« エンディングノートを書いてみよう〜テーマネットかしこくなろう主婦の会主催 南西ブロック委員会共催 | トップページ | ほぺたん・サチ子の“いがっぺ野良びより” »

2016年12月 2日 (金)

中央化学(株) 騎西工場バス見学会~西部ブロック三和コープ会

2016年11月25日(金)
参加人数:14名(メンバー9名 一般組合員2名 ブロック委員3名)

前日の雪で朝の道路の凍結が心配でしたが、天気も回復し埼玉県加須市にある中央化学(株)騎西工場へ見学に行ってきました。
はじめに会社概要、中央化学ってどんな会社?、プラスチック食品容器の機能と役割、バーチャル工場見学(石油がプラスチック容器になるまで)、リサイクルへの取り組み等の映像をみてから、リサイクルセンターを見学しました。

Snw161125_01

中央化学さんは地球環境に配慮した製品開発を行い、低コスト、環境負荷低減、安全・安心の容器開発を実現するため、素材開発から製品開発、リサイクルまで一貫で行っているそうです。

Snw161125_02

リサイクルセンターは、首都圏や関東地区のスーパーマーケットや生協の店頭で回収された使用済み食品トレーを分別し、熱で溶かしてプラスチック原料に戻しているそうです。その原料がベンチの芯材に利用されてエコベンチが作られているという説明を聞き、みなさん驚いていらっしゃいました。

次に、多数の容器が展示されているショールームへ案内していただきました。

Snw161125_03

広いスペース内に、容器に入った本物そっくりな弁当、惣菜、鮮魚などがコーナーごとに効果的に展示されていました。約7,000種類のバリエーションがあるそうで、みなさん興味深く見学されていました。
メンバーさんが担当者の方に「レンジ対応容器の見分け方はありますか?」と質問をすると「PP」ポリプロピレンと記載されていればOKと教えてくださいました。より開けやすい容器のふたを開発するために、お客さまからのご意見を聞き、取り入れているそうです。

Snw161125_04

リサイクルの大切さを学び、とても有意義な見学会となりました。

~参加者のみなさんの感想~
・工場の努力を見学してわかり、自分自身もリサイクルをもっと意識してゴミを分別したいと思いました。
・環境に配慮した会社の取り組みが素晴らしいと思いました。説明も丁寧でわかりやすかったです。
・食品トレー約250枚で、いこいのベンチができ、 お茶がらを使った緑色のベンチをつくる発想には驚きました。リサイクルについて、とても勉強になりました。

☆平和募金のご協力をお願いしたところ、1,651円集まりました。ご協力ありがとうございました。

« エンディングノートを書いてみよう〜テーマネットかしこくなろう主婦の会主催 南西ブロック委員会共催 | トップページ | ほぺたん・サチ子の“いがっぺ野良びより” »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エンディングノートを書いてみよう〜テーマネットかしこくなろう主婦の会主催 南西ブロック委員会共催 | トップページ | ほぺたん・サチ子の“いがっぺ野良びより” »