« 「いばらきを食べよう! キッズ・マルシェin JA常陸長砂直売所」〜北西ブロック委員会 | トップページ | 仲のいいメンバーさん~南西ブロック龍ケ崎コープ会 »

2017年10月30日 (月)

コープデリ連合会主催“産地の想いをつなぐ”JA佐渡産地・視察交流参加報告

2017年10月13日(金)~14日(土)
参加者:コープデリ連合会会員生協理事 職員 コープデリ連合会職員等23名

コープデリ連合会で取り組んでいる「 佐渡トキ応援お米プロジェクト」の産地を見に、佐渡に行ってきました。佐渡は遠いイメージがありましたが、新潟港からジェットフォイルで両津港まで65分で行くことができます。
「佐渡トキ応援お米プロジェクト」は、佐渡市、JA佐渡、JA全農にいがた、全農パールライス(株)、日本生協連、コープにいがた、コープデリ連合会の7団体が連携し、生き物を育む環境づくりを目的としています。
コープデリでは「産直新潟佐渡コシヒカリ」などの商品を利用した売上の一部を(お米1 kg につき1円)を「佐渡市トキ環境整備基金」に寄付し、佐渡トキ保護活動の宣伝、支援及び活動の参加など、生物多様性の大切さを社会に浸透させる取り組みを推進しています。

Jasd171013_01

初日は、佐渡トキ交流会館で、佐渡米生産者の齋藤真一郎さんからお話をうかがいました。齋藤さんはJAバンクのCMにも出演されていて、双眼鏡でトキを観察する姿が放映されています。このCMをご覧いただければ、プロジェクトの様子がわかると思います。
日本産のトキが絶滅し、中国から送られたつがいからヒナが誕生し、野生に放鳥されて数を増やし、現在では299羽のトキが生息しているそうです。トキが生き残るためには餌場となる水場が必要で、冬季にも水を張る「冬水田んぼ」や田の一部を掘り下げる「江」が作られています。トキの餌となる生き物が生息するためには、 農薬や除草剤を使わないようにしなくてはならず、人間にとっては手間もかかり大変な苦労があったようです。その苦労のおかげで佐渡には 田んぼの生き物が豊かになり 、白鳥やマガン、サギなどもたくさんいるそうです。
2008年から始まった佐渡市認証米「朱鷺と暮らす郷」は、全島を挙げて5割減農薬減化学肥料栽培で作られます。佐渡では田んぼはお米だけを作っているのではなく、生物多様性農業により多くの生き物たちも育み、地域・産地全体で取り組まれ、子どもたちにも環境教育がされ郷土愛も育まれています。
齋藤さんたち農家や、行政、農協から始まった取り組みが、佐渡の自然を守っていることがお話や映像からも伝わりました。「トキと暮らすのは人間優先ではなく、ガマンが必要」という言葉が印象に残りました。トキがいる田園風景は佐渡の象徴で、そこに日本のふるさとを感じました。

Jasd171013_02

14日(火)は、JA佐渡カントリーエレベーターを視察しました。コープデリで扱うお米がここに貯蔵されています。農家の方が生産した籾を搬入し、車ごと重量を量り、乾燥・調整・保管行っています。私たちは建物の中に入り7階ぐらいの高さがあるところを階段で上りました。 籾は一番上まで吸い上げられて、乾燥させてから20°に管理されて保管されます。

Jasd171013_03

その後、佐渡市認証米10周年記念で行われた田んぼアート 「 朱鷺と暮らす郷」の場所に行きました。「トキと暮らす郷」の文字は赤、黒、白のお米です。

Jasd171013_04

この日は緑の稲穂は黄金色になっていて、ここで募金の贈呈式も行いました。私達はコシヒカリの稲穂以外の文字等の部分を4グループに分かれて刈り取りました。 天候に恵まれ、農家の方のご指導のもとしっかりと作業しました。

Jasd171013_05

佐渡は金山で有名ですが、17世紀に相川金山が発見され、採鉱によるゴールドラッシュで全国各地から富を求めた人々が佐渡を目指し、人口は爆発的に増加しました。急増した人々の食料を賄うために新田が開発され、米作りが盛んになっていきました。
視察に行ってわかったことはJA さんだけの取り組みではなく、コープデリを含む諸団体、そして行政である佐渡市がバックアップし、農業を通じた島全体の取り組みだということです。
天然記念物であるトキは、とても美しい鳥でした。空に舞う 淡いオレンジ色の羽根は、私の目に焼き付いています。トキを間近で見られる「トキふれあいプラザ」には時間の都合で行けませんでしたが、野生のトキがバスの上を飛ぶ姿や、田んぼで群れをなしている光景を肉眼で見ることができました。
トキの数が増えてこんなに見ることができるのは、佐渡の自然が守られていることに他ならず、このプロジェクトが一翼を担っていることを感じうれしく思いました。これからも佐渡を、生産者さんたちを、自然とトキたちを守るために応援していきたいと思いました。
最後に、参加させていただきき、生産者や関係者の方と交流させていただいたことに感謝いたします。

« 「いばらきを食べよう! キッズ・マルシェin JA常陸長砂直売所」〜北西ブロック委員会 | トップページ | 仲のいいメンバーさん~南西ブロック龍ケ崎コープ会 »

コメント

これだけの団体の方々の協力で、トキが住める自然を守っていくこと。人間が我慢しなくてはならない!との自然と調和することは本当にそういう事なんだとブログを読んで、すごく感じました!お米を買うことで、少しでも協力出来たらと思いました!

ゴエモンさん、コメントありがとうございました。🙇
佐渡だけでなく、自然を守る為には多くの方の力が必要です。
生協がリーダーシップをとって、こういった活動をして欲しいと思います。☺

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「いばらきを食べよう! キッズ・マルシェin JA常陸長砂直売所」〜北西ブロック委員会 | トップページ | 仲のいいメンバーさん~南西ブロック龍ケ崎コープ会 »