05 南部ブロック

2017年11月14日 (火)

11月のコープ会を開催しました~南部ブロックみのりコープ会

2017年11月10日(金) 9時30分~ 四季健康館にて
参加者:メンバーさん11名 ブロック委員1名

本日はバス工場見学会の予定でしたが、工場の諸事情により中止となりました。見学先から考え直すことになりましたが、メンバーさんと一緒に考えていこうと思います!

今回のイチ押し試食は『産直ごぼうで作ったごぼうサラダ』です(^^) CO-OPマークの付いた他のごぼうサラダは食べたことがあっても、この産直ごぼうは初めて見たわ。という声が多かったです。収穫の時期にあわせて、青森・茨城・宮崎県産のごぼうを使用しているとのことで、今食べているのは茨城産かなぁ? と話をしながら試食をしました。ごぼうの風味が味わえ、味付けも濃くなくシンプルでした。おかずが一品足りない時に、重宝しますね♪

その他、酸辣湯麺、茨城県産れんこんの豆腐バーグを試食しました。辛い物が苦手なメンバーさんでも、これは食べられました。(辛い物が大好きな方は、全く辛くなかったようです。)れんこんの豆腐バーグは、れんこんがゴロゴロ入っていて、存在感がありました。

ミーティングではコープからのお知らせをお伝えし、話し合いをしました。

Mnr171110_01

Mnr171110_02

次回は12月12日(火) 9時30分~ 四季健康館にて
お正月料理の試食です。

2017年11月 7日 (火)

「くるくるレインボー」作りとコープの鍋の素試食。~南部ブロックいなしきコープ会

2017年10月5日(木) 江戸崎公民館にて
参加者:コープ会メンバー10人 ブロック委員1人

コープ会メンバーさんが講師となって下さり、皆で「くるくるレインボー」作りを行いました。メンバーさんが準備くださった色とりどりのオーロラテープを皆で真剣に貼り付け、1時間ほどでキラキラ輝く素敵な作品が仕上がりました。張り付ける順番や組み立て方が難しく、一人ではとても出来なかった作品、素晴らしい出来です! 準備くださりありがとうございました!

工作の後はコープの鍋の素とカット野菜、生つみれを使ってささっと皆で調理、温かいお鍋をいただきました。「塩ちゃんこ味は初めて、味がしっかりしていて美味しいね」「生つみれも大きくて手軽でいいね、生姜の味がするね」「コープの軟骨入りのつみれも美味しいよ」と美味しく食べ、温まりました。

Insk171005_01

Insk171005_02

次回いなしきコープ会は11月16日(木) 江戸崎公民館にて
「お正月工作とコープ商品の試食」になります。

2017年10月27日 (金)

10月のコープ会を開催しました~南部ブロックやさとコープ会

2017年10月24日(火) 10時~ 川又地区コミュニティーセンターにて
参加者:メンバーさん5名 ブロック委員1名

今月は“炊き込みご飯の食べ比べ”を行いました。
「CO-OPれんこん五目」はフリーズドライの炊き込みご飯の素です。1合に対して1袋を入れるので、とても使いやすいですね! 夫婦2人暮らし、一人暮らしの学生にはとても便利な商品だとの声がありました。他社の商品はレトルトパックになっていて、水を足さずにそのまま全部入れて炊くものです。コープつちうら店で新商品とのポップがあったので、気になっていました(^^) 2合で炊くものでしたが、お米を3合にして水をちょっと足して炊きましたが、それでも味がしっかりついていました。

その他、「CO-OP充実具材雑穀の美味しいスープ」も好評でした。15種類の雑穀を数えることは出来ませんでしたが、具材が多くて大満足のスープです。

ミーティングでは来月に控えた(株)クラブコスメチックス学習会の話し合いをしました。何を知りたいか? どのようなテーブル配置にするかなど、細かなところまで話し合いをしました。

Yst171024_01

Yst171024_02

次回は11月28日(火) 10時~ 川又地区コミュニティーセンターにて
(株)クラブコスメチックス学習会を行います。肌診断とフェイスマッサージをして、冬の乾燥に負けない肌を作りましょう♪ ご参加お待ちしています☆

2017年10月23日 (月)

『CO・OPピンクのたまねぎドレッシング』は酸味が好き! 水耕栽培レタスの試食とドレッシングの食べ比べを行いました〜南部ブロックつちうらコープ会

2017年10月18日(水) コープつちうら店2階にて
参加者:メンバー11名 ゲスト1名 ブロック委員3名

来月11月15日(水)に「水耕栽培レタスの学習会〜JFEライフ(株)」開催を予定しています。本日は、水耕栽培レタスの試食と気になるドレッシング3種類の食べ比べを行いました。

Tcur171018_01

清浄野菜「エコ作フリルアイス」

Tcur171018_02

CO・OPマークのドレッシング3種類

Tcur171018_03

本日の試食品です。パンにはさんで食べました。

《本日の試食品》
*エコ作フリルアイス
*CO・OPピンクのたまねぎドレッシング
*CO・OP国産バジル使用 バジルドレッシング
*CO・OPクオリティ 濃厚シーザーサラダドレッシング

《メンバーさんの感想》
・エコ作フリルアイスは本当に食感がパリパリしていて、美味しかった。
・お弁当にサンドイッチをよく作るのですが、洗ったレタスから水分が出てきてしまいます。洗わずにちぎるだけのエコ作フリルアイス、ぜひ使ってみたいです。

・どのドレッシングも美味しかったけれど、家で買うならバジルドレッシングです。
・パンに一番合うのは、CO・OPクオリティ 濃厚シーザーサラダドレッシングでした。大人の味です。
・CO・OPピンクのたまねぎドレッシングは、どんな味?と見た目にびっくりしましたが、食べたら美味しかったです。酸味が好きです。
・CO・OPピンクのたまねぎドレッシングは買うのに抵抗がありましたが、試食できて良かったです。食わず嫌いでした。きざんだ玉ねぎの粒がよくて、お皿に残った分もパンでぬぐって食べました。
・瓶タイプのドレッシングは(リサイクルを考えて)出来るだけ買わないようにしていたので、これまで購入しなかったCO・OPピンクのたまねぎドレッシングですが、「初めて」「美味しい♪」「衝撃(⦿_⦿)!!」でした。

『CO・OPピンクのたまねぎドレッシング』は、組合員の「洋風できれいな色合いのドレッシングがほしい!」という声から開発された商品です。着色料を使わず、きれいなピンク色を出すため【紫たまねぎ】と【紫いも酢】を使用しています。国産たまねぎをベースとし、桃のピューレやパイン果汁・レモン果汁を加えた、ほど良い酸味が爽やかなフレンチドレッシング風味に仕上げられてます。
「家族にできるだけ野菜を食べてほしい」「唐揚げやハンバーグなどの一点もののおかずのときにはサラダを出すので、生協で彩りきれいな心ときめくドレッシングがあるといいな」などのたくさんの声を集めて、ピンクドレッシングに決定! メーカーさんと協力して何度も何度も試食を繰り返して完成しました。メーカーは大分県臼杵市にあるフンドーキン醤油株式会社さんです。コープの人気商品である「CO・OP野菜たっぷり和風ドレッシング」「CO・OP深煎りごまドレッシング」も製造しています。
「私、このドレッシング大好きです!」と購入経験のあるメンバーさんもいらっしゃいましたが、ほとんどのメンバーさんが購入をためらっていたピンク色のこのドレッシング(・ω・)「酸味が好き」という意見が多く、試食後は好評でした(*^-^*) 

Tcur171018_04

エシカルなお買い物の目印になるマーク

エシカル(ethical)とは「倫理的な」「道徳的な」という意味の形容詞です。日本ではまだ10人に1人しか知らない言葉と言われています。
私たちは日々、色々なお買い物をしますが、どんなことを考えて商品を選んでいるでしょうか? 例えばバナナだったら、「新鮮かな?甘いかな?」「高いかな安いかな?」「農薬は大丈夫かな?」などを気にしていると思います。
ここで、考えたいことがあります。このバナナを育てた人達が、危険な農薬の使用によって健康被害を受けているかもしれません。森林を伐採したり、農薬の流出で自然環境を壊しているかもしれません。その事実を知ってしまった後も、私たちはそのバナナを美味しく食べることができるでしょうか?
この商品は「どこで」「だれが」「どんなふうに」作ったのかを思い遣ることが大切です。私たちの未来を守るために、買う選択・買わない選択をしなければいけません。そのための手助けとなるのが種々の『認証マーク』です。例えばバナナだったら「レインフォレスト・アライアンス認証」の緑のカエルマークがついていることです。レインフォレスト・アライアンス認証農園や認証森林は『野生動物の保護』『土壌と水源の保全』『労働者とその家族および地域社会の保護』『生計の向上』などを目的とした、環境・社会・経済面の厳格な基準に則って管理されています。

Tcur171018_05

エシカルなお買い物で「産地応援」「被災地支援」を思いやります。

本日の試食品の「ハネッコ平たねなし柿奈良県産」は、わずかに規格を外れたり天候不順で被害を受けてしまった果物です。買うことで、産地応援になりました。
「CO・OP黒糖ドーナツ棒」は、パッケージ左下のくまモンの絵に気がついて買うことにしました。まだ記憶に新しい熊本地震、熊本県内で製造された商品を買うことも被災地支援につながることを願いました。
メンバーさんの試食しての感想は「やわらかく食べやすい」「黒糖がこっくり濃厚なのに甘すぎない」「ちょっと疲れたときにいい」と美味しい笑顔がうまれました(*^-^*) 
いばらきコープは考えます。「エシカル、それは誰かの笑顔につながるお買い物」。明日も気持ちのよいお買い物ができるといいですね。

次回予定は、11月15日(水) 11時〜13時 コープつちうら店2階にて
「水耕栽培レタスの学習会〜JFEライフ(株)」を開催します。

2017年10月19日 (木)

10月のコープ会を開催しました~南部ブロックみのりコープ会

2017年10月18日(水)9時30分~ 四季健康館にて
参加者:メンバーさん11名 ブロック委員1名

雨のお天気が続いている中、やっと晴れた日がコープ会となりました。洗濯物に布団も干して、コープ会に参加してくれました。
本日は来月のバス見学先『(株)ふじや食品関東工場』の商品の試食を行いました。
・CO・OP産直たまごで作った茶わんむし
・CO・OP肉ワンタン

茶わんむしはデリ宅配カタログで“新登場”を見つけたのです! 大きめに掲載されていましたが、メンバーさんは見逃していたようです。トロトロしていてなめらか、具材が大きかったです。味がしっかりついていました。コープつちうら店で他に2種類茶碗蒸しを購入し、松茸入りは匂いが良く好評でした(^^)

肉ワンタンは野菜を足してスープにしたところ、1袋が18個入りでワンタンが大きかったです。ツルツルした食感で、添付のスープだけで調味料を足すことなくおいしくいただきました。これからの季節に役立ちそうですね♪

ミーティングでは健康チェックを行い、来月のバス見学について最終確認をしました。集合場所は入り口を通り越してしまうことが多いようで、「ココを入るのよ」と丁寧に教えてもらい、メンバーさんに感謝しています。

Mnr171018_01

Mnr171018_02

次回は11月10日(金)
(株)ふじや食品関東工場バス工場見学に行きます。

その次は12月12日(火) 9時30分~ 四季健康館にて
バス工場見学会の振り返りと、担々麺の試食を行う予定です。

2017年10月 9日 (月)

『JFEライフ(株)土浦グリーンハウス』水耕栽培レタスの野菜工場に行ってきました!〜南部ブロック委員会

2017年10月5日(木)
参加者:中部ブロック委員会2名 南部ブロック委員会2名

土浦市おおつ野にある水耕栽培レタスの野菜工場の見学に行ってきました。コープデリ宅配で(年末年始をのぞく)通年取り扱いのある「エコ作フリルアイス」を供給しています。中部ブロックと南部ブロックでそれぞれ「JFEライフ(株)学習会」の開催予定があり、事前準備のための視察となりました。
「エコ作」はJFEライフ(株)のブランド名です。農薬をいっさい使わず、清浄な水で衛生的に育てられています。全面ガラス張りの野菜工場は、太陽の光をふんだんに取り込めるので「太陽の光による殺菌作用」に優れ、日持ちの良い大きな野菜が育ちます。

Sb171005_01

水と太陽がつくったあんしん野菜「エコ作」

写真左から「エコ作フリルアイス」「エコ作ピュアヴェール」「エコ作モコヴェール」です。

☆フリルアイス☆【パリパリ感をぜひサラダで!】
☆ピュアヴェール☆【やさしい葉色! ヨーロッパで人気!】
☆モコヴェール☆【ほのかに甘くてたくさんの葉っぱ!】

フリルのような葉先がお料理を華やかにします。葉先がキレイに立つのでお弁当に入れたり、パンに挟んでサンドウィッチにしたり、サンチュの代わりに焼き肉を巻いたり、手巻き寿司や太巻きなどの彩りにしたりできます。少ない量でもボリューム感を出せます。
エコ作の魅力は見た目の美しさだけではありません。新鮮! 長持ち! で、素晴らしく歯触りがよいのです。氷水につける必要などなくシャキシャキ食感が味わえます(⌒〜⌒*)♪(アクや苦みが少なく、小さなお子様にもおすすめですよ)

Sb171005_02

見学者用の白衣三点セット。異物混入を防ぐため、筆記用具は持ち込めません。

雑菌が少ないと、野菜の日持ちは良くなります。JFEライフ(株)土浦グリーンハウスでは、徹底した衛生管理が行われています。野菜工場内に入るには、念入りな身支度が必要です。衛生キャップ(髪の毛)・マスク(鼻と口)・白衣(体)・長靴(足)を身に付け、粘着ローラーで全身をコロコロします。続いて手洗い・アルコール消毒→使い捨て手袋装着・またアルコール消毒。最後にエアシャワー(このとき、足は消毒槽に入ってます)で、ようやく工場内に入れます。目に飛び込むのは一面に広がる緑(ここで働いたら目が良くなりそう、と思いました)。野菜工場で働いている皆さんのあいさつの言葉は「こんにちは」ではなく「ご安全に」。これは、JFEライフ(株)の親会社であるJFEスチール株式会社で交わされる挨拶なのだそうです。JFEスチール株式会社が鉄鋼事業で培った高度な生産管理技術を栽培環境や養液の自動制御システムに応用しています。

JFEライフ(株)土浦グリーンハウスの特徴は「太陽光併用型」であること。太陽光の中の紫外線には殺菌効果があります。衛生管理が徹底されたハウスで栽培されるため、雑菌数が非常に少なくなっています。一般生菌数が少ないと、日持ちが良くなります。(出荷時には、鮮度保持フィルムで密封包装されるので新鮮さが損なわれず、冷蔵庫で保存すれば1週間〜10日は鮮度が落ちません)また太陽の恵みで大きく育ちます。雨の日には、補光ランプを使用します。昼間暑いときは、カーテンで調節したり、壁に水を流して蒸発熱を利用して空気を冷やします。夜はエアコンを入れたりもします。寒いときは暖房を入れます。日照時間や天候・季節に左右されないため、安定栽培を実現し、一年中いつでも美味しい旬の季節を楽しめます。

Sb171005_03

写真右はモコルージュ(モコヴェールの赤色系です)

一枚目から食べられるエコ野菜です。パックの段階で下葉処理を行っているため、家庭では生ゴミがほとんど発生しません。下葉を取り除く作業に使用しているハサミは、紫外線照射による消毒が行われています。使い捨て手袋を装着した作業者さんは、一定時間が来るとアルコール消毒を繰り返し行います。
捨てられた葉っぱがキレイだな〜と思ったら、状態の良い葉っぱは「もったいないリーフ」として、eフレンズコープデリ宅配で限定販売されているそうです。(在庫限定より「はたけのいちおし」をチェックしてください)
最後に残った葉っぱですが、牧場に格安で譲られ、牛さんが美味しくもぐもぐ食べているとのことでした(⌒〜⌒*)♪

2017年7月に、JFEライフ(株)野菜事業部は、グローバルGAPの認証を取得しました。大規模な水耕栽培施設では国内初の認証取得です。食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる認証で、国際的な評価の仕組みとなっています。2012年ロンドン五輪から、グローバルGAP認証が「五輪での食材の調達基準」となりました。2020年東京五輪においても、選手村などで使用する農産物調達基準の一つとなっています。しかしながら、国内ではまだグローバルGAPの取得は少なく、農林水産省が政策をとり、認証取得の支援を行っているところです。「取得するための審査項目200以上」「更新のため毎年審査」と、グローバルGAPの取得は容易ではありません。
*GAP……『Good Agricultural Practice』の略称。直訳すると『良い農業の実践』という意味。

JFEライフ(株)さんをお招きして、水耕栽培レタスの学習会を行います。料理研究家のMICHIKOさんが提案する、水耕栽培レタスの美味しい! 体にいい! 料理のレシピも教わります。詳しくは、南部ブロックニュース「あみ〜ご10月号」をご覧ください。

学習会の予定は、11月15日(水) 11:00〜13:00 コープつちうら店2階にて
「水耕栽培レタスの学習会〜JFEライフ(株)」を開催します。

2017年10月 3日 (火)

『防災食品』は美味しく食べられる? 野菜ジュースで『アルファ化米』を食べてみよう〜南部ブロックつちうらコープ会

2017年9月26日(火) コープつちうら店2階にて
参加者:メンバー10名 ゲスト1名 ブロック委員1名

防災月間だった9月も終わりましたが、皆様、備蓄品の見直し・補充はお済みでしょうか? 今回はコープデリ宅配8月5回カタログ「防災商品特集 災害時に備えよう」より、「安心米白飯」と「サンヨーおかず缶セット」を注文しました。
『アルファ化米』は、炊いたり蒸したりしたお米を、熱風で急速に乾燥させておいしさを閉じ込めたお米です。熱湯を入れて15分(水なら60分)待つだけで食べられます。1995年の阪神淡路大震災までは『乾パン』が主な備蓄食でしたが、アウトドア用品として販売されていた『アルファ化米』が被災地に届けられとても喜ばれたため、新たな備蓄食となりました。
ところが、2011年の東日本大震災では水が不足したため、アルファ化米が備蓄されていても食べられなかった事例が数多くあったそうです。また、アルファ化米を連続して食べ続けたために飽きてしまったり、野菜が摂れなくて栄養が不足したりしたことが辛かったとの声がありました。
【水が足りない】そんなときは、野菜ジュースでもアルファ化米を戻せます。「同時に野菜の摂取もできる!」「ジュースの風味が加わっておいしい!」という利点もあります。災害直後は、お腹もすかないほどのショック状態を受けた人間も、災害から1週間後くらいにはただお腹を満たすだけではないおいしい食事を求めるようになります。それは贅沢やワガママではなく、いつもの日常を取り戻すための心の糧につながる自然な欲求です。
常日頃から、防災食品を食べてみることが大事です。災害時に食べそうなものを普段から食べ慣れておくこと、どうしたら美味しく食べられるのか考えてみることも、防災対策ですね(*'へ'*)

Tcur170926_01

CO・OP毎日しっかり野菜ジュースを注いで、80分以上待ちます。スプーンは袋の中に入っています。

Tcur170926_02

サンヨーおかず缶セット(6種類の和総菜缶詰12缶セット)

Tcur170926_03

本日の試食品です

《本日の試食品》
*安心米白飯 100g
*CO・OP毎日しっかり野菜ジュース食塩無添加 920g
*サンヨーおかず缶セット 6種×2

《メンバーさんの感想》
・野菜ジュースを注いだアルファ化米は味が濃かった。水で薄めたい。CO・OPミックスキャロットならちょうど良さそうですね。
・オムライスにしたら美味しそうですね。
・アルファ化米は、水を多めに入れれば赤ちゃんの離乳食にも出来そうです。

・サンヨーおかず缶セットは、全部甘辛味で、みそ・カレー味も欲しいです。
・切り干し大根うま煮は、味が濃いけど美味しかった。きんぴらごぼうは味が濃すぎだけれど、混ぜご飯にしたら美味しいかもしれない。
(人気ベスト3は「牛すきやき風」「たけのこやわらか煮」「五目野菜豆」でした)

3年、5年という長期保存の効く非常食は「気が付いたら賞味期限が大幅に過ぎていて全て廃棄した」などという失敗も起こりがちです。そこで、おすすめなのが《ローリングストック法》です。
1.日常の食品を多めに買う
2.古いものから順に消費する
3.なくなる前に買い出し
1→2→3を繰り返すことで家庭には常に新しい食品が備蓄されます。特別な非常食である必要はありません。カップラーメン、レトルトカレー、さば水煮缶やツナ缶、インスタント味噌汁やフリーズドライスープ、フルーツ缶(水分補給にもなります♪)、乾物などで、賞味期限は1年あればOKです。
また日持ちする野菜(にんじん、さつまいも、じゃがいも、タマネギ)も多めに買い置きします。
お米は、最初に2袋を購入し、1袋がなくなったら新しく1袋購入し、先に購入した袋から開け、なくなったらもう1袋購入するということを繰り返します。この方法なら、いつも食べているものを災害時にも食べられます。(ただし、ローリングストック法では食品や日用品以外は備蓄しにくいので、災害発生時に必要となるものは別途準備してくださいね)

大切なことは「もしも(非日常)」を「いつも(日常的に)」意識することです。ちょい買い足しで「日常備蓄」を今日からはじめてみませんか?

次回予定は、10月18日(水) 10時〜 コープつちうら店にて
エコ作フリルアイスの試食とドレッシングの食べ比べです。

2017年10月 2日 (月)

co・op生ハンバーグの試食~南部ブロックかすみがうらコープ会

2017年9月13日(水) 10時~ あじさい館にて
参加人数:メンバー7名 託児1名 ブロック委員1名

今月のコープ会は、パピ・デリ! からのオススメ商品『co・op ふっくらジューシー生ハンバーグ』をチョイスしてみました。
冷凍品なので、まずは流水解凍。皆さん購入したことがなく、初めての商品とのことでした。
解凍したハンバーグの真ん中をへこませて、フライパンで焼き上げました。味付けは、トマトと5種の野菜入りケチャップと中濃ソースを混ぜてかけただけで出来上がりです。

〈感想〉
・とても簡単なのに、手作り風で、やわらかくてジューシーなハンバーグで美味しかった。利用してみたい。
・ケチャップに野菜のつぶつぶが入っていて、とてもコクがあって気に入りました。

Ksmgur170913_01

Ksmgur170913_02

次回は10月13日(金) 10時~ あじさい館にて
ロールケーキ作りです(^^)

2017年9月29日 (金)

おはぎを作ってみました!~南部ブロックたまりコープ会

2017年9月6日(水) 9時30分~ 玉里保健センターにて
参加人数:メンバー11名 ブロック委員1名

先月のコープ会で、9月は秋らしいものを作ってみたいとの声があり、お彼岸もあるので、おはぎはどうかしら?とのことで、今月のコープ会は、メンバーさんを講師に、「おはぎ作り」に挑戦!
まずは、もち米を洗いセットしました。白米を混ぜて炊いてもいいのですが、オススメはもち米100%で、そのほうが失敗なしとのことでした。
店舗で購入した粒あん、co・op手ずり風すりごま黒に砂糖を合わせたもの、co・op北海道の大豆100%使用きな粉に砂糖を合わせたものと、3種類のおはぎを作りました。
ご飯をだ円形にしたものに、それぞれ好きなようにあんで包み、丸めていきました。思っていたよりも簡単で、綺麗な仕上がりに、皆さん満足されてました(^^)

試食しながら、ときめきスマイル、あみ〜ごからのお知らせをしました。
いよいよ来月に控えた、工場見学会の最終確認、立ち寄り先などの話をしました。楽しみですね♫

試食品の一番のオススメは、co・opクオリティ 黒酢あん中華風肉だんごです。大きめの肉だんごに、酸味が程よくまろやかな黒酢あんがからんで、冷めても美味しいとの感想でした。冷凍品なので、保存もでき、オススメです!

Tmr170906_01

Tmr170906_02

次回は、10月11日(水)
エバラ食品(株)栃木工場見学会です。

2017年9月22日 (金)

9月のコープ会を開催しました~南部ブロックみのりコープ会

2017年9月20日(水) 9時30分~ 四季健康館にて
参加者:メンバーさん12名 ブロック委員1名

食欲の秋がやってきました♪ この季節になると特に食べたくなる「炊き込みご飯」の試食を行いました。「山菜おこわ炊き込みご飯の素」を使用したところ、具材が大きくて食べ応えがありました。お米を1合多めで炊いたのですが、味がしっかりお米についていました。もう少しお米を増やしても平気そうでした。
コープつちうら店で商品を探しているときに、「CO-OPオクラのごま豆乳スープ」を見つけました! 初めて見たのでワクワクしながらメンバーさんに商品を見せると、皆さんも見たことがなくどんな味なんだろうねぇと会話が弾みながら試食をしました。オクラの輪切りがたくさん入っていて、豆乳の臭みもなくゴマの良い匂いがするスープでした。

また、南部ブロックイチ押しの商品「アラゲキクラゲ」を準備しました。こちらはデリ宅配カタログ「ハピデリ!」のキノコのページに掲載されているのですが、結構見落とされています(^^; 生のキクラゲはみずみずしく、コリコリの食感が楽しめます♪ 何といっても、茨城県産というのが嬉しいですね☆ 春雨サラダに入れて試食しました。

ミーティングではバス工場見学について話し合いをしました。集合時間、トイレ休憩をどうするかなど細部に渡り話し合いができ、みんなで作り上げている素晴らしさを感じました。

Mnr170920_01

Mnr170920_02

次回は10月18日(水) 9時30分~ 四季健康館にて
玉子とうふの試食を行います。

より以前の記事一覧

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログ内検索