« 「いのちのバトンをつなぐために」普通救命講習~中部ブロック委員会 | トップページ | サプリメントを学ぼう〜南西ブロックうしく店コープ会 »

2014年7月 4日 (金)

県西産直センターすいか・とうもろこし収獲体験〜南部ブロック委員会

2014年6月25日(水)。参加者16名。

旬の野菜の畑を確認しながら、収穫体験をして生産者とつながることを目的に、収穫体験を企画しました。

とうもろこしの生産者幸田さんが、朝どりしたとうもろこしを茹でて持ってきてくれました。試食しながら、畑についての説明を聞き、美味しいとうもろこしを出荷するために、一本の木から1つしか収穫しないようにしていることにびっくり。参加者は味を確認したので、たくさんのとうもろこしを収獲されました。

140704_1nanbu
とうもろこしの試食

次に向かったのは、すいかの生産者大久保さんの畑。鳥の被害対策だけではなく、すいか泥棒の対策をしているとのことで、青いネットをめくりあげて見せていただきました。その場で採ったすいかの試食。隣の畑のすいかと味比べをして、味の違いを確認してから、おいしいすいかの畑へ。参加者のみなさんは、たくさんのすいかを収獲しました。

140704_2nanbu
すいか畑の泥棒対策のシートの説明

140704_3nanbu
すいかの収獲

とうもろこしもすいかも、採れたてでとても甘くておいしかったです。
「これならば、ご近所さんや親戚に送っても、安心して食べてもらえる」
参加された皆さん全員がそう言って、たくさん買いました。

次回のブロック企画は、7月31日、「エコ・キッズ探険隊 ガラスで砂絵アート」です。

« 「いのちのバトンをつなぐために」普通救命講習~中部ブロック委員会 | トップページ | サプリメントを学ぼう〜南西ブロックうしく店コープ会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「いのちのバトンをつなぐために」普通救命講習~中部ブロック委員会 | トップページ | サプリメントを学ぼう〜南西ブロックうしく店コープ会 »