« 11月コープ会〜東部ブロック潮来コープ会 | トップページ | どきどき収穫祭“茨城を食べよう! キッズ・マルシェ”〜中部ブロック委員会 »

2016年11月21日 (月)

森永乳業M’sキッチン学習会開催しました〜南西ブロック委員会

2016年11月11日(金) コープうしく店2階コミュニティルームにて
参加人数:一般組合員22名 ブロック委員5名 保育2名

昨年に引き続き、今年も開催の運びとなりましたM’sキッチン、開店です♪ 栄養バランスが良く、簡単なのに本格的でオシャレなメニューが学べる大人気企画で、本当に多くの方にお申込み頂き、嬉しく思います。

講師に森永乳業株式会社の中山様、北村様、塚本様をお迎えし、今回は洋食メニューを教えていただきました。
森永乳業の様々な製品を意外な食材に使うのが、このキッチンの凄いところ☆目からウロコな事ばかりで、参加者達も本当に楽しそうでした♪
6人分のレシピを、A~Eの5班に分かれて調理しました。

★ベリーソースのクリープハンバーグ★
材料:合挽き肉・玉ねぎ・森永クリープ・プルーン・ブルーベリージャム・すりおろししょうが
付け合わせ:トマトのオリーブオイルソテー・ほうれん草のソテーパルメザンチーズ絡め

合挽き肉に、コーヒーでお馴染みのクリープ?! まずそこから驚きですが、加える事により栄養とコクが出るそうです。挽き肉と塩でよく練った後にクリープを加えるのがコツです。何よりもビックリは、プルーンとブルーベリージャムがハンバーグのソースになる事。フライパンに残った肉汁と一緒に炒めます。トマトのソテーも、ソースとしての役割もあり、ほうれん草のソテーは、パルメザンチーズで絡めるので減塩効果も期待できます。

★フルーツたっぷりオイルサーディンのサラダ★
材料:オイルサーディン(いわしのオリーブ油漬け)・グレープフルーツ・オレンジ・森永ビヒダスプレーンヨーグルト

先生の最初のレシピ説明で、「ヨーグルトは調味料」と書かれた紙をホワイトボードに貼られてました。ヨーグルトを上手に調味料として利用する事によって、減塩や栄養アップになるそうです。今回は豪華にオイルサーディンを使用しましたが、ツナ缶等でも代用出来るとの事です。でもやはり、オイルサーディンの方が栄養価は高いのでオススメだそうです。

★レモンカードのミルクプリン★
材料:森永フィラデルフィアクリームチーズ・卵・レモン汁・森永おいしい牛乳・森永スキムミルク・ゼラチン

“カード”とは? 乳に酸等を入れて出来る凝固物の事を指しますが、“固める”という意味でデザートに使われます。最初にミルクプリンを作り、固まったら上にレモンカードを流し2層にします。ミルクプリンには、スキムミルクでタンパク質やカルシウムをアップさせます。レモンカードは卵とクリームチーズで、濃厚なのに爽やかという驚きの美味しさでした。

調理を終え、試食をしながら先生による数字クイズ(「1・5」「8・7・7」何て読む?→正解「いちご」「ばなな」)や、牛乳の種類等興味深いお話をいただき、楽しいひと時でした。後片付けも、参加者全員でテキパキと済ませ、時間通りに閉店出来ました(*^^*) 先生方、参加者の皆様、ありがとうございました!

参加者の感想
・ハンバーグにスキムミルクを入れ、コクと栄養(カルシウム)がUPするのは新発見!
・ハンバーグソースの、プルーンとブルーベリージャムは斬新で、しかもお肉の臭みもくどさもなくなり、サッパリ食べられて、とても美味しかった。
・レモンカードの乗ったミルクプリンは、とても爽やかな酸味ですごくおいしい。
・いわしのオイルサーディンのサラダは、油切りしてあるので、塩加減がBest!
・細かく軽量されていて、作業がスムーズに進み、良かったです。

どのメニューも、早速作りたい! という嬉しい意見が多数でした。

Swb161111_01

中山先生による調理の説明

Swb161111_02

デモンストレーションをしっかり見て覚えます。

Swb161111_03

B班スーパー主婦のAさん、若い参加者に細かく指導してくださいました(^o^)

Swb161111_04

上が先生作、下は参加者作の完成品☆

Swb161111_05

いただきます♪

Swb161111_06

楽しく栄養についてお話をしてくださいました。

Swb161111_07

こちらの森永乳業製品を使用しました。

« 11月コープ会〜東部ブロック潮来コープ会 | トップページ | どきどき収穫祭“茨城を食べよう! キッズ・マルシェ”〜中部ブロック委員会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 11月コープ会〜東部ブロック潮来コープ会 | トップページ | どきどき収穫祭“茨城を食べよう! キッズ・マルシェ”〜中部ブロック委員会 »