03 中部ブロック

2018年10月12日 (金)

キューピー(株)五霞工場見学会〜“キューピーマヨネーズ”の美味しさの秘密を学んできました!!~中部ブロック委員会

2018年10月11日(木)
参加者:24名(組合員20名 非組合員1名 ブロック委員3名)

茨城県猿島郡五霞町にあるキューピー(株)五霞工場を見学してきました。
工場に到着すると、担当のササキさんと巨大マヨネーズ、キューピーちゃんがお出迎えしてくれました!!

Cb181011_01

エントランスには、ハロウィーンバージョンでキューピー商品が多数ディスプレイされていました。

《見学内容》
1.会社概要説明・映像視聴(20分)
2.製造行程見学(35分)
3.ドレッシング試食(30分)

キューピー(株)は、1919年に創業され来年100周年を迎えます。工場は全国に7ヶ所あり、五霞工場は1番大きく東京ドーム7個分、従業員は2200人そのうち工場では240人が働いています。1日に製造されるマヨネーズは25mプール1杯分、原料は主に卵・植物油・酢・塩、着色料・保存料・増粘剤などは使用していません。オートメーション化されるなか、原料管理は人の手でなされていました。
マヨネーズ・ドレッシング・割卵の3つの工場に分かれており、なかでも割卵室の毎分600個のスピードで割る高速割卵機は圧巻でした。
~ご存じでしょうか!?~
日本人は世界トップクラスの卵好き!! 日本人は1年間で1人あたり、330個の卵を消費しているそうです!

「キューピーマヨネーズ美味しさの秘密」
☆乳化のチカラでまろやかに
油の粒子を1000分の2~4㎜まで細かくする事でまろやかな舌触りに。
☆原料へのこだわり
卵は指定農場、酢は独自の技術で醸造したマヨネーズ専用酢。
☆瓶からポリボトルに
ボトルの口部にわずかに残る空気を窒素に置換、多層構造の容器で酸素をブロック。(マヨネーズ最大の敵は酸素!!)

◎開栓したマヨネーズを美味しく保つには、冷気のあたらない冷蔵庫のドアポケットで保存し、1ヵ月程度で使いきりましょう!

最後に、サラダ工房に案内され試食タイムです。アルコール消毒をし、パッケージのサラダに、9種類のドレッシングと8種類のマヨネーズの試食をさせていただきました。他にも、パスタソースのアレンジレシピチャーハンの紹介と試食がありました。
試食の後は、売店でお土産を購入しました。

Cb181011_02

Cb181011_03

改めて徹底した衛生管理と、品質管理の下、原料からこだわり多くの検査を経て、安心・安全の商品が私達に届けられている事を確認できました。

「参加者感想」
・マヨネーズの製造行程や歴史にふれることができて良かった。
・説明が分かりやすく、色々なドレッシングやマヨネーズの試食ができ、とても美味しかった。
・何気なく使っていたマヨネーズやドレッシング、様々な工夫がされている事に驚いた。
・個人ではなかなか予約できないので、参加できて良かった。
・2ヶ所出発の充実した見学会で、昼食も買い物もゆっくり楽しめた。

2018年10月 4日 (木)

(株)明治 明治なるほどファクトリー守谷工場見学会~中部ブロック委員会

2018年9月18日(火)
参加者:27名(一般組合員22名 非組合員2名 理事1名 ブロック委員2名)

守谷市にある『(株)明治なるほどファクトリー守谷』へ工場見学に行って来ました。

まず最初に「シアタールーム」にてウェルカムドリンクをいただきながら、明治独自の製法技術や工場について映像で学びました。徹底した衛生管理や厳しい検査を行う品質へのこだわり、また、環境への配慮も徹底されていることが分かります。

続いて「見学ストリート」へ移動です。こちらでは、牛乳の栄養や乳酸菌、健康効果について楽しい映像で学んだ後、担当の方の丁寧な説明を聞きながらヨーグルトの製造ラインを見学させていただきました。ヨーグルトには後発酵(容器に充てんさせてから発酵させる、プレーンヨーグルトなど)と前発酵(発酵させてから容器に充てんする、ドリンクヨーグルトやソフトヨーグルトなど)があるそうです。また、容器から中身まで工場内で生産されており、生乳からパッケージされるまで人の手が触れることのないよう完全自動化されていることに驚きました。

最後に「食育ルーム」にて、カルシウムや乳酸菌発見時のこと等を映像で学びました。
こちらの工場では、徹底した衛生管理のもと、安心・安全であるヨーグルトが生産されていることを楽しく学ぶことができました。

《参加者感想》
・衛生管理がしっかりしているので安心して購入できます。これからも買い続けたいです。
・丁寧な説明、案内で良かったです。
・ヨーグルト、乳酸菌について理解することができて良かったです。
・ヨーグルトの容器も成形している点にはびっくりしました。
・毎日ヨーグルトを食べているので、製造工程を見学できて良かったです。

Cb180918_01

Cb180918_02

Cb180918_03

2018年9月10日 (月)

☆『ほぺたんひろば』が始まりました☆〜中部ブロック委員会

2018年度新組合員活動『ほぺたんひろば』が始まりました。

コープ水戸店
JA水戸内原支店
コープデリ水戸センター
コープデリ笠間センター
岩瀬公民館
伊讃公民館
宮山公園

開催場所は水戸市・笠間市・桜川市・筑西市等で全7箇所、第一回目32名のメンバーさんの登録でスタートしました。今回新しくコープデリ水戸センターでの開催が始まりました。今年春に改築された出来立ての会場で一緒に交流してみませんか? 場所は50号バイパス桜ノ牧高校の裏です。お待ちしてますねヽ(´▽`)/

今回のテーマは《エシカル消費の種》
ご存知でしたか? エシカルという言葉。エシカル消費は地域や環境、社会や人々に配慮してモノやサービスを利用する消費のあり方のことです。明日からのくらしに取り入れられる「エシカル消費の種」をワークシートを活用してメンバーさんと交流しました。新しいことではなく、エコバックや産直、節電 等すでに取り組んでいることを含み普段のくらしの中で心がけているちょっとしたことを! メンバーさんから紹介していただきました。

Cbhh1808_01

COOP応援食〈きなこクッキー〉(*^^*)♡

国産小麦100%の生地にきな粉を配合、全粒粉入りで健康に配慮した食物繊維をプラスしました。小腹が空いた時にうれしい持ち運びに便利な個包装。パッケージもgood! 応援食の名のとおり、1袋につき1円が『障害者ノルディックスキー日本ジュニアチーム』の活動資金として寄付されます。

―――試食品の感想―――
・口の中に残る感も少なく、食べやすかったです。
・持ち運びしやすく、パッケージがかわいい。
・購入で寄付に繋がるのはうれしいですね。
・おやつ的なもので栄養素補給ができるのですね。 等々

Cbhh1808_02

もうひとつの試食品!!!

ほぺたんひろばでは時折ご自宅に持ち帰って試食をして感想を頂く試食品を設けさせていただきました。今回はCO・OPビーフカレーです (*^^*)♡ この商品は「UCDAアワード2017」において「情報のわかりやすさ賞―食品分野食品パッケージ(表示)―」を受賞しました。どなたにも分かりやすく、選びやすいパッケージが高く評価されました。パッケージの角に穴が開いているのを気づきましたでしょうか? 鍋から取る際の箸穴だそうです (≧∀≦) 

Cbhh1808_03

もうご試食されましたか? 是非、ご感想お待ちしておりますね \(^^)/

ひろばはどうでしたか……
・中部ブロックでは初めての男性のメンバーの登録があり、情報交流を楽しんでくださいました。
・今までもCOOPからの情報が楽しみでしたので、これからも情報交流を楽しみにしております。
・人数が少なくなってしまって、寂しい……
・試食が減ってしまいましたが、より商品の情報を詳しく説明してくれたのは興味がわきました。 等々

参加者のメンバーさんからは楽しく交流できた感想を頂きました♪

Cbhh1808_04

《9月ほぺたんひろば》
9月19日(水) コープ水戸店
9月14日(金) JA水戸内原支店
9月26日(水) コープデリ水戸センター
9月13日(木) コープデリ笠間センター
9月27日(木) 岩瀬公民館
9月13日(木) 伊讃公民館
9月13日(木) 宮山公園
各会場10時〜 開催します。

コープ商品をまん中に楽しく交流してみませんか? お待ちしております。

冷凍しじみの魅力を知ろう学習会!(千葉県漁連銚子冷凍冷蔵工場)〜中部ブロック委員会

2018年9月7日(金) 10時~12時 コープ水戸店コミュニティールームにて
参加人数:15名(組合員12名 ブロック委員2名 理事1名)

千葉県漁業協同組合連合会の高橋様、内藤様を講師にお呼びしまして『冷凍しじみの学習会』を開催しました!
まず会社の紹介、資料にそってお話がありました。漁連ってどんな組織? ということで、販売事業・購買事業・指導事業の3つの事業があるそうです。

Cb180907_01

続いて、冷凍しじみの産地別の食べ比べをしました!
食べ比べした冷凍しじみは、
・茨城県涸沼産
・宍道湖産
・青森県産(十三湖産)
・青森県産(小川原湖産)
の4種類です!
冷凍のしじみを耐熱容器に入れて、水をひたひたくらいに入れて、電子レンジでチンするだけで、しじみが開きます!

Cb180907_02

みなさん、粒の大きさ・色・味・しじみのだしの味などを食べ比べし、違いを感じていたようです。

そのあとは、調理です!『しじみのバター炒め』を作りました! しじみでバター炒めとは、びっくりです!

Cb180907_03

調理のあとは、みなさんお待ちかねの試食です! 講師の方が用意をしてくれたものも一緒に配膳して、出来上がり! みなさん、定食のようだわ~と嬉しそうです!

Cb180907_04

《最後に冷凍しじみのご紹介》
1.砂抜き済み! しかもバラ解凍品なので、使いたいときに使いたい量だけ使えます
2.冷凍だからこそ美味しい
3.男性よりも女性にこそオススメ

※しじみを毎日食べると……
貧血がなくなる・はだ艶がよくなる・若返りなどなど、体にいいことばかりだそうですよ~!

参加者感想
・とても勉強になりました。これから冷凍しじみを買って毎日食べたいと思います。
・冷凍すると栄養が増すことなど、しじみの栄養のすごさを改めて学習できました。
・しじみの産地別の食べ比べができてとても良かった。
・しじみは味噌汁以外にも食べ方があることがわかり、レパートリーを増やしたいと思います。

2018年8月30日 (木)

キリンビール(株)取手工場見学会〜中部ブロック委員会

2018年8月22日(水)
参加者:30名(一般組合員23名 非組合員1名 小学生3名 地域理事1名 ブロック委員2名)

茨城県取手市にありますキリンビール(株)取手工場に行ってきました。今年は暑い日が多く、ビールを飲んだ人も多かったのではないでしょうか。見学会の当日も快晴の猛暑日。ビール日和でした(^^)夏休みに開催したので、小学生のお子様もご参加いただき、にぎやかに出発となりました。

工場はとても大きく、一般の方も予約制で見学できるということもあり、見学ブースも整っており、とても明るくきれいな印象です。バスが着くとまずホールにて、映像観賞をしました。そこで工場について知ったったあといよいよ『キリン一番搾りおいしさの秘密発見ツアー』開始です。

Cb180822_01

当日アルコールを飲めない方は体にシールを貼りました。

Cb180822_02

まずは映像でお勉強。

まず、醸造工場で大きな仕込み釜を見たり、実際に原料の麦芽とホップをさわり、試食することができました。

Cb180822_03

麦芽とホップを実際に触りました 。みなさん興味津々(*^_^*)

普通のビールは一番搾り麦汁と二番搾り麦汁を混ぜて作るのですが、キリンの一番搾りは一番搾り麦汁のみを使って作るそうです。実際に一番搾り麦汁と二番搾り麦汁を飲み比べしました。アルコールなしなので、お子様も飲めます。色も味も全然異なり一番搾り麦汁の濃厚さ、甘さを実感できました。

続きまして、バスに乗り工場敷地内を移動です。発酵タンクと貯蔵タンクを見て大きさに圧倒されつつ、パッケージ工場に到着。ここでは出来たビールが缶や瓶に詰められて、箱にパッケージされるまでの過程をみることが出来ました。全て機械化されており、たくさんのビールができていることがよくわかりました。

ビールについてお勉強したあとは、みなさんお楽しみの試飲タイムです。当日アルコールの飲める方は、キリン一番搾り生ビール、キリン一番搾り黒生、一番搾りプレミアムの飲み比べをしました。当日飲めない方のためにノンアルコールビールやソフトドリンクのサービスもあり、出席された方みなさんがそれぞれ楽しむことができました。

Cb180822_04

お楽しみの試飲タイム♪ 柿の種と一緒にいただきました(≧∇≦)

売店があり、そこでお買い物を楽しむことができ、参加された方の満足感アップでした(*^_^*)

その後、イオンモールつくばに立ち寄り、昼食や買い物を各自でお楽しみいただき、無事に工場見学会が終了となりました。ご参加いただいた皆様、キリンビール(株)取手工場の皆様、ありがとうございました。

参加者感想
・一番搾りの名前は知っていても、内容はわからなかったので、とても分かりやすく勉強になりました。素材、製造のこだわりや美味しさを体験できて、とても良かったです。
・とても清潔感のある工場で、説明してくださる方の話がとてもわかりやすく、気持ちよく工場見学が出来ました。試飲させていただき、飲み比べをすることで味の違いがわかり、自分の好みのビールを見つけました。
・日頃お世話になっているビールがどのようにできているか知ることができて良かったです。これからも美味しくいただきたいです。
・子供用に資料や飲み物を準備してくれていて嬉しかったです。貯金箱が作れて嬉しかったです。(小学生の参加者さんより)
・今日は運転があり飲めなかったのですが、ノンアルコールビールがあって良かったです。プレミアムビールがとても気になりました。

2018年8月29日 (水)

『コープデリでんき学習会』を開催しました!〜中部ブロック委員会

2018年8月28日(火) 10時~11時半 コープデリ水戸センターにて
参加者:15名(一般組合員8名 ブロック委員6名 理事1名)

新しく始まった『コープデリでんき』の学習会を開催しました。講師にいばらきコープ宅配事業部の冨島さん、水戸センターお客様ご利用サポート担当の小野瀬さんをお呼びして、環境のお話、電力自由化の話などを交えて、詳しくお話をしていただきました!

Cb180828_01

参加者各自にシミュレーションをしていただきました! 検針表を改めて見直す、いい機会にもなったようです!

Cb180828_02

いばらきコープでは、今年度、新規契約2000件を目標にしています。ぜひ、興味のある方は、センターやお店、宅配の担当者に一声お掛けください! コープならではの契約特典もあるよ♫

試食品
co・opまろやかほうじ茶
co・opチョコバームクーヘン
co・op油であげないミニえんどう豆スナック
co・opほぺたんキャンディ
co・opごまごま玄米せんべい
co・op黒糖ドーナツ棒
co・op三陸産茎わかめ

参加者感想
◎説明が分かりやすく、資料も見やすかった。
◎施設管理などの不安もなくなり、安心して切り替えることができます。
◎電気の自由化について知りたかったので、参加してよかった。
◎電気についての基礎的なことについて、詳しく話を聞くことができました。ベーシックプランに加入しようと思います。
◎自宅へ戻って、検討したいと思います。

次回もたくさんの参加をお待ちしております~!

2018年7月26日 (木)

カルビー(株)清原工場見学会でかっぱえびせんの秘密に出会いました~中部ブロック委員会

2018年7月17日(火) 出発場所:笠間市・桜川市
参加人数:39名(一般組合員30名 非組合員6名 ブロック委員3名)

朝から快晴、参加者全員が胸はずみ! 集合の足並みも良く予定より早くカルビー(株)清原工場に向けて出発します。栃木県宇都宮市まで高速道路やテクノ通りの交通事情の良さもあり、1時間10分程で到着です。
カルビー(株)清原工場に入り、最初に目に入ったのは工場の壁をよじ登る人影! そしてすっきり・さっぱり・おみごとの植栽です。出迎えてくださったカルビーの社員の方から並ぶ出庫トラックの説明をお聞きして目がキョロキョロです。見事な植栽は社員の方が毎日切りそろえ手入れをしているそうです。まさしく努力の成果そのもの~。これからの見学が楽しみです。人影は後に見学者に向けての秘話として説明を受けることになる?

Cb180717_01

カルビー見学会記念写真 は~い『カルビー』(笑)

工場内の会議室でビデオ映像による工場施設と商品の説明や見学の注意点(工場内撮影禁止他)を担当者から詳しくお聞きしました。

Cb180717_02

爽やかに楽しい語り口で説明

最初に「かっぱえびせんができるまで」を見学しました~。清原工場で出来上がったかっぱえびせんは、北海道・東北・関東・中部に出荷されます。見学通路には所々に河童が顔を出す、見学者の目を引いたえびせんマップは働いている人の手作りでした(*'▽') みなさんの足がマップにくぎ付けで止まっています。
さらに、かっぱえびせんの秘密も紹介されました……。少しだけお知らせします……。かっぱえびせんは1964年東京オリンピックが開催された年に誕生しました! えびせんにはえびの頭からしっぽまで殻ごと全て入っている! かっぱえびせんのかっぱは、大人気の漫画が原点? など、かっぱえびせんのやめられないとまらない秘密を知ることができました。
♥「やめられないとまらない」にもかっぱえびせんの秘密が隠れています?

Cb180717_03

かっぱえびせんの原料

工場別館に移動してフルーツグラノーラができるまでを見学します~。カルビーのシリアルはこの清原工場だけで作られます。フルグラシリーズはさまざまな穀物や世界中から集まったドライフルーツをミックスした栄養を手軽に摂れる人気商品です。出来上がったフルグラは日本全国へ出荷します。

Cb180717_04

フルグラの原料

見学途中には品質保証室があり、検査など重要な作業説明がありました。
さらに、見学後半には体験できるコーナーも準備していただき、私たち見学者を驚きのおもてなしで歓迎してくれました。工場内の壁にはたくさんの見学者からのお礼状やカルビーが大切に取り組んでいる基金の掲示等心のこもった表現を感じました。

Cb180717_05

壁にいっぱいに感謝! えびが躍る!

〈試食品〉
今回、飲み物紹介として「常陸のしずく」をお渡しをしていばらきコープの2012年からの取り組みをお話しました。

〈参加者感想〉
見学会参加者(20代から80代)にアンケートをお願いしました結果、未提出者0で全員があたたかい感想でした……。感謝申し上げます。

※一部ご紹介します
・工場見学会感動しました。塩分を気にする年齢ですが大変勉強になり、特にフルグラは早速に常食として加えたいと思います
・私の娘婿はアメリカ人でフルグラを今まで朝食に用意をしていましたが、栄養のバランスが優れていると説明で知りこれを機に私たちも孫たちにも取り入れたいです……。非常食にも用意をします。
・かっぱえびせんの私オリジナルを体験出来て嬉しいです 油を使用せずに高温のお塩の中で出来上がるとは驚きでした!
・とても近いところで素晴らしい体験、生産者と直接お話ができるなんて、企画をありがとう! かっぱえびせんを3日かけて完成・フルグラが1日かかり昼夜工場が稼働、休んでいるときは、保守点検と一生懸命さが伝わりました♥ 食べて応援!
・工場見学は、あっという間の2時間30分でした(^^)v 昼食会場(とちぎコープ越戸店)で店長さんからコープのお仕事や目指している方向など詳しい資料を用意してお話を伺えたのは生協組合員ならではと勉強になりました。

この他にもたくさんの感動の言葉をいただきました。今後のために見学先と共有させていただきます。ご協力をありがとうございました。
♥「やめられないとまらない」にもかっぱえびせんの秘密が隠れています?=かっぱえびせんの日=8月10日……「や」&「と」に隠れてましたね!

今後も多くの企画が登場します➡中部ブロックのエプロンニュースやいばらきコープのホームページをご覧ください。多数のご参加をお待ち申し上げます。

2018年7月 9日 (月)

☆『ほぺたんひろばって? な~に~?』ほぺたんひろば体験会を開催しました☆〜中部ブロック委員会

2018年度、新組合員活動「ほぺたんひろば」が始まります。毎回、どんなことをするの? どんな人たちが集まるの? 等々疑問に答えるための体験会を開催しました。

コープ水戸店
コープデリ笠間センター
コープデリ水戸センター
JA水戸内原支店
岩瀬公民館
伊讃公民館
宮山公園

開催場所は水戸市・笠間市・筑西市等で全7箇所、総参加人数44名のメンバーさんをお迎えして商品の試食やくらしの話題で楽しく交流しました。

Cb1807_01

体験会の試食品は「りんご+CA」「国産果汁100%ゼリー」「国産さつまいもバー」「くるみの焼きドーナッツ」の4種類、《健康配慮》《国産素材》等のその特徴を象徴するパッケージのコープ商品をご用意しました。

―――試食品の感想―――

・注文しないものが試食できて良かったです。
・パッケージを見ると発見があるのですね。パックを折りたたんでのメッセージはありがたいです。
・ドーナツが美味しかったです。甘さがありましたが、しつこくなく食べやすかったです。
・おやつ的なもので栄養素補給ができるのですね。
等々

Cb1807_02

Cb1807_03

参加者のメンバーさんからは楽しく交流できた感想を頂きました♪

8月から始まる「ほぺたんひろば」!! コープ商品をまん中に楽しく交流してみませんか? お待ちしております。

2018年6月 5日 (火)

☆『水戸市環境フェア2018』に参加しました☆〜中部ブロック委員会

2018年6月3日(日) 会場:千波公園ふれあい広場
参加者:水戸センター 中部ブロック委員会 

第17回世界湖沼会議(いばらき霞ヶ浦2018)のサテライト会場として、内容もボリュームアップした水戸市環境フェアが開催され、今年も環境を考えて、エコクイズ&エコうちわ作りを行いました。暑さが照りつける晴天の中、涼……を求める親子連れが多く参加して思い思いのうちわ作成で賑わいました。

Cb180603_01

Cb180603_02

Cb180603_03

Cb180603_04

Cb180603_05

10月には、茨城県では2回目の第17回世界湖沼会議が開催されます。

2018年6月 4日 (月)

☆総代優先企画ピースバスツアー『予科練平和記念館&雄翔館』見学会を開催しました☆〜中部ブロック委員会

2018年年5月30日(水)
参加人数:29名(地域理事 ブロック委員含む)

本日は昨年度2月に雪の為中止になった ピースバスツアーを再度企画した見学会で、阿見町にあります予科練平和記念館に向かいました。

記念館は予科練制服の象徴「七つボタン……世界の七大洋を表したボタン」をモチーフに7つの空間があり、テーマごとの展示物や映像を観覧できます。館内はガイドさんのわかりやすい説明と演出の効果で目を伏せることなく当時を思い浮かべて見学できる施設でした。

敷地内は人間魚雷と呼ばれた回天の模型、また隣の格納庫には復元された零式艦上戦闘機二一型の模型が展示されていました。

予科練とは、「海軍飛行予科練習生」及びその制度の略称で、第一次世界大戦以降、航空機の需要が世界的に高まり、欧州列強に遅れまいとした旧海軍が、より若いうちから基礎訓練行って熟練の搭乗員を多く育てようと、昭和5年に教育を開始しました。14才半から17才までの少年が全国から試験で選抜し搭乗員として基礎訓練を行いました。

―参加者感想―
・若い命が失われたことに憤りを感じ、これからの平和に何ができるのか若い人だけでなく、年老いた私にもできることを捜していきたい。
・亡き父を思い出しました。もっと、父と戦争のついての話を聞いておけばと後悔が残りました。
・今の平和を残してくれた予科練生の思いを無駄にしない行動を心がけたいです。
・雄翔館も見学ができてよかったです。
・予科練生の手紙をもう少し見たかったです。 
等々、その時代を忘れない、決して繰り返さない。彼らの遺書の中に書き残せなかった本当の思いを真摯に受け止め、平和の大切さをもう一度考えさせられる一日となりました。

Cb180530_01

Cb180530_02

Cb180530_03

Cb180530_04

Cb180530_05

人間魚雷と呼ばれた回天の模型

Cb180530_06

復元された零式艦上戦闘機二一型の模型

より以前の記事一覧

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログ内検索