13 平和・ユニセフ・フードバンク

2017年2月 3日 (金)

総代優先企画ピースバスツアー『第五福竜丸展示館』見学会に行ってきました!〜中部ブロック委員会

2017年1月31日(火) コープデリ笠間センター&コープ水戸店集合
参加人数:40名(地域理事 ブロック委員含む)

当日は凛とした冬晴れで冠雪した富士山がとても綺麗に見える中、江東区夢の島公園内に展示されている第五福竜丸展示館に向かいました。

Cb170131_01

展示館内には、遠洋漁業に出ていて被害にあった木造漁船「第五福竜丸」の船体が展示されてて、その船体の下でボランティアガイドの方が丁寧に分かりやすく当時の様子をお話してくださいました。

Cb170131_02

昭和29年3月1日、太平洋のマーシャル諸島にあるビキニ環礁でアメリカが行った水爆実験によって爆心から東方150kmの海上にいたマグロ漁船「第五福竜丸」が被害を受けました。そして、放射能を浴びた珊瑚の灰は甲板に足跡がつくくらい降り積もったとの事です! 2ヶ月後の5月頃から強い放射能を含んだ雨が降り日本に不安が広がったとのお話には、かつて子供の頃「雨に濡れると禿げる」とか「服に穴があく」と親に言われたのを思い出しました!! とのお声をたくさんいただきました。説明をいただいたあとは、館内の展示パネルや水爆被災に関する写真をじっくりと見ながら涙する方も……。

Cb170131_03

乗組員23名の中の無線長だった久保山愛吉さん(当時40歳)は、被爆した半年後の9月に【原水爆の被害者はわたしを最後にしてほしい】の言葉を遺して亡くなったそうです! この言葉が原水爆の無い未来に繋がっていくことを願いたいと思います。

Cb170131_04

バスの車中では、1945年8月広島で原爆の被害を受けた茂木貞夫さんと高橋久子さんの被爆後の半生が紙芝居で表現された「次世代に伝えたい紙芝居」のDVDを流し鑑賞! 皆さん熱心に見いってくださいました。

◎参加者感想
●子供の頃に親から聞き、気になってたので見学出来て説明も聞けて良かった。
●第五福竜丸保存に力を尽くしてくれた武藤さんに感謝です。世界中の方に見て欲しい。
●ボランティアガイドさんのお話がとても分かりやすかった。
●紙芝居の鑑賞も平和を考える企画に合っていて良かった。
●次世代に向けて今の平和を守るべきだと痛感しました。
等々……皆さん今回の見学会において平和とはと言うことを改めて考える事が出来た! と参加できたことを喜んでくださりました。また、私達ブロック委員にもたくさんのねぎらいの言葉をいただきありがたく思いました♪
また、総代さん及び組合員さんに喜んでいただける企画を考えたいと思います(^^)

♡今回の見学会で〔平和募金〕に1,300円のご協力をいただきました♪ ありがとうございました(*^^*)♡

2016年12月21日 (水)

謎の戦跡? 百里原海軍航空隊跡地を見学してきました

県内の平和施設、戦跡調査の一環で行ってきました。
2016年11月30日(水) 11時~12時 茨城県小美玉市山野
参加者:平和担当職員1名 理事2名 小美玉市の平和団体の方1名

百里原海軍航空隊は、筑波海軍航空隊の分遣隊として、昭和14年12月実用機専修、練習機専修の目的で設置されました。予科練生の訓練も行われ、末期には特攻隊が編成され、沖縄方面の特攻作戦に従事しました。
この日は、出撃前に兵士がお参りした百里神社と鳥居、石碑を見ることが出来ました。戦後再建されたものですが、どんな気持ちで参ったのだろうと、想いを巡らせました。 また、近くには、航空隊営門の門柱と、滑走路だったと思われる道路を見ることが出来ました。
その後、農家の敷地内にある謎多き戦跡を見学しました。近くの人しか知らないもので、市の調査では長波方位測所跡、防衛省資料室蔵の航空隊配置図によると、光学兵器整備場ではないかという事です。未だにここまで残っているの珍しく、戦争を伝える戦跡として保存が望まれます。

Hkr161130_01

Hkr161130_02

謎の戦跡、長波方位測所跡とも光学兵器整備場とも言われている。

Hkr161130_03

当時の建物のつくりが良くわかる。

Hkr161130_04

百里神社の石碑

Hkr161130_05

百里神社の鳥居

Hkr161130_06

百里神社の祠

Hkr161130_07

航空隊営門の門柱

Hkr161130_08

Hkr161130_09

滑走路と思われる真っ直ぐな道路

2016年12月 6日 (火)

霞ヶ浦海軍航空隊本部跡地(茨城大学農学部井関農機茨城センター)を見学してきました

2016年11月30日(水) 14時~16時 阿見町中央3-21-1、阿見4818
参加者:平和担当職員 理事2名  あみ観光ボランティアガイド3名

戦跡・平和マップ記載の戦跡ではありますが、より詳しいお話を聞くため、あみ観光ボランティアガイドさんと茨城大学農学部周辺の戦跡を巡って来ました。
霞ヶ浦海軍航空隊は、水上機及び陸上機の練習場として、霞ヶ浦があり最適な場所という事で、大正10年に霞ヶ浦飛行場ができました。英国のピンセル教育団の講習が行われ、大正11年に海軍航空隊3番目として開設されました。
その後、昭和14年から15年に土浦海軍航空隊が開隊されるまで、予科練教育も行われました。
戦後は、私立霞ヶ浦農家大学→県立農家大学→茨城大学農学部となり、戦跡は数多く残っています。学校であった事で戦跡が残りやすかったのではないかと思いました。
また、隣接する井関農機茨城センターは、昔中央格納庫だったそうで、そちらも見学させていただきました。

Ksmk161130_01

方位盤の説明文

Ksmk161130_02

水戸、秋田の字が見て取れました

Ksmk161130_03

第一士官宿舎階段親柱説明文

Ksmk161130_04

第一士官宿舎階段親柱

Ksmk161130_05

防空壕

Ksmk161130_06

説明を受ける生協一行

Ksmk161130_07

軍艦旗掲揚塔説明文

Ksmk161130_08

軍艦旗掲揚塔

Ksmk161130_09

井関農機茨城センター

Ksmk161130_10

当時の雰囲気が伝わる建物

2016年11月24日 (木)

被爆体験紙芝居(茂木貞夫物語)実演会を開催しました

2016年11月12日(土) 10時~12時30分 コープうしく店にて
参加者:31名

コープうしく店で、被爆体験紙芝居の実演会を行いました。
この紙芝居は、県内在住の被爆者茂木貞夫さんの体験談をもとに、茨城県連ピースアクション実行委員会の依頼で、茨城大学紙芝居研究会が製作したものです。
当日は、茨大4回生の赤間さんに実演していただき、その後、茂木さんご本人に体験をお聞きしました。体験を聞いて涙する参加者もいらっしゃいました。平和担当からピースアクションinヒロシマの参加報告も行い、その後、すいとんを食べながらの交流会となりました。
参加者からは、若い学生さんが関わられている事に驚いた。茂木さんの話を直接聞ける機会があり貴重な体験だった。などの感想が寄せられました。
被爆者さんが元気に活動されている事は、本当に奇跡的な出来事が重なった結果だと改めて実感しました。開催にあたって、テーマネット「あひるの会」、南西ブロック委員会さんにご協力していただきありがとうございました。

Ksbi161112_01

Ksbi161112_02

実演する茨城大学の赤間さん

Ksbi161112_03

体験を語られる茂木貞夫さん

2016年11月 2日 (水)

茨城にも有った基地問題の歴史、百里平和公園を見学して来ました

2016年10月19日 1時半~2時半 茨城県小美玉市百里311-3415
参加者:2名(平和担当理事、職員)

県内の平和施設、戦跡調査の一環で行って来ました。
百里が原は、戦後満州などから引き揚げて来た人々が機銃弾や爆弾の破片の中を開拓して来ましたが、1955年に航空自衛隊の百里基地建設計画が持ち上がり、農機も無く食料難であったので、多くの開拓民がやむなく土地を売り渡しました。
その後、基地に反対する地主がその土地を売らず、飛行機の誘導路はまっすぐにならず、「くの字」に曲がったものになりました。
全国の人々が土地を一坪づつ所有して、基地拡張を許さないという運動を全国に先駆けて展開して来ました。そして、基地に反対して土地を売らなかった地主さんが平和公園を作りました。沖縄の基地問題は、全国的に知られていますが、こんな身近に基地問題の歴史が有ったんだと驚きました。見学中何度か自衛隊機が通りました。付近住民が騒音に悩まされているのは確かなようです。

Hkr161019_01_2

普段はこの門の鍵がかかっています

Hkr161019_02

Hkr161019_03
土地がくの字に曲がっている事を確認出来ました。
Hkr161019_04

平和公園内の建物

Hkr161019_05

公園を管理されている平和団体の皆さん。この日は草刈りが有り開門されていました。

Hkr161019_06

Hkr161019_07

公園内には神社も有りました。

2016年10月27日 (木)

現在も使用されている戦跡……北浦海軍航空隊跡地見学

2016年10月19日 11時~12時 茨城県潮来市大生
参加人数:2名(平和担当職員 理事)

県内の戦跡調査の一環で、北浦海軍航空隊跡地を見学してきました。
北浦海軍航空隊とは、昭和16年10月に鹿島海軍航空隊の分遣隊として独立し、その後練習航空隊に指定され、水上機操縦教育を担当していたそうです。施設の建設の際には、朝鮮労働者達が働かされていたそうです。
現在は、潮来マリーナがあり、当時からあるドック(港)の半分は釣り堀となっています。戦跡がそのまま使用されている事に驚きました。
本部や兵舎跡地は、現在茨城大学広域水圏環境科学教育研究センターと老人ホームになっています。それ以前は学校があったそうで、軍の施設があった所は、教育機関など公共の施設になって行った事がわかりました。

Kka1019_01

Kka1019_02

水上機スリップ(水上機の離着陸用傾斜)後方が、コンクリート貼りの滑走台

Kka1019_03

北浦航空隊物故者水難者慰霊塔 何故か魚の供養塔と並んでいます。

Kka1019_04

跡地に建つ茨城大学広域水圏環境科学教育研究センター

Kka1019_05

茨大研究センターの前に建つ北浦海軍航空隊跡地の碑

2016年10月24日 (月)

ピースバス〜筑波海軍航空隊記念館に行って来ました〜北部ブロック委員会

2016年10月19日(水)
参加人数:18名

秋の季節が深まりつつある日に笠間市にある「筑波海軍航空隊記念館」にピースバスツアーで行って来ました。バスの車内にて「次世代に伝えたい紙芝居〜茂木貞夫物語〜」のDVDを鑑賞しながら移動していきました。

Nb161019_01

茂木貞夫物語を車内にて上映。

Nb161019_02

記念館の施設は、日本最大規模で現存する戦争遺構で、霞ヶ浦海軍航空隊の友部遣分隊として開設され、特攻の実行が最初に決められた地になるそうです。海軍の航空隊になるので甲板からの離着陸を想定して滑走路は700mしかなく、操縦訓練はとても技術が必要だったとのことです。
航空隊の隊員は、エリートで体力のある10代〜20代前半の若者が多く、戦況が悪化すると軍からの指令で「体当たり攻撃(特攻)」が出され「神風特別攻撃隊」として多くの若者が出撃し命をおとしました。
館内には、出撃する前に残した遺品があり、家族・大切な人に向けた言葉が溢れる感情を抑えて記されていました。
映画「永遠の0」のロケ地で多くの人に周知されるようになりましたが是非1度は訪れて「戦争」と「平和」について考えて欲しい場所だと思いました。

Nb161019_03

Nb161019_04

Nb161019_05

Nb161019_06

Nb161019_07

滑走路は、とても短いと感じました。

Nb161019_08

白い絹のマフラーに書いた家族宛ての手紙

午後は、立ち寄り先「コープひたちなか店」にてお買い物をしました(*^^*)
ハロウィン仕様に飾られていてワクワクしながらお買い物をしました❤ 鮮魚コーナーも新鮮なお魚が綺麗に並べられていてオススメの食べ方のコメントもあり助かります。沢山お買い物をしてしまいました(≧∇≦)

Nb161019_09

ハロウィン仕様でワクワクお買い物〜♪

Nb161019_10_2

新鮮なお魚がいっぱい〜❤

ー感想ー
・優秀な学生が特攻で命を落としたことは、日本の繁栄にマイナスになったと感じました。
・記念館のガイドさんの説明がわかりやすく熱意を感じ、胸の奥までしみわたりました。ありがとうございます。
・当時の私物や展示物が沢山あり、懐かしさでタイムスリップしたようです。
・ピースバスツアーに参加しなければ記念館に来られなかったので今回の企画に参加出来て良かったです。
・貴重な建物や資料を見聞き出来ることは とても大切なことなので是非施設を存続させていただきたいと思いました。

北部ブロック理事 鈴木

2016年10月11日 (火)

平和グループあひるの会共催ピースバスツアー〜南西ブロック委員会

2016年10月2日(日)
参加人数:メンバー5名 一般組合員11名 理事 計17名

【筑波海軍航空隊記念館】
この施設は「永遠の0」のロケ地になったところです。それまでは近くに住んでいる方たちにも知られていなかったようです。友部分遺隊から独立した施設でここに来る練習生はエリートで海兵隊のあこがれだったようです。半年という通常よりも短く厳しい訓練を経て出撃しました。

Swb161002_01

病室の再現

Swb161002_02

窓ガラスが爆風で割れないようにテープが貼られています

Swb161002_03

海兵隊は首元が冷えないように首にスカーフを巻いています。そのスカーフを外してそこに書いた遺書。歪んでいる意味がわかりました

Swb161002_04

号令台 

学校でいえば高い朝礼台のようなものでしょうか。現在も当時のままの姿を残しています。

閉館の危機もあるそうですが、是非残していって欲しいと思います。

【水戸市平和記念館】
水戸駅近くの街中にある小さな施設です。ガイドさんより当時の様子を話してもらいました。
焼夷弾は、小さいがコールタールが含まれていて衣服や皮膚に付いてしまったら燃え尽きるまで消えないこと。それをピッケルではがしたこと。1t爆弾は建物を破壊するもの。主に県庁所在地が狙われ一面焼け野原にしてしまったこと。原爆は子孫の代まで破壊することなど、現在何の不自由もなく暮らせていることが不思議なくらいの復興力があったのだと驚きます。
体験談なども展示してありましたが、以前は高齢になったご本人の手記が多かったように思えます。今回気付いた事は「私の父が……」とか「私の祖父が……」と言い継がれたことが多く載っていたことです。体験した方が少なくなってきている今、私たちも教えていただいた事を次の世代に引き継いでいく事が使命だと感じました。

Swb161002_05

火の粉を落とすのに役立ったピッケル

2016年9月19日 (月)

ピースアクションinヒロシマに参加して来ました。

2016年8月4日(木)~6日(土) 広島市
参加人数:3名(平和担当理事含む)

日本生協連主催のピースアクションinヒロシマに理事1名、組合員2名で参加して来ました。この取り組みは、ヒロシマの心を次世代の私達が学び、知り、考えるという取り組みです。

Pih160804_01

右側が 原爆ドームで左の橋が投下の標的となった相生橋です。実際の爆心地は、ここより少し南東の島外科病院でした。1945年8月6日8時15分この上空600メートル付近で人類史上初ウラン原爆が投下され、死者はその年の末までに14万人にのぼりました。

防空作戦室

Pih160804_02

8月4日は、被爆の証言をお聞きした後、広島城の戦跡をめぐりました。これは防空作戦室です。半地下になっており、中にいた人は助かりました。女子学生が軍人と一緒に働いていました。被爆の第一報はここから女学生により発せられました。広島城敷地内全体に軍事施設があり、軍都だった事がわかりました。

Pih160804_03

被爆した石垣

Pih160804_04

日清戦争当時の大本営跡(広島城内)

Pih160804_05

護国神社の大鳥居(広島城内)

Pih160804_06

被爆ユーカリ(広島城内)

虹のひろばステージ

Pih160804_07

8月5日は、碑めぐり、平和Cafeへそれぞれが参加しました。碑めぐりでは、多くの犠牲者が出た本川、袋町小学校、旧日本銀行などをめぐりました。平和Cafeでは、どうしたら平和活動が広がるのか? 取り組んでいる事などを他生協からの参加者と話し合いました。その後平和の催し虹のひろばへ参加しました。虹のひろばのでは、県立福山高等学校のCGによる被爆の様子や、市立基町高校の原爆の絵など披露され、若い世代の活動に心強さを感じました。ステージ最後に平和子ども会議のアピール文が読み上げられ、感動的でした。

虹のひろばの展示物

Pih160804_08

近畿大学附属広島高校・中学校東広島校の爪楊枝アート

6日は、朝から広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式に参列し、その後資料館の見学と平和記念公園内の碑めぐりに参加してきました。祈念式では、被爆者の苦しみは消える事なく、無念さはあの日のままなんだと感じる事が出来ました。ガイド付きの碑めぐりしたので事実が深く心に刻まれました。核兵器の恐ろしさを改めて実感出来ました。今回派遣して頂きました事を感謝するとともに、今後も組合員派遣が出来ますよう、引き続き平和募金へのご協力よろしくお願いいたします。

広島平和記念資料館

Pih160804_09

Pih160804_10

原爆の子の像

被爆10年後に白血病を発症し、亡くなった佐々木禎子の追悼と、原爆で亡くなった子ども達の霊を鎮めるため、建てられました。禎子さんは病気の回復を願って千羽鶴を折っていたそうです。ここの鶴を納める所には、千羽鶴が絶えることはありません。

Pih160804_11

供えられた千羽鶴


Pih160804_12

原爆犠牲国民学校教師と子どもの碑

Pih160804_13

オバマ米大統領の鶴

Pih160804_14

被爆の瞬間を再現した資料館内の展示物

Pih160804_15

Pih160804_16

資料館内の展示物

2016年8月31日 (水)

第五福竜丸展示館見学会〜西部ブロック委員会

2016年8月28日(日)
参加人数:31名(一般組合員13名 非組合員3名 子ども10名 ブロック委員4名 理事1名)

バスの中で、次世代に伝えたい紙芝居のDVDを観ながら、展示館へと向かいました。ちょうど観終わったころ、到着しました。展示館で 真っ先に目に飛び込んできたのは、船の舵とスクリュー。視線を上げると丸い船尾です。来年で建造70年を迎えるそうです。
まず最初に、約20分間 ガイドの方が第五福竜丸についてお話をしてくださいました。皆さん真剣に話に耳を傾け、メモを取る姿もありました。そのあとは、各自1時間ほど自由に館内を見学しました。
水爆実験から160キロも離れていたのに、これほどの被害を受けていたことに非常に驚くとともに、船が保存されていることが奇跡のように思いました。館内には、多くの貴重な資料があり、見ごたえのある見学となりました。

参加者からは
・実物が残っているとは、思わなかった
・企画に参加しなかったら、第五福竜丸を知ることはなかったと思うので、参加して良かった
・ニュースで見たことを思い出した
・改めて原爆の恐ろしさを痛感した
などの声が寄せられました。

第五福竜丸をご存じの方、どれくらいいるでしょうか? 実は、ビキニ事件を知らない世代が国民の80%にも達しているそうです。恥ずかしながら、私も組合員活動をするまで、知りませんでした。 実際、見て聞いて、多くのことを学ぶことができました。

Wb160828_01

参加者の皆さんから、平和募金に1,712円のご協力がありました。ありがとうございました。
ぜひ一度みなさんも展示館に足を運んでみませんか?

より以前の記事一覧