最近のコメント

« 1月ほぺたんひろばを開催しました!~北西ブロック委員会 | トップページ | イトウ製菓(株)工場見学&鶴長理事長との昼食交流会に行ってきました!!~西部ブロック委員会 »

2020年2月17日 (月)

ピースバスツアー 改めて平和について考えてみましょう~南西ブロック委員会

2020年2月14日(金)
参加者:18名(組合員15名 ブロック委員2名 理事1名)

コープうしく店より出発し、圏央道で埼玉県東松山市に向かいました。

Swb200214_01

Swb200214_02

原爆の図 丸木美術館
細い小路の先にひっそりと建っている美術館には、14部作からなる「原爆投下直後」の広島の街の風景画が展示されていました。(第15部「長崎」は長崎原爆資料館に所蔵)天井まである大きな屏風には、原爆の想像を絶する凄まじさに恐れおののく人々の叫びが力強く凄烈に描かれていました。あまりの惨劇画でしたので、広島の人々のもがき苦しみ泣き叫ぶ何十万もの悲鳴が、壁一面の絵から大津波のように押し寄せてくるようでした。公害・アウシュビッツの絵や南京大虐殺の絵などもあり、とても衝撃をうけました。過去の人的災害から目を背けてはいけないと改めて強く思いました。

平和資料館 ピースミュージアム
小高い丘の頂に、2013年にリニューアルされた新しい資料館。昭和初期~終戦までの、兵器や人々の生活用品などが展示されていました。当時の小学校や防空壕なども再現され、中に入って擬似体験することができました。アニメ上映は、とても悲しい物語でした。実際に同じようなことが山ほどあったと思うような可哀想なお話でした。

吉見百穴……国の重要史跡に指定
1400年前(6世紀頃)の古墳時代に作られた横穴式の墓群。大小あわせて219の穴が残っていました。太平洋戦争時に地下を軍需工場として使っていましたが、今は立ち入り禁止のため格子越しに入口付近を見学しました。当時は兵器・爆薬・航空機などの生産・修理が行われていたようです。国の指定天然記念物のヒカリゴケも見ることができ、わずかな日光を頼りに儚く光っているヒカリゴケに、心を奪われました。

Swb200214_03

Swb200214_04

〈参加者の感想〉
  • 原爆の図は、戦争をテーマにしたダイナミックな作品で悲惨さを目の当たりにしたようで胸を打たれた。
  • 人間の愚かさ・浅はかさに 心が凍る思いだった。
  • 子どもたち・孫たちのために、平和を守り続けていかなければならない!! と痛感した。
  • 平和資料館は、見やすい展示でとてもわかりやすかった。
  • 平和資料館に展示されている教科書の、大砲や航空機など戦争に纏わる箇所が黒塗りされているのを見て、本当だったのだとショックを受けた。
  • 吉見百穴は、国内最大規模なので迫力があり、古代の横穴墓を初めて見た。関東では大変貴重なヒカリゴケも見ることができた。

とても重たいテーマの見学会でしたが、3か所巡ることができ、また各所の特色もそれぞれ多様で、非常に勉強になりました。戦争を始めた人間の愚かさや 戦争に翻弄され飲み込まれていった国民の壮絶な地獄風景を 絵画・資料館などを通して感じる事ができました。改めて、平和の大切さ、ありがたみをしみじみ感じ、考えることができました。

参加者のみなさまのご厚意により、参加費の一部を平和募金としてお預かりいたしました。ありがとうございました。

« 1月ほぺたんひろばを開催しました!~北西ブロック委員会 | トップページ | イトウ製菓(株)工場見学&鶴長理事長との昼食交流会に行ってきました!!~西部ブロック委員会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1月ほぺたんひろばを開催しました!~北西ブロック委員会 | トップページ | イトウ製菓(株)工場見学&鶴長理事長との昼食交流会に行ってきました!!~西部ブロック委員会 »