« 10月コープ会〜西部ブロック古河コープ会 | トップページ | コープ水戸店19thアニバーサリー »

2014年10月28日 (火)

森永製菓小山工場見学会~南部ブロックいしおかコープ会

2014年10月22日(水)、参加者は、コープ会メンバー6名・組合員27名・非組合員5名・ブロック委員2名の計40名。

今回は、テルテル坊主も涙する雨模様でしたが、キョロちゃんがお出迎えのお菓子の匂い漂う工場敷地に降り立った瞬間、期待に胸がふくらみました♪

141028_1ishioka

初めにエンゼルホールにて、森永製菓の概要説明。その後スクリーンから○○の美味しさの秘密はな~んだクェ?と語りかけるキョロちゃんの進行でチョコレート、ウィダーinゼリー、キャラメルとハイチュウ、ビスケット、アイスの製造過程をDVD映像にて学習しました。

工場内見学は、ビスケット生地→生ラムネ→エンゼルパイ→チョコボール→キャラメルの順で見学。(撮影並びにメモは禁止でした)

141028_2ishioka

小山工場は日本の製菓工場で初めてISO14001という国際基準に合格した工場ということもあって、安全衛生や環境への配慮が見受けられました。

見学中にエンゼルパイの中身のビスケットを試食する事が出来ました。ビスケットの生地は時間をかけて練り、短く焼き上げるとパリッとしたハードビスケットに、練る時間を短くして焼き時間を長めにするとサクサクとしたソフトビスケットになるということも新たに知ったことでよかったです。試食したエンゼルパイの中身のビスケットは、パリッとしたハードビスケットで、マシュマロやチョコとコーティングしていくことで程よいサクサクとした生地になっていくそうです。

見学終了後は、エンゼルショップへ。
よそでは見かけないキョロちゃんグッズや、新しいデザインのお菓子などがあって見ているだけでも楽しめました。

141028_4ishioka

写真は工場オリジナルのお菓子の詰め合わせで、お土産にたくさん購入されていた物です。可愛い巾着にお菓子が詰まっていて、いただいた方にも喜ばれそうですね。

141028_3ishioka

また!ショップで目を引いたのは、「保存用」と記されたマリー缶。万が一の備蓄品として利用出来ますし、缶の裏側には非常持ち出し品と備蓄品の参考リストが印字されていました。「減災お役立ちグッズ」ですね!

参加者からの感想は、
◎お菓子作りの工場は、作り手の夢が伝わってくるので楽しい
◎食品工場ならではの安全・衛生・環境についてが勉強になった
◎案内の方の説明が、とてもわかりやすくてよかった
◎森永のお菓子をみていると、とても懐かしい気分になる。森永のお菓子は昭和時代から私たちと歴史を共にしている
とお話をいただきました。

最後に、天気は雨で残念でしたが、楽しい工場見学会でしたとの感想をいただけたのを嬉しく思います。

次回コープ会は、11月12日(水)に工場見学会の振り返りを行います。

参加者の皆様には工場見学会の間、ご協力をいただきありがとうございました。
今後、お近くのコープ会へのご参加を楽しみにしています(^^)

« 10月コープ会〜西部ブロック古河コープ会 | トップページ | コープ水戸店19thアニバーサリー »

コメント

自分も工場見学会に参加したかのように内容が解りやすく書いてありましたので他の工場見学会に参加したくなりました。お疲れ様でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 10月コープ会〜西部ブロック古河コープ会 | トップページ | コープ水戸店19thアニバーサリー »