14 産地・工場見学

2017年9月25日 (月)

バス工場見学〜南西ブロック筑穂コープ会

2017年9月13日(水) グリコ・ピアイーストにて
参加者:30名(コープ会メンバー8名 一般19名 ブロック委員1名 子ども2名)

9月13日(水) 参加者30名でグリコ・ピアイーストに行って来ました。
最初にビデオ上映で創業者の江崎利一氏の思いやチョコレートができるまでを学習してから、2班に分かれて、工場見学をしました。ガイドさんがとてもわかりやすく説明してくださいました。バイアフリーであったため、高齢の方も負担なく移動できました。
甘いチョコレートの匂いの中ポッキーの製造の見学、そのあとプリッツの製造の見学をしました。見学後にクイズコーナーがあり、早押しクイズ大会で盛り上がりました。販売所もありましたので限定商品も買えて良かったです。
その後、道の駅ごかで食事と買い物をして、帰りにモンテール直売所に寄り買い物をしました。
大変楽しい工場見学会になりました。

参加者感想
・わかりやすく説明してくれて良かった。
・ゆっくり見学ができて良かった。
・限定品が買えるのが嬉しい。
・写真スポットもありよかった。
・クイズコーナーも楽しかった。

Ckh170913_01

Ckh170913_02

Ckh170913_03

2017年9月22日 (金)

バス工場見学会の反省会をしました~南西ブロック筑穂コープ会

2017年9月20日(水) 16時~16時30分 つくば市大穂にて
参加者:コープ会メンバー8人 ブロック委員1人(コープ会登録メンバー10人)

「バス工場見学について」
グリコピア・イーストバス工場見学に行ってきました。お天気に恵まれ大変楽しい見学会になりました。メンバーさんがテキパキと動いてくださり、トラブルもなく予定通りにできました。大変有意義な工場見学会になりました。
本日の試食の代わりにブロック委員おすすめの「ふしぎクロス」をお配りしておうちで使ってみていただくことにしました。この「ふしぎクロス」は油汚れもさっと拭き取ることができてさらに水で洗えばさっと汚れが落ちます! 担当ブロック委員は使い始めたら、もとの雑巾にもどれなくなりました(^.^) 来月、みなさんに感想をお聞きするのが楽しみです。

Ckh170920_01

Ckh170920_02

次回予定:10月11日(水)
コープ商品の試食

2017年9月19日 (火)

☆トマトでお馴染みカゴメ(株)那須工場見学会☆~北西ブロックひたちなかコープ会

2017年8月28日(月)
参加者:44名(一般参加18名 お子さん13名 メンバー11名 ブロック委員1名 副ブロック員1名)

~自然を、おいしく、楽しく、カゴメ~
(^_^) 爽やかな天気、笑顔の皆様とコープひたちなか店よりカゴメ那須工場へと出発しました。

工場到着後、映像でカゴメの歴史、取り組みを学び、実際歩いての工場見学となりました。時期により、収穫できる野菜にあわせて加工している話、いつも美味しく飲んでいるジュースの作り方、考え方など、見て聞いて安心でき、とても勉強になる工場見学となりました。

★感想★
・映像でみてから、実際工場内見学でとてもわかりやすかったです。
・社名由来がわかったので、みんなに教えてあげたいです。
・とても勉強になり満足! 楽しかったです。

お帰りの際には、
☆coopバターチキンカレー
☆coopきのこカレー
☆coopハッシュドビーフ
☆coop根菜カレー
☆coopキーマカレー
5点のうちいずれか1点をお持ち帰りいただきました。

Htcnk170828_01

Htcnk170828_02

Htcnk170828_03

次回、ひたちなかコープ会は、9月22日(金)
ひたちなか店にてスイーツ作りです(*^^*)

2017年9月18日 (月)

憧れのタカキベーカリー工場見学会〜南西ブロック龍ケ崎コープ会

2017年9月15日(月)
参加人数:24名(組合員10名 非組合員2名 コープ会メンバー10名 ブロック委員2人)

「タカキベーカリーは人を育てるところから始めています」と若い工場長がゆったりとした表情で工場の案内をしてくださいました。工場をのぞくと、職人さんが慣れた手つきでパンを丸めていました。「あの作業は簡単そうに見えて素人や、入りたての職人ではああはいかないんです。空調で温度管理していても、暑い日、湿度のある日、その日その日で生地の状態が違う、それは機械ではわからない、だから熟練の職人が手でこねて一つずつ確かめる! たとえお金がかかっても、たとえ時間がかかってもその職人を育てていく、そこがタカキベーカリーの大切にしているところです」。そう語る工場長の誇らしそうなお顔がとても印象的でした。

タカキベーカリーHP

Rugsk170915_01

工場見学の後は素敵なテーブルセッティングで迎えてくださいました。

Rugsk170915_02

おいしいパン作り体験

Rugsk170915_03

パンをくりぬいた中に、ポテトサラダとスパゲティのソースを混ぜたものを詰め焼きました。詰めてる時から美味しそう~

Rugsk170915_04

カリカリパンにはクリームチーズとトマトが似合います!!

Rugsk170915_05

パンに合わせてこんなに贅沢なランチ!!!

・CO・OPのチラシでタカキベーカリーさんのパンに出会いましたら買ってみたいです
・冷凍のパンは買ったことがなかったけど、今度買ってみたいです。
・個人ではなかなか参加できない貴重な企画に参加させていただいて楽しかったです。
・工場見学、DVDともに親しみのわく見学会になりました。
などの感想が寄せられました。

【工場見学の流れ】
写真撮影➡タカキベーカリーの沿革と説明➡DVD(アニメーション)➡工場見学➡パン試食会➡写真とお土産をいただきお別れ
タカキベーカリーさん心を込めたおもてなし本当にありがとうございました。

次回の龍ケ崎コープ会は、10月13日 10時30分〜 豊作村にて
試食をする予定です。

2017年9月15日 (金)

タカノフーズ(株)に工場見学に行ってきました。〜東部ブロックすずらんコープ会

2017年8月30日(水)
参加人数:40名(コープ会メンバー13名 一般組合員1名 お子さん24名 ブロック委員2名)

夏休みも終盤の8月30日に小美玉市にあるタカノフーズ(株)に工場見学に行ってきました。お天気が心配されましたが、すずらんコープ会の晴れ女の皆様のおかげで雨は大丈夫でした。

工場到着して先ずガイドの吉田さんのお話を聞き紹介DVDを見ました。
原料の大豆や菌、製造過程についてこだわりや「安全でおいしいものをつくりたい」の思いがよく分かりました。納豆菌は種類が多く2000種ほど発見されているそうです。こちらの水戸工場では従業員は400名いて、1日に200万パックの納豆を製造しています。
その後、いよいよ工場見学に出発です。子どもたちも興味しんしんで生産ラインを見ていました。吉田さんのお話もとっても分かりやすいです。
戻ってきてお楽しみの試食タイムです。今日は5種類をご用意いただきました。
最後に納豆博物館と直売所を楽しみました。見かけない商品もあり、皆さんお買い物を楽しみました。

Szrn170830_01

Szrn170830_02

Szrn170830_03

Szrn170830_04

〈参加者感想〉
勉強になりました。普段何気なく食べている納豆ですが、出来上がるまで4日もかかりびっくりしました。パックに入れてから発酵させているのを初めて知りました。作業に入る前の徹底した検査、毎日の機械洗浄等、食品を扱う工場の品質管理を間近に見られて良かった。

当日は予定時間より早くに到着しましたが、快く対応していただきました。参加された皆さん、タカノフーズの皆さん、ありがとうございました。

次回の予定
9月22日(金)
工場見学の振り返りとコープ食パンの食べ比べ

2017年9月14日 (木)

大人気! キユーピー五霞工場見学へ〜東部ブロック鹿嶋コープ会

2017年9月12日
参加人数:メンバーさん4名 組合員さん13名 ブロック委員2名 計19名

今回のキユーピー工場見学は大人気で、定員を上回る応募があり、抽選となりました。落選された組合員さん申し訳ありませんでした。鹿嶋からは遠くて計画すらできない場所でしたが、圏央道が繋がったこともあり企画するとこができました。メンバーさんには、参加費徴収やおやつ配りと色々お世話になりました。ありがとうございました!

工場に入ると大きなマヨネーズのオブジェが!
予定より少し早めに着いたので、先にこのマヨネーズの前で集合写真を撮りました。まずはQPルームという部屋に通され、映像を観ながら学び、その後移動しながら生産ラインを見学させていただきました。工場内は、ただ見るだけでなく色々な工夫施されていて子どもから大人までが楽しめるようになっていました。マヨネーズやドレッシングに使われるお酢は、自家醸造で作られていること、また食品だけではなくサプリメントや化粧品も作られているそうです。
オープンキッチンでは色々な種類のマヨネーズやドレッシングがあり、バジルソースを使ったチャーハンなども試食させていただきました! 隣には売店もあり、皆さんお買い物も楽しまれていました。

参加者さんの感想
・食品を扱っているので安全面、衛生面を重要視している事に感心して安心しました。
・色々な味を試食できて良かったです。
・見る、食べる、買う、楽しいひと時でした。
・工場の説明が良く理解できました。

見学後は、道の駅ごかに寄り昼食と買い物タイム。皆さん、集合時間より早くバスに戻られたので早めに帰って来られました。

Ksm170912_01

Ksm170912_02

Ksm170912_03

次回予定
2017年9月12日
鹿島センターで最後のコープ会
鹿嶋、はまなす合同コープ会です。

※お知らせ※
2017年9月16日 新鹿嶋センターでオープン記念イベントを開催します。(稼働は9月25日からになります)
ブロックニュースはろっこ9月号には参加券が付いております。また試食、販売も予定されておりますので、ぜひご参加ください!

2017年9月12日 (火)

県西産直センター「梨収穫体験&生産者との交流会」~西部ブロック委員会企画

2017年9月6日(水) 10時~13時30分
参加者:総代12名 子ども2名 ブロック委員6名 理事1名

『グリーンBOX』の産地である県西産直センターさんのご協力により、総代さん向けの梨収穫体験と学習交流会を開催しました。心配していた通りの雨模様となりましたが、一人のお休みもなく現地に集合しました。県西産直センターの飯塚さんの案内で、今回梨収穫体験をさせていただく畑へ移動します。

畑へ到着!
梨の生産者の田崎さんから梨収穫体験にあたっての注意点などのお話を聞きました。ちょっと頭が当たってもすぐに梨が下へ落ちてしまうそうです。収穫前に、採りたての梨の試食をしました。その美味しさに雨など気にならないほどです。

早速、梨畑へ! たわわに実った梨に目移りします。

Wb170906_01

収穫体験の後、センターへ戻り、用意してくださっていた昼食をいただきました。

昼食後、生産者の方との交流会です。スイカの生産者の安達さんと梨生産者の田崎さん、それから今回は青年部から部3名の方も参加していただきました。

Wb170906_02

安達さんは主に西瓜の生産をしている立場からのお話をたくさんいただきました。美味しい西瓜ができるためには土作りがとても大切だそうです。また、常に現状で満足せずにより良い西瓜を目指しているということでした。西瓜作りの魅力はなんと言っても西瓜が美味しいからという言葉に、安達さんの西瓜への愛情を感じました。
梨の生産者の田崎さんからは、梨は一年一作と言って一年手塩にかけてやっと収穫できる果物だとのお話をいただきました。季節ごとに様々な作業をこなしていく大変さが伝わりました。
また、青年部の部長の大久保さんのお話では収穫直前の西瓜泥棒への対策の大変さなどのお話を聞くことが出来ました。青年部には20代~40代の方が20人ほどいるそうです。生産者の高齢化が心配されていますが、最近では、40才位になってから農家に戻ってくる方も多いそうです。
県西産直センターの飯塚さんからは、グリーンBOXについてのお話がありました。グリーンBOXで取り扱っているローズキャロット(正式名称はクリスティーヌ)がどのように作られているか写真を見ながら説明を聞きました。グリーンBOXの野菜は有機肥料を使って手間隙かけ、工夫しながら育てていることが良く分かりました。

参加者の感想です。
・一年間の梨を育てる様子を聞き、とても大切に育てられてることを知り感動でした。
・今はUターンで農家をやってくださっている方たちも増えてきたそうで、将来に望みがあり消費者も安心です。
・子どもと参加でき、楽しかったです。生産者の皆さんがどういう思いで作られているか良く分かりとても良かったです。
・土作りに数ヶ月かかると聞いて、野菜って労力の割りには安いなと改めて思いました。また、グリーンBOXを利用しようかなと思いました。
・生産者の方から日頃の大変さをお聞きして、これからは野菜を見るとお顔が思い出されると思います。また、青年部の方にお会いして頼もしく思いました。

これからもずっと、安心、安全、そして美味しい野菜や果物を生産者の皆さんに作っていってもらうために私たち消費者に出来ることは、産直の野菜、果物を積極的に消費することです。お試しでグリーンBOXを利用することも出来ます。少人数のご家庭向けにグリーンBOXミニもあるので、一度ご利用なさってはいかがでしょうか?

少しでも多くの皆さんに産直について知ってもらうために、これからもこのような企画を考えていきたいと思います。

2017年9月 4日 (月)

☆森永製菓(株)小山工場見学会を開催しました☆~中部ブロック桜川コープ会

2017年8月30日(水) 栃木県小山市にて
参加人数:参加者38名(メンバー8名 一般組合員10名 小学生18名 理事1名 ブロック委員1名)

私が水戸市を出るときは強い雨風でした。台風15号の影響で関東地方には注意の天気予報です。見学先は、工場内で天候には左右されないのですが、朝の集合時や立寄り先の道の駅での行動が参加者に申し訳ないと思いながら車を走らせました。
小学生の体調不良で1名残念な欠席はありましたが、38名の元気なメンバーで桜川市総合運動公園を予定通り出発です♥♥♥ もちろん運転手さんやガイドさんの笑顔も一緒です。
桜川市は、少し雨でしたが途中から雨も止み! 参加者から天候を心配する声も消えました。バスの中では、中部ブロックの〈エプロンニュース9月〉を配布してコープ会についてや桜川コープ会へのお誘いをしました。
50分ほどで森永製菓(株)小山工場に到着です~大きな巨大キョロちゃんが工場正面前に見えたときには子ども達から歓声があがりました。予定より30分早く現着したのですが、工場見学案内の方が出迎えてくださりそのまま1Fのエンゼルホールに集合しました。

Skrgw170830_01

巨大キョロちゃん

エンゼルホールではウェルカムお菓子(チョコボールかパックンチョのいずれかを選択)や衛生キャップをいただきます。
小山工場の歴史と概要をビデオで見ながらお話を伺いました。森永製菓の願いは「エンゼルのように地球と人と社会にやさしく」なので数多くの取り組みを知ることができました。
今日見学する小山工場は、チョコボール・ハイソフトキャラメル・エンゼルパイ・生ラムネなど約30種類の製品を生産しています。さあ(^^♪ 2班に分かれて工場内に移動です。工場内は、撮影禁止になっています! しっかり見てみんなで発見してきます。

Skrgw170830_02

エンゼルホールでウキウキ

工場内に入る時は、森永製菓で働く方と同様に私たちも衛生管理に基づき、エアーシャワー他手洗い消毒までしっかり清潔にします。子どもも真剣に取り組み工場内に入りました。
小山工場で一日で製造しているキャラメルは、12粒入りを11万箱、チョコボールは25gの箱を17万箱、エンゼルパイは6個入りを4万箱、生ラムネ袋入りを8万袋です。約300人の方が安全で衛生的に環境にやさしく働いています 一部ラインや機械が止まっていたこともありましたが通路内の展示物や掲示で詳しく学びました。
帰りは、エンゼルショップでお買い物を楽しんだり、青空の下で家族やグループがキョロちゃんと笑顔で記念撮影をしました。

Skrgw170830_03

工場見学記念

Skrgw170830_04

ママはエンゼルショップに私たちは♥

〈参加者感想〉
○森永製菓の歴史を学び、お菓子作りの工程を見る事ができて良かった。
○エンゼルパイに入っているものがわかり、新しい発見でした。
○工場内がとても衛生的で、働いている方とすれ違うと「こんにちは! いらっしゃいませ」と爽やかです。
○説明が子どもにも分かりやすく、夏休みの子どもとゆっくりふれあうことができて楽しいです。
○キャラメルの大きな塊の流れや箱入りと袋入りの形や包装の違いが分かり、勉強になりました。
○でき上がった製品を人間の訓練された感覚で一つひとつ確認している姿を見て製品に対する 愛情を感じました。

〈コープから組合員さんへ試食品〉
○CO‐OP麦茶家族みんなに嬉しいノンカフェイン600ml
○CO‐OPいろいろ入ったお好み種

天候もすっかり晴れ上がり、一日楽しく学習したりお買い物をしたりできました ご参加いただきましたみな様ありがとうございました。企画を立てたメンバーさんはじめ森永製菓の方、安全にバスを運行していただいたみな様お疲れ様でした。まだまだ、中部ブロックでは工場見学や学習会が続きます。みな様のご参加をお待ちしています。

次回の桜川コープ会企画学習会の予定は12月13日(水) 岩瀬中央公民館1Fにて
「ギョーザの学習会」です。

2017年8月 8日 (火)

甘い! とうもろこしを収穫!!~阿見産直センター産地見学会~北西ブロック委員会

2017年7月21日(金)
参加者:一般11名 理事1名 ブロック委員4名 合計16名

阿見産直センターの圃場にて、今が旬のとうもろこしを収穫してきました(*^^*) 参加された方の多くが初めての体験との事で、自分の背丈よりも高いとうもろこしの幹の中へ、大きなとうもろこしを探しに潜り込んでの収穫です! 予定時間よりも、かなり早く始めたのですが、気温は既に30℃近くあり、皆さん全身汗だくになりながら、大きなとうもろこしをたくさん収穫されてました。

予定より早く収穫が終わってしまったので、産直センターの田中さん、生産者の矢口さんのご好意で収穫前の梨園を見学させていただきました。急な行程の変更でしたが、皆さん樹齢120年の梨の木を見ながら、たくさん質問されてました(^o^) また、採りたてのとうもろこしを試食でいただき、とても甘く、帰ってから食べるのがまた楽しみになりました♪
昼食の時もたくさん質問され、楽しい交流がもてた時間になりました。
その後は、予科練平和記念館と雄翔館を見学してきました(^_^) 平和を考える良い時間になりました!

参加された皆さんから
・生産者の方のお話が聞けて大変勉強になりました。
・初めてのとうもろこし収穫体験は暑か ったけど楽しかったです♫
・梨園の見学120年の梨の木があり、すばらしいです。
・田中さんと矢口さんの熱意を感じました。
など、たくさんの感想をいただきました。

Nwb170721_01

Nwb170721_02

Nwb170721_03

暑さを体感!! 株式会社金吾堂製菓、工場見学に行ってきました!〜南西ブロック研究学園来夢の杜コープ会

2017年8月2日(水)
参加人数:29名(一般組合員6名 コープ会メンバー7名 子供14名 ブロック委員2名)

研究学園来夢の杜コープ会主催で株式会社金吾堂製菓へ行ってきました。真夏のお煎餅工場は暑くて大変(^-^ゞと身構えていましたが、予想に反して風もあり涼しい一日となりました♪

株式会社金吾堂製菓さんは、本社が東京にあり、工場は岩手県と栃木県に2つあります。今回見学させていただいた栃木工場ではco-op国産米の直火胡麻煎餅、co-op国産米の直火醤油煎餅、co-op国産米草加煎餅醤油、co-op国産米の直火草加煎餅胡麻を作っているそうです。

Rim170802_01

~事前に説明をしていただきました~

Rim170802_02

~では、見学スタート♪~

・米を洗米、製粉し、蒸かしてから成形します。この時、蒸かしたてのモチモチ熱々のお餅を試食させてもらいました。
・その後、第一乾燥(1台に1500枚入る乾燥機)で70℃で5時間→箱詰め(特注の段ボールで2日程寝かせる)→エックス線検査→第二乾燥(ホイロ)

Rim170802_03

~いよいよ、焼きのエリアへ~

・焼成
7分程で焼きあがり、醤油で味付け→100℃で40分更に乾燥させて袋詰めして完成です(^o^)/ 焼きあがったお煎餅をみんなで試食しました。あったかいお煎餅を食べられるなんて滅多にないので、みんな大喜びでした!!

~参加者からの感想~
・金吾堂さんの細かいところへの気配り、目配りに感動しました!
・異物の混入にも細心の注意をしてくださっていることを知りました。
・見学用に造られていない建物にかかわらず、見学を受け入れてくださってありがとうございます。貴重な体験ができました。

~その他の立ち寄り先~
◆まくらがの里こが
こちらは茨城県内最大級の道の駅ということもあり、お土産が充実していたり、イベントがあったりと各自ゆっくりと過ごせました。“おったまげ天丼”というのが名物らしく、挑戦している組合員さんも何人かいらっしゃいました。

次回のコープ会は、8月22日(火)
コープ商品の試食と工場見学の反省会を予定しています。

より以前の記事一覧