12 地域とのつながり

2018年8月13日 (月)

おむすびレンジャーひたちなか店会場 中間点検と鳥よけ用の「ペットボトル風車」作りを行いました♪〜北西ブロック委員会

2018年7月15日(日) 10時〜 コープひたちなか店にて
参加者:8家族22名

いばらきコープ「田んぼのがっこうおむすびレンジャー中間点検」を行いました♪

お家で育てているバケツ稲を持って来て、生育状況の点検と今後の育て方についてアドバイスを受けました。講師の先生には、JA常陸の塙様と酒井様に来ていただきました!
5月に植え付けた参加者のバケツ苗を2ヶ月間育ててもらいました。お家の環境ごとに苗の成長が違いがありましたが、皆さん、お子さんと毎日お水をあげて苗の育つのを楽しんでいただいたお話が聞けました。家族ごとに苗を見ていただき、JA常陸の講師の方に質問したり、指導をしていただきました。

Nwb180715_01

講師の先生から追加の肥料もいただきました。今後は点検後から一度中干しを行い、その後は肥料をあげて、暑くなるので水を切らさないようにしてください! と注意点などを教えていただきました。

Nwb180715_02

苗を見てもらった後は、ひたちなか店2階のコミュニティルームにて、こちらも講師の先生による鳥よけ「ペットボトル風車」の工作を行いました!

Nwb180715_03

親子で、ペットボトルに穴あけしたり、切ったり、ビニールテープを貼って、思い思いのペットボトル風車が完成しました! 今回は、お父さんの参加もあったので、ちょっと力のいる作業がありましたが早く完成できた親子も多かったです♪子供たちもできた風車を楽しそうにくるくる回していました(o^^o)

Nwb180715_04

最後に、ブロックのお知らせと試食品のJAグループで製造販売している「常陸のしずく」の説明をして、次回の案内を行いました。ペットボトル風車やネットなどをかけて鳥に食べられないよう気をつけて管理することなどを指導していただきました。

参加者からは
・水を張った状態が続くことで、酸素が足りなくなってしまうこと。そのため中干しをして酸素を補うことが必要だと分かった!
・いつも見かけるお米の田んぼと同じお米をバケツで育てて楽しいです。
など、感想をいただきました!

※次回は、9月22日(土)「収穫祭」を行います。干した稲を持ち寄って、脱穀体験を行います。おにぎり作りもしますので、お米の花の観察をしながら、頑張って育てて来てください♪

2018年7月24日 (火)

田んぼのがっこう「あぜ道交流会(案山子作り編)」〜南西ブロック委員会

2018年7月21日(土)
参加人数:24家族 大人37名 子ども39名

JA茨城みなみ、JA全農いばらきのみなさまにご協力いただき、今年で25周年を向かえた「あぜ道交流会」第2回目は案山子作り編です。広い倉庫をお借りして初めて参加の家族もベテランの家族も思い思いに製作しました。5月の田植え編の際に植えて持ち帰ったバケツ稲の点検、アドバイスもいただきました。

Swb180721_01

JA茨城みなみさんのご好意で、15℃に設定されている米蔵も特別に見せていただきました。一度入ったら出られませんよ〜

素敵な案山子を作った家族には豪華商品が贈られました。

Swb180721_02

Swb180721_03

最後にすいか割りです。ほぺたんのバンダナでギュッと目かくしして エイッ!

Swb180721_04

おいしいすいかをたくさん用意していただいて、おなかいっばいいただきました。

参加者からは
・なかなかできない体験ができてよかった。
・来年はアイデアを練って下準備をしっかりして、またチャレンジしたい。
・家族で楽しい時間を過ごせて満足でした。
などの感想をいただきました。

またJA茨城みなみさんへ
・暑い中楽しい企画をありがとうございました。
・すいかがとても甘くて格別でした。
・住んでいる近くで美味しいお米が作られていることに感動です。
などのメッセージがたくさん寄せられました。

次回は9月16日(日) 稲刈り編です。
皆さま、暑い夏に負けず元気にお会いしましょう!

2018年7月19日 (木)

第17回世界湖沼会議(いばらき霞ヶ浦2018)サテライトつちうら第1弾に参加しました。〜南部ブロック委員会

2018年7月16日(月) 海の日

茨城の可能性は無限大! 私たちの霞ヶ浦よ未来へはばたけ!
~持続可能な水資源の確保を目指して~
「第23回泳げる霞ヶ浦市民フェスティバル」に参加しました。

Sb180716_01

コープデリ土浦センターの皆さんと共に活動しました。ブロック委員会では恒例の「マイうちわ」作りを開催して、105人の子どもたちが参加してくれました。暑さのせいか昨年より少ない参加人数でした。

Sb180716_02

Sb180716_03

子どもたちは自由にうちわに絵を描いてます。付き添いの大人は「子どもがどうしても行きたいと言うので」と、暑い中を来場してくれました。
そこでブロック委員会おすすめの「CO・OPクオリティ有機栽培アラビカ100%アイスコーヒー」 を試飲してもらいました。香りも豊かで美味しいと感想をいただきました。

Sb180716_04

素敵な笑顔の子どもたち。この日はステージで「さかなクン」のお魚教室もありました。
今年の10月15日~19日まで県内各地で「世界湖沼会議」が開催されます。いばらきコープも協力してるので、皆さんも是非ご参加ください。

2018年7月17日 (火)

畑のがっこうべジフレンズ畑の交流会(圃場管理)~北部ブロック委員会

2018年7月15日(日)
参加者:11家族28名 ブロック委員6名 理事1名 職員1名

東海村ファーマーズマーケットにじのなか店にて、JA常陸さんの協力で「べジフレンズ畑の交流会」の圃場管理を行いました。
自分が植えた さつまいもの苗が元気に育っているかを観察し、栄養が草に取られないように草刈りをしました。夏の暑い日に行うこの作業はとても大変ですが、とても大事な作業です。自分で体験することで農家の方の苦労を知ってもらいたいからです。
圃場管理は暑くなる前にと早い時間から始めますが、今年は異常な暑さで「暑い~。暑い。」と汗だくになりながら頑張りました。

Nb180715_01

ビフォーアフター! 素晴らしい!

Nb180715_02

Nb180715_03

Nb180715_04

「暑くて大変だったけど、きれいになったので良かった」
「あんなに雑草が生えてるとは思いませんでした。農家の方のご苦労が少しですが分かった気持ちです」
「農作物を作るのは大変だなと思いました」
などの感想をいただきました。

参加者の皆さん、お疲れ様でした。次回は、秋の収穫いも堀りです。

2018年5月23日 (水)

コープのがっこう「あぜ道交流会」に参加しました〜南西ブロック委員会

2018年5月19日(土)
参加人数:33家族 大人52人 子ども57人

毎年恒例のコープのがっこう「あぜ道交流会」今年は25周年! 毎年参加されている家族、今年初めて参加される家族など、たくさんの方々に参加していただきました。今年は109人33家族の方々が参加でした。
当日の朝は雨がパラついていましたが、田植えをする時にはすっかりお天気もよくなり、みんな楽しそうに植えていました。普段田んぼに入ることのない子たちはキャーキャー言いながら入っていました。転んでしまい泥だらけになる子、走り回って泥だらけになる子、いろいろでした。

JA茨城みなみ、JA全農いばらきのみなさんにご協力をいただき、稲の植え方、機械での実演、水辺の生き物たちに触れ合うことができました。田植えの機械にも乗ることができ、子どもたちは乗ったことがないので大喜びでした♪

田植えが終わった後は、JA茨城みなみさまの倉庫に移動して昼食交流をしました。こちらでは、婦人部のみなさんにご協力いただき漬け物と豚汁をいただきました。参加されたみなさんはおいしそうに食べていました。

Azmc180519_01

Azmc180519_02

Azmc180519_03

次回は、7月21日(土)かかし作りです。

2018年5月17日 (木)

おむすびレンジャーひたちなか店会場 苗植え〜北西ブロック委員会

2018年5月12日(土) 10時〜 コープひたちなか店にて

いばらきコープ「田んぼのがっこう おむすびレンジャー 苗植え」が行われました。(^-^)
11家族29名の方に参加していただき、開校式と苗植えが行われました。

開校式では「おむすびレンジャー」の取り組みについて説明し、JA常陸の川又様から、校長先生としてご挨拶いただきました。講師の先生には、JA常陸の塙様と酒井様にご指導いただくことになりました。

「おむすびレンジャー」は、バケツで稲を育てることで、日本の食と農業についての理解を深め、食べることの大切さや楽しさを学びます。専門家の指導のもと、家族で楽しく取り組めます。

Nwb180512_01

今回は、バケツに苗の植え付けを行いました。まず、苗を植えるための土作りをしました。今回は育苗用の土と赤玉土をよく混ぜてバケツに入れ、バケツに水を少しずつ入れて手でこねていきます。

Nwb180512_02

Nwb180512_03

泥の奥まで手を突っ込んで、混ぜるのは大変でしたが、家族で協力してみんな楽しそうでした。

Nwb180512_04

今回はJA常陸さんに、2種類の苗を用意していただきました。1つは薬を使っていない苗、もう1つは薬を害のない量を使った元気で管理しやすい苗です。どちらか好きな方を選び、バケツの真ん中に苗を1つだけ植え付けました。(^o^)/

Nwb180512_05

ほぺたんと一緒に記念写真撮影です。それぞれのバケツ稲ができました。お家に持って帰って頂き、ご家族で大切に育てて欲しいと思います。(*^^*)

参加者からは、
・ 土をこねるのが思ったより大変でしたが、楽しかったです。
・ 子供達が泥遊びをする機会もなかなかないので、苗植えと共にとても良い体験ができました。
・ 親子で楽しくできました。成長が楽しみです
・ 初めての苗植えは思っていた以上に大変でしたが、分かりやすく教えていただきました。
・ とても良い経験になりました。大切に育てたいと思います。

※次回は、7月15日(日)に、苗の成長をみる「中間点検」を行います。お楽しみ企画も準備中です。みなさん、頑張って育ててくださいね!!

2017年8月17日 (木)

畑のがっこう・ベジフレンズ畑の交流会(お芋の花が咲いたよ♡)

2017年8月12日(土) 東海村ファーマーズマーケットにじのなか隣接の畑

8月に入って雨が多く涼しい日が続いていますがベジフレンズのサツマイモ畑の近況お知らせが前理事のTさんより届きました(^-^)/
なんと!! かわいいピンク色したサツマイモの花が咲いているそうです╰(*´︶`*)╯♡
是非、お近くに来た際は見てみてくださいね❤

Bf170812_01

Bf170812_02

2017年8月 1日 (火)

畑のがっこう・ベジフレンズ畑の交流会(圃場管理編)〜北部ブロック委員会

2017年7月30日(日)
参加者:ブロック委員7名 理事2名 職員2名 12家族35名

お天気が心配でしたが、東海村ファーマーズマーケットにじのなか店にてJA常陸さんの協力を得て「いばらきコープ 畑のがっこう・ベジフレンズ 畑の交流会」の圃場管理(草刈り)を行いました。
前回の小さな苗はすっかり大きくなり、長いツタにはたくさんの葉が茂っていました。ふかふかの土は、草取りも鎌を使わずとも手でスルリと取れて、ツルをかき分けながらの作業はお父さん達の手が大活躍でした
「こんなに草がとれたよ〜」「風が吹いてあまり暑くなくて良かったですね」「農家さんの苦労がわかりました」「お芋さん、大きくなる?!」と会話しながら一生懸命に作業〜!!
参加者12家族35名の協力であっと言う間に草取りが終了して、次回開催の秋の収穫(芋掘り)がとっても楽しみです。参加者の皆さん、お疲れ様でした

Nb170730_01

Nb170730_02

2017年7月19日 (水)

泳げる霞ヶ浦市民フェスティバルに参加しました〜南部ブロック委員会

2017年7月17日(月)海の日に、土浦市霞ヶ浦総合公園にて行われました。
実際に水に触れて今日の霞ヶ浦の現状と浄化の取り組みについて理解を深め、霞ヶ浦に関心をもらってもらうことを目的としてます。そして霞ヶ浦を次世代に伝えて行こうというものです。
いばらきコープでは土浦センターと南部ブロック委員会が参加しました。朝のうちザーっと雨が降りましたが、それで蒸し暑さが一層増しました。
今年も環境を考えた「エコうちわ」作りをしました。次々と子どもたちが参加してくれました。夏らしく風鈴や花火を書いたり、夏の食べ物のスイカやかき氷を書いた子もいました。153人の子供たちの参加がありました。

来年の10月には茨城県で「世界湖沼会議」が開催されます。

Sb170717_01

Sb170717_02

Sb170717_03

2017年1月25日 (水)

『ベジフレンズ干し芋作り』~北部ブロック委員会

2017年1月21日(土) ファーマーズマーケット「にじのなか」にて
参加人数:35名10家族

JA常陸さんの協力により食と農業を考える企画 ” 畑のがっこう ベジフレンズ ” 「干し芋作り」を開催しました。
担任の先生JA常陸の宮部さんから干し芋の作り方・コツなどの説明をいただきました。

Bf170121_01

蒸かした芋の皮を剥くコツは、芋に垂直にバターナイフなどをあてて剥くそうです。(お父さん、お母さんに手伝ってもらいながら……頑張っています

Bf170121_02

Bf170121_03_2

剥いた芋をピアノ線の上から優しくスーッと通し裁断します。(柔らかいので、型が崩れてしまわないように…(๑>◡<๑) 慎重に! 慎重に!)

Bf170121_04

裁断した芋は持ち帰り、自宅で7日間くらい風通しの良いところで天日干しします。夜は、家の中に取り込みます。(美味しくな~れ♪ もう少し我慢してね!)

今年度のベジフレンズは、今回が最終回。校長先生から修了証書が授与されました。

Bf170121_05

Bf170121_06

《参加者感想》
・農家さんが干し芋を上手に作っているのを見たことがありますが、思った以上に大変で難しい作業でした。この体験を子どもと一緒に出来て、また伝えることが出来て大変良かったと思います。
・お芋が柔らかくて崩れてしまい、難しかったです。お芋を切るときが楽しかったです。美味しい干し芋ができるのが楽しみです。
・お芋をつくるところから、干し芋までの一連の経験ができ楽しかったです。子どもたちも、とても楽しそうでした。また参加させていただきたいと思います。
・今年も4回、楽しく参加できました。ありがとうございました。

より以前の記事一覧