« いまどきの介護食品を食べてみよう〜南西ブロック常総コープ会 | トップページ | 好評の「CO・OPクリスピーフライドチキン」お試ししました(^◇^)〜南西ブロック取手コープ会 »

2016年12月21日 (水)

謎の戦跡? 百里原海軍航空隊跡地を見学してきました

県内の平和施設、戦跡調査の一環で行ってきました。
2016年11月30日(水) 11時~12時 茨城県小美玉市山野
参加者:平和担当職員1名 理事2名 小美玉市の平和団体の方1名

百里原海軍航空隊は、筑波海軍航空隊の分遣隊として、昭和14年12月実用機専修、練習機専修の目的で設置されました。予科練生の訓練も行われ、末期には特攻隊が編成され、沖縄方面の特攻作戦に従事しました。
この日は、出撃前に兵士がお参りした百里神社と鳥居、石碑を見ることが出来ました。戦後再建されたものですが、どんな気持ちで参ったのだろうと、想いを巡らせました。 また、近くには、航空隊営門の門柱と、滑走路だったと思われる道路を見ることが出来ました。
その後、農家の敷地内にある謎多き戦跡を見学しました。近くの人しか知らないもので、市の調査では長波方位測所跡、防衛省資料室蔵の航空隊配置図によると、光学兵器整備場ではないかという事です。未だにここまで残っているの珍しく、戦争を伝える戦跡として保存が望まれます。

Hkr161130_01

Hkr161130_02

謎の戦跡、長波方位測所跡とも光学兵器整備場とも言われている。

Hkr161130_03

当時の建物のつくりが良くわかる。

Hkr161130_04

百里神社の石碑

Hkr161130_05

百里神社の鳥居

Hkr161130_06

百里神社の祠

Hkr161130_07

航空隊営門の門柱

Hkr161130_08

Hkr161130_09

滑走路と思われる真っ直ぐな道路

« いまどきの介護食品を食べてみよう〜南西ブロック常総コープ会 | トップページ | 好評の「CO・OPクリスピーフライドチキン」お試ししました(^◇^)〜南西ブロック取手コープ会 »

コメント

ガソリンスタンドの写っている道路は海軍道路と地元では呼ばれています。
左が竹薮の道路なんですが
左側は神社その先は兵舎・司令部庁舎・整備格納庫・格納庫・戦闘機待機所(エプロン)
右側は兵舎・グランド・格納庫・戦闘機待機所(エプロン)となり海軍百里原航空隊には滑走路はありません現在飛行場と自衛隊のある場所が滑走場(原っぱ)でした。
今はソーラーパネルで半分くらい消失しましたが戦闘機の照準調整をした丘がチョッと残っています。国土地理院で空中写真1947年を閲覧すれば分りやすいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いまどきの介護食品を食べてみよう〜南西ブロック常総コープ会 | トップページ | 好評の「CO・OPクリスピーフライドチキン」お試ししました(^◇^)〜南西ブロック取手コープ会 »