みが分かれました。レモンが入るともう少しすっきり飲める。凍らせたり、ゼリーにするといい。という工夫も教えてもらいました。量がちょうどいい。というご意見も多かったです。
一方で、パッケージについて「ぱっと見た感じ、お茶だと思ったわ~」というご意見が多かったです。パッケージが緑だからですね。

いろいろなご意見ありがとうございました。
ほぺたんひろばはこんな感じで、楽しく毎月開催されています。ぜひ、体験してみてください。お試し品準備の都合上、10日前までに総合企画室(0120-160-231)までお申し込みください。おまちしています^^

Swbhh1811_02

Swbhh1811_03

Swbhh1811_04

12月ほぺたんひろばはこちら(10:00~12:00)
~減災について考えてみましょう~
日程、会場等についてのお問い合わせは、総合企画室0120-160-231まで。月初に配布されるげんき通信にも掲載しております。
↓↓↓
12月3日(月) コープデリ藤代センター
12月3日(月) 利根 布川コミュニティセンター
12月6日(木) ポケットファームどきどきつくば牛久店
12月10日(月) 研究学園 ドコモショップ研究学園店2階調理室 ※10:30~12:30
12月13日(木) コープうしく店2階コミュニティルーム
12月13日(木) コープデリつくばセンター2階会議室
12月14日(金) 龍ケ崎 ※会場が変更になります。農業公園豊作村 湯ったり館2階会議室 10:30~12:30
12月15日(土) コープデリつくばセンター2階会議室
12月18日(火) コープデリ守谷センター調理室
12月20日(木) 牛久南 ダーチャ

2018年11月30日 (金)

茨城乳業株式会社工場見学会~『産直たまごで作ったカスタードプリン』ができるまで~行ってきました。~南西ブロック委員会

2018年11月22日(木)
参加者:27名(組合員18名 非組合員5名 子ども1名 ブロック委員3名)

茨城乳業株式会社では、工場2階にある見学者用のガラス張り通路から両側の製造ラインを見ることができます。曜日や時間によって、各ラインで作られる商品が変わり、原材料から細かく違いがあるため、細心の注意をはらっているそうです。

例:
自社ブランドの牛乳『瑞穂農場牛乳』『酪農しぼり』『酪農牛乳』など
他社ブランドの牛乳『CO・OP 産直いばらき牛乳』など
自社ブランドのプリン『タマゴプリン』など
他社ブランドのプリン『CO・OP 産直たまごで作ったカスタードプリン』など

他にも多くの商品を製造していて、通路の一番手前からは、豆乳をヨーグルト仕立てにしたもののラインを見ることができました。セミナールームに近いところがプリンのラインで、充填機と大型蒸し器がまさに『CO・OP 産直たまごで作ったカスタードプリン』を作っていました。

Swb181122_01

セミナールームに入ってすぐのところには、これまでの表彰・受賞や商品紹介の展示があります。

Swb181122_02

セミナーでは、茨城乳業の紹介と自社ブランド『タマゴプリン』の製造工程のDVDを見たあと、「『CO・OP産直たまごで作ったカスタードプリン』ができるまで」用に準備してくださった資料をもとに、担当の小井戸さんから、製造の工程やポイントを教えていただきました。
〇製造された卵液をもとにするのではなく、コープの産直たまごを茨城乳業の工場内の割卵機で割って使用
〇できた卵液は段階を経て丁寧に濾過し、牛乳、砂糖とよく混ぜ合わせる
〇牛乳も前日夕方から夜に搾乳された新鮮なものを使用
〇充填してフタをした後に1つひとつ金属探知機やウェイトチェッカーで検査されてから蒸し器に送られる
〇一定温度の蒸気で満たされた連続式スチーマーで、ゆっくり約1時間かけて蒸す
〇蒸し上がったらシャワーで約1時間冷却して出来上がり

Swb181122_03

そして、『CO・OP産直たまごで作ったカスタードプリン』をその場で試食させていただきました。原材料が牛乳・鶏卵・砂糖のみ(カラメルソースの原材料も砂糖のみ)ととてもシンプルで、ツルンとしたタイプとは全く違う魅力があるプリンです。
プリンのカップの中で、カラメルソースが下、プリン液が上になっていますが、充填時はプリン液を先に入れ、その後カラメルソースを入れているんですよ~! カラメルソースのほうが重いため徐々に沈んで、固まる頃にはきれいに二層になるそうです。

Swb181122_04

『CO・OP産直たまごで作ったカスタードプリン』の原材料と同様、今回の見学会はとてもシンプルに、他に立ち寄ることなくポケットファームどきどき つくば牛久店へと帰着し、解散後、お急ぎの方はお帰りに、お時間の許す方は、どきどきでのお買い物やお食事を楽しまれていました。

Swb181122_05

参加者の皆さんのご感想(抜粋)
・プリンがとてもおいしかった! とてもいい味
・ゼラチン等で固めるのではなく、たまごの力で固めるのが、わが家で作るのと同じでおいしい
・卵の殻などを取り除くことや殺菌にとても気を使っていることがわかった
・こだわりの材料でシンプルに作ることで安心・安全な商品の提供につながっていることがわかった

・質疑応答の時間がたっぷりあってよかった
・個人的に行きづらい工場見学に行けてよかった
・子どもにも見学させたいと思った
・なかなかない時短見学会。新しい人、若い人が参加してくれるきっかけになると思った

今回は、出発時間遅め&帰着時間早めの時短企画。時間が合わなくてなかなか見学会には参加できなかった、という方が多数参加してくださいました。子どもが幼稚園や学校の間に行って帰ることができるため、組合員ではないママ友をお誘いしやすかったという声もありました。今回は新任ブロック委員による企画で、至らぬ点が多々ありましたが、これからも、様々な組合員の皆さまが参加しやすい企画を立てていきたいと思います。

Swb181122_06

より以前の記事一覧