« イートアンド関東工場見学〜北部ブロック東海コープ会 | トップページ | 近づいてきたよ! 工場見学会♪ ~10月のコープ会を行いました〜南西ブロックどきどきコープ会 »

2017年10月20日 (金)

産地の想いをつなぐ「JAようてい産地視察・交流」

2017年9月20日(水)〜21日(木)

台風の影響や飛行機のトラブルもあり、予定が変更になってしまいましたが、「JAようてい」さんの配慮もあり、中身の濃い産地視察ができました!

「JAようてい」は、平成9年3月に黒松内町、蘭超市、ニセコ町、真狩村、留寿都村、喜茂別町、京極町、俱知安町の8JAが合併して誕生し、今年で20周年を迎えます。

Yuti170920_01

↑羊蹄山

まず、1日目は、京極支所で、販売事業本部 事業推進資料に沿って「JAようてい」の概要説明をしていただきました。
そこで、~北海道のじゃが芋はなぜ美味しいか?~
羊蹄山の伏流水が染みわたり、肥沃な大地があることももちろんですが、輪作をして土地をしっかり休ませていることや、また土壌分析センターに土を持って行き、検査後、土地の体力に合わせた堆肥の量を補うことで「着実に・不断の土作り」を行っていること。そして、一番は昼夜の寒暖差により昼に光合成によりでん粉が作られ、夜冷えれば冷えるほど、しっかりでん粉が中に蓄積されているから美味しくなると熱くお話されていました!

2日目は「にんじんの収穫体験」を行いました。左に羊蹄山、右にニセコアンヌプリをバックに農園が広がり、北海道の農地の規模の大きさを実感することができました! にんじんの大きさもさることながら、葉の長さにも驚きました!

Yuti170920_02

次に「馬鈴薯集出荷選別貯蔵施設」では、貯蔵庫の湿度98%を維持する為に地下に空洞を作り、水を流して湿度を保ちながら空気の循環を行なったり、ミクロのミストを出しているなどの工夫がされていました! また、近赤外線を利用した光センター装置にて、内部障害(空洞や黒くなっているなど)をきちんと選別されているので、ご家庭には安心の品質で送られているとの事です!

Yuti170920_03

↑貯蔵庫

Yuti170920_04_2

↑人の手によっての選別後、光センサー装置へ

次に東洋一の「人参集出荷選別施設」を見学させていただきました! 洗浄の際には伏流水を利用して、にんじんの芯まで同じ温度になるよう、また最後に真空予冷により、さらに約5℃まで急冷して品温の安定維持をして、鮮度を保って出荷しているとの事でした!

Yuti170920_05

↑梱包したにんじんが真空予冷装置へ

その土地にあった野菜の品種を選定してきた生産者さんたちの努力、「JAようてい」さんで行っている栽培方法や管理方法などの努力により、美味しい野菜が作られていると感じました!
また、交流の中で、生産者さんの想いと販売の方々の想いが同じであり、その連携の強さも感じました!『適地適作』で作られた「JAようてい」さんの自慢の野菜をたくさんの組合員に知っていただき、美味しさを分かってもらえたらと思います!
また、「JAようてい」でとれたじゃが芋を使っての加工品『産直北海道産男爵で作った牛肉コロッケ』や『産直北海道産男爵でつくったポテトサラダ』も多くの組合員さんに利用していただけたらと思います!
今回、ご案内くださった「JAようてい」の皆様、産地視察を企画していただきましたコープデリ連合会の皆様、本当にありがとうございましたm(__)m

« イートアンド関東工場見学〜北部ブロック東海コープ会 | トップページ | 近づいてきたよ! 工場見学会♪ ~10月のコープ会を行いました〜南西ブロックどきどきコープ会 »

コメント

北海道のじゃがいもの美味しい理由が、よくわかりました。🎵
農地、貯蔵庫など、本当に広いですね‼

つうさん、コメントありがとうございます!本当に行ってみて、美味しい湧水も飲む機会がありました!自然の力で野菜が美味しく育つ理由がわかる産地研修になりました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イートアンド関東工場見学〜北部ブロック東海コープ会 | トップページ | 近づいてきたよ! 工場見学会♪ ~10月のコープ会を行いました〜南西ブロックどきどきコープ会 »