« お茶を楽しみましょう〜中部ブロック水戸北コープ会 | トップページ | 知ってますか?~にんじんの品種統一栽培「ローズキャロット」の取り組み~ »

2015年8月10日 (月)

〜ピースバスツアー〜「第五福竜丸見学会」で平和について考えました〜北西ブロック委員会

2015年8月6日(木) 北西ブロック委員会主催のピースバスツアー「第五福竜丸見学会」が開催されました。
参加者は、一般の親子等34名、北西ブロック委員会の家族等10名で、計44名でした。

Nwb150806_01

今回は、ピースバスツアーで、資料として「いばらき 戦跡・平和マップ」と映画「サクラ花」のチラシも配布しました。
バスの中では、「第五福竜丸」について、紙芝居で予習をしました。この日は、広島に原子爆弾が投下された日で、原爆の恐ろしさについて考えていただきました。

Nwb150806_02

Nwb150806_03

「第五福竜丸展示館」では、はじめに15分くらい第五福竜丸についての説明をしていただきました。昭和29年、太平洋のビキニ環礁でアメリカが行った水爆実験により被爆した第五福竜丸の船体が、そのままの姿で展示してありました。

被爆して日本に戻って来てからも、様々な過酷な苦しみを背負って生きなければならなかった方々についても知りました。
原水爆実験では、他にも485隻の船が被爆し、住んでいた島を離れなければならなかった人達がいたことも知り、この恐ろしい行為に深い憤りを感じました。

Nwb150806_04

世界には、核兵器を保有している国がたくさんあります。地球から核兵器をなくすことは、難しいことなのでしょうか?
以前、「原水爆禁止国民平和大行進」に参加しましたが、この第五福竜丸の被爆がきっかけになったことを、最近知りました。核兵器の恐ろしさを、少しでも多くの方に知って欲しいと強く思いました。

Nwb150806_05

展示館の外には、紙芝居の主人公の久保山愛吉さんの石碑があり、「原水爆の被害者は、私を最後にして欲しい」と亡くなる前に言い残した言葉が書かれています。

Hksb150806_06_2

都内で昼食をとった後、東京臨海広域防災公園内の防災体験学習施設「そなエリア」に立ち寄りました。

Hksb150806_07

1階の「防災体験ゾーン」では、タブレット端末を使って、「防災クイズ」に挑戦しました。災害の疑似体験をしながら、身近なものを活用して防災グッズにしたりと、地震発生後72時間の生存力を身につけられたようです。
2階の「防災学習ゾーン」では、パソコン、ビデオ、情報コーナーなどいろいろ学ぶことができます。
ここは、首都圏で大規模な地震災害が発生した時、国や地方公共団体の緊急災害対策本部が設置されます。災害時に使用されるオペレーションルームを上の見学室からのぞくと、その広さにみなさん驚いていました。

※参加者の感想
・第五福竜丸について聞いたことはあったが、とても勉強になった。
・親子で平和の尊さについて考えることができた。
・紙芝居や施設の方のお話で、子どもにも分かりやすかった。
・とても貴重な体験ができた。今後もピースバスツアーを続けて欲しい。
・災害時の身の守り方がわかった。模擬体験もでき、今後の知恵がついた。
・災害時どう行動するか、考えるきっかけとなった。
・子どもと一緒に、たくさんの勉強ができてよかった。

※今回は夏休みで、親子で参加された方が多く、有意義な見学会だったとのお言葉をいただきました。
帰りのバスの中で、いばらきコープの平和の活動に役立てるため、「平和募金」をお願いしました。1,863円集まりました。ありがとうございました。m(_ _)m

戦後70年経ち、戦争を体験された方も少なくなり、直接話を聞くことも難しくなりました。
実際に、平和の施設に行って、真剣に考える時間はとても貴重なものだと思います。

北西ブロック委員会では、9月11日(金)に、「JA 水戸ひぬま見学会」を予定しています。
立ち寄りには、「予科連平和記念館」があります。ここは太平洋戦争時、海軍飛行予科練習生が教育・訓練を受けた所で、若くして散って行った少年達がいたことを知って、平和について考えて欲しいと思います。

« お茶を楽しみましょう〜中部ブロック水戸北コープ会 | トップページ | 知ってますか?~にんじんの品種統一栽培「ローズキャロット」の取り組み~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お茶を楽しみましょう〜中部ブロック水戸北コープ会 | トップページ | 知ってますか?~にんじんの品種統一栽培「ローズキャロット」の取り組み~ »