« 産地交流&にんじん収穫体験〜西部エリア | トップページ | 恒例の味噌作り〜南部エリアいなしきコープ会 »

2014年1月27日 (月)

行ってきました!!「都路のたまご」施設見学+「まぼろしの人参101」収穫体験ツアー〜南西エリア守谷センター・水海道・常総コープ会主催

2014年1月23日(木)、東洋キトクフーズ(株)「都路のたまご」、県西産直センター「まぼろしの人参101」見学会に行ってきました。参加人数は大人15名、子供2名。

前日の夜、雪が降りました。明日は行けるのか、心配のまま眠り、朝起きたらうっすら雪が積もっていました。
しか~し、朝起きて窓を開けると晴れてる!いい天気だあ!これなら行ける!
ということで、行ってきました・・・・

東洋キトクフーズさん(坂東市)の「たまご洗卵選別包装施設」内を見学。写真はたまごの大きさやパックが二重になっていないか、などを最終的に人の目でチェックしているところです。その日の朝に生まれた卵はその日のうちに店頭に並ぶそうです。流れが速いにもかかわらず、しっかりとチェックしている様子に感動しました。

140127_1nansei

(有)都路のたまご「カロチンE卵α」と他社さんのたまごを同じタイミング、同条件でスクランブルエッグにしました。卵焼きの色や味に違いがあり、あらためてカロチンE卵αの美味しさに納得です。カロチンE卵αはビタミンEが普通の卵の5倍あります。ビタミンEはコレステロール値を下げる効果があり、抗酸化作用があるβカロテンも含まれているので、老化防止や肌荒れにも効果があるそうです。嬉しい限りです^^

140127_2nansei

本日の昼食です。

140127_3nansei

・カロチンE卵αの卵かけごはん。トッピングは、ねぎ、かつおぶし、しらす、天かすと盛りだくさん。お米も有機肥料のみで栽培しているそうです。
 ⇒エリア委員のTさんは、この写真を撮ったあと、卵を二つ乗せて食べていました(笑)
・たまごスープ
・チキンのメンチカツ
・5分でできるカスタードクリーム
・あの有名なつきじ松露の厚焼き玉子です。松露の玉子焼はここの卵をつかっていたんですね。
・その他にカロチンE卵αで作ったスポンジケーキと普通の卵で作ったスポンジケーキの食べ比べもありました。
 ⇒色もコクも違っていました。ケーキ作りにはこの卵でないとダメだという人も多いそうです。

ごはんやメンチカツなどのおかわりもでき、とってもおなかいっぱいになりました。

つづいて、まぼろしの人参101の収穫体験に八千代町へ移動。
なぜ「まぼろし」と言われていると思いますか?
肉質がやわらいため、機械で洗浄しただけで割れてしまい、市場に出す事ができないそうです。実際、掘ってみても割れている人参が多く見られました。育てるのにとても手間がかかり、だんだん生産する人も少なくなってしまっているとのことです。

大きいのが収穫できましたか?

140127_4nansei

にんじんを作る際の苦労話に一生懸命耳を傾けています。写真は生産者の方です。
「にんじんの種を蒔いてから収穫までどのくらいかかりますか?」と質問している方もいました。実際にご自分でも人参を作っているそうです。

140127_5nansei

これは収穫したものの一部です。皆さん、たくさん収穫してきましたよ。
土付きの人参なので、土の中に埋めて保存するといいそうです。
家に帰って早速生で食べましたが、あま~い。柿くらいの甘さがあるんですよ。

140127_6nansei

参加した皆さんも、とても楽しかった、というご感想ばかりでした。
ブログを書いているこの私もとても楽しい一日でした。あ・・・もちろん、勉強にもなりましたよ^^ また、こういう企画に参加したいです。

« 産地交流&にんじん収穫体験〜西部エリア | トップページ | 恒例の味噌作り〜南部エリアいなしきコープ会 »

コメント

茨城県にはたくさんのおいしい食材があるのですね~
食べたくなりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 産地交流&にんじん収穫体験〜西部エリア | トップページ | 恒例の味噌作り〜南部エリアいなしきコープ会 »