« 年間計画をたてました〜中部ブロック岩間コープ会 | トップページ | 4月やさとコープ会〜南部ブロックやさとコープ会 »

2016年4月22日 (金)

幼児安全法 講習会~南部ブロック委員会

2016年4月21日(木) コープつちうら店2階コミュニティールームにて
参加者:19名 託児5名

「日本赤十字社 幼児安全法 講習会」を開催しました。
《「幼児安全法」とは、子ども(1歳から学齢前)に起こりやすい事故の予防と救命手当・応急手当の方法、病気への対応の仕方を言います》

講演を聞いて、家の中のいたる所で事故が起こる可能性があるのだと感じました。テーブルの角に頭をぶつける、扇風機に触る、浴槽で溺れてしまう……など、子どもの成長過程においても危険の度合いが変わってきます。また、大人がぬるいと感じる温度であっても、子どもはやけどをするそうです。

前半は座学で話を聞き、後半は隣の人とペアになって応急手当の練習です。三角巾やストッキングを使い、手・指の包帯、手の甲の包帯を実践してみましたが、難しくて思うように出来ませんでした。頭の包帯に関しても、緩いと抜けてしまうし、きつくても頭が痛くなります。

先週は九州地方で地震があったので、着の身着のまま避難所へ行った際に、新聞紙で作るスリッパの作り方も教えていただきました。一時しのぎではありますが、レジ袋で作るオムツも教えてもらいました。

Sb160421_01

Sb160421_02

Sb160421_03

Sb160421_04

参加された方の声としては、
・初めてこのような講習会に参加して、勉強になりました。
・家の中に危険が潜んでいることを改めて知ることができました。
など、好評でした。
私自身は、いざという時に行動できるか不安ですが、まずは落ち着くこと。慌てないで行動することが大切なのだと感じました。

« 年間計画をたてました〜中部ブロック岩間コープ会 | トップページ | 4月やさとコープ会〜南部ブロックやさとコープ会 »

コメント

幼児安全法という言葉すら、初めて聞きましたsweat01
応急手当てにストッキングが役立つんですネ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 年間計画をたてました〜中部ブロック岩間コープ会 | トップページ | 4月やさとコープ会〜南部ブロックやさとコープ会 »