« ラブコープキャンペーン | トップページ | ケークサレ作りとコープ会説明会〜北西ブロック田彦コープ会 »

2014年4月30日 (水)

小川珈琲学習会を開催しました〜南西ブロックつくばセンターコープ会

2014年4月23日(水)10時〜12時、コープデリつくばセンター。参加人数33名。

小川珈琲の入口さんを講師に迎え、珈琲の学習会を開催致しました。
コーヒー豆の出来るまでや、産地、焙煎・ブレンドの種類など、軽快な関西弁に乗せて詳しく、そして楽しく解りやすく解説して頂きました。コーヒーの深く、味わい深い世界にどっぷり浸りました(^^♪

私がつくばセンターコープ会の担当になり、初めての学習会でした。初めてお会いするメンバーさんばかりでしたが、機転が利いてよく動いて下さり、学習会がスムーズに進みました。不慣れな私にとって、本当に​大助かりでした。
また、前任の担当さんには的確な指示を頂き、終始頼りっぱなしでした。有難うございました!

コーヒーに関するスライドを拝見しました。
コーヒーの生豆は、コーヒーチェリー(実)の中の種子との事。主な生産国は、コーヒーベルトと呼ばれる赤道付近にあり、それぞれ豆の味が違います。それらを組み合わせて焙煎・ブレンドし、それぞれの特徴を引き出して小川珈琲の味が創られているそうです。
焙煎前にブレンドする“プレミックス”のものより、焙煎後にブレンドする“アフターミックス”の方が、手間やコストが掛かるが風味は豊かになるそうです。
その後、テーブル毎に好きな豆を選び、先生の実演通りに抽出・試飲しました。私のテーブルでは、6種類の試飲が出来ました。

参加者の感想は、
「短い時間でしたが要点が分かりやすく、一通り学ぶ事が出来た」
「自分の好みを見つけて、自宅でもやってみようと思う」
「大好きなコーヒーを飲み比べできる機会などなかなかないので、本当に楽しかったです」
「自己流だったコーヒーの淹れ方、直すきっかけになりました」
と、多くの方に満足して頂けたようです。

140430_1tsukuba

​講師の入口さんの抽出実演。ペーパーフィルターは側部と底部を互い違いに折り、端をつまんで立体に。計量スプーン(1杯8gを使用)1杯=1人分で3人分を量り、ドリッパーを軽く振ってたたき(カサカサ・トントン)、お湯を粉全体に少しずつ注ぎます。20秒経ち、粉の真ん中に2〜3回に分けてお湯を注ぎ、3人分の量が抽出できたらドリッパーを外し、出来上がり。ついお湯を多く入れてしまい「入れたお湯がもったいないから、最後まで…」と今まで思っていましたが・・・美味しくないそうです。

140430_2tsukuba

コーヒーのお供に、ベイクドチーズケーキ(ホイップクリーム添え)、ファミリーチョコ、フルーツミックス(冷凍)を用意しました。フルーツは自然解凍で、コーヒーを試飲する頃には食べごろに。手軽で好評でした^^

140430_3tsukuba

今回試飲させて頂いた商品です。ちなみにお値段は、左側→右側の順になっているそうです(500円台〜900円台)。一番高価なもののお味は・・・とてもあっさり♪私はどちらかと言うと、濃い風味のモカが気に入りました。先生曰く、味の好みは人それぞれ・・・皆さんのお好みのコーヒーを見つけてみてはいかがでしょうか?cafe

次回は、5月15日(木)、つくばセンターにて開催、コープ商品の試食を予定しています。

« ラブコープキャンペーン | トップページ | ケークサレ作りとコープ会説明会〜北西ブロック田彦コープ会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ラブコープキャンペーン | トップページ | ケークサレ作りとコープ会説明会〜北西ブロック田彦コープ会 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログ内検索