最近のコメント

« (株)ニッキフーズ学習会〜中部ブロック委員会 | トップページ | NPT再検討会議にみなさんのメッセージを届けます!! »

2020年2月24日 (月)

水野食品(株) 漬け魚学習会~中部ブロック委員会

2020年2月18日(火) 伊讃公民館にて
参加者:16名(組合員11名 理事1名 ブロック委員4名)

水野食品株式会社の水野社長・宮川様を迎え、漬け魚の学習会を開催しました。
水野社長から、資料やパネルなどを基にお話を伺いました。銀だらは1977年の200海里規制以前には、毎年5万トンの漁獲だったのに、近年ではアメリカからの輸入は1万トン弱程度になっているそうです。魚の産地の地図では、同じ魚でも水温が低い漁場で獲れる魚ほど、身の締りが良く脂質が豊富なことが分かりました。水野食品様の漬け魚も時代と共に変化しています。昔の漬け魚は、塩を多く使い安価の魚や鮮度が悪い魚を長く日持ちさせる目的でした。今は、良質の魚の素材を生かし、味噌自体も良質で不必要な添加物を使わず、マイルドな味わいになっているそうです。

美味しく魚を焼くコツも教えていただきました。冷蔵庫で完全に解凍すると水っぽくならず旨味を逃さず美味しく焼けるそうです。切り身に付いている味噌は洗い流さずにさっと取る程度にして両面を焼き、電子レンジで20秒(割り箸にのせたお皿の上に、ラップをかけずに電子レンジでチン)。素人には上手に焼けないと思っていた私には、嬉しい情報です。組合員さん達も歓心していました。早速、試してみたいという声もいただきました。

今回は、宮川様に焼いていただいた魚を試食しました。8種類のお魚がズラリと並びました。なかなか1度に8種類の魚を食べる事は出来ません! むらさきいかの昆布醤油漬は焼くと固くなる印象でしたが、やわらかくお弁当のおかずにも良さそうです。銀だら三河みりん漬と銀だら三河みりん漬け干しの食べ比べもしました。干しの方が手間がかかっています。今回の参加者は、干しの方が美味しいと手を挙げたのは3人でした。好みは人それぞれなんですね。

〈試食品〉
・銀だらみやぎみそ漬
・メロ西京漬
・きんき西京味噌漬
・メロほほ肉西京味噌漬
・国産やわらかいか昆布醤油漬
・金華さば旨み干し
・銀だら三河みりん漬
・銀だら三河みりん漬け干し

〈参加者感想〉
  • むらさきいかが、やわらかくて美味しかった。
  • 色々なお魚が試食できて、良かったです。
  • 豊富な資料があって、話が分かりやすかった。
  • 焼き方などが分かって、とても勉強になりました。

Cb200218_01

Cb200218_02

Cb200218_03

Cb200218_04

« (株)ニッキフーズ学習会〜中部ブロック委員会 | トップページ | NPT再検討会議にみなさんのメッセージを届けます!! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« (株)ニッキフーズ学習会〜中部ブロック委員会 | トップページ | NPT再検討会議にみなさんのメッセージを届けます!! »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログ内検索