11 食育・子育て

2017年11月 1日 (水)

「茨城を食べよう!キッズマルシェ」開催~西部ブロック委員会

2017年10月28日(土) 10時~
参加者:小学生12名 食育サポーター2名 ブロック委員5名 理事1名
茨城県教育庁総務企画部生涯学習課主査 上田仲男氏

坂東市観光交流センター秀緑にて、「茨城をたべよう!キッズマルシェ」を開催しました。

始めに、野菜が生産者から消費者の元に届くまでのお話や野菜を食べる大切さ、おいしい野菜の見分け方や栄養などについて学習しました。

Wb171028_01

そのあと、A、B、Cの3チームに分かれ野菜を2種類くじ引きで選び、自分たちで売る野菜を試食しました。

Wb171028_02

いよいよポップディスプレイ作りです! チームで話し合い、野菜の値段を決め、どうやったら売れるかアイディアを出し合いながら作りました。

Wb171028_03

そして、いよいよ販売開始! 子どもたちはみんな初めてとは思えないくらい大きな声と笑顔で、お客様に対応していました。

Wb171028_04

途中、チームで話し合い、値段を下げたり移動販売などの工夫もして、時間内にどのチームも完売しました!

販売終了後、 茨城県教育庁総務企画部生涯学習課主査 上田様より講評をいただき、売上があったで賞、早く売れたで賞、ディスプレイ賞の授賞式が行われました。

Wb171028_05

*参加者の感想*
・人前で話をするのが苦手だったけど、克服できて良かったです。
・売るのが大変だったけど、買ってもらえてうれしかったです。
・ポップディスプレイ作りが楽しかったです。
・売る人の大変さがよく分かりました。
・初めて会ったこと友達になれて良かったです。
・野菜が苦手だったけど、今日の体験を通して野菜を食べられるようになりました。

2017年10月30日 (月)

「いばらきを食べよう! キッズ・マルシェin JA常陸長砂直売所」〜北西ブロック委員会

2017年10月7日(土)

北西ブロック委員会は、JA常陸の皆様にご協力いただき、長砂直売所で「キッズ・マルシェ」を開催しました。

Nwb171007_01

主催者としていばらきコープ総合企画室の石崎室長、JA常陸ひたちなか営農経済センターの根本センター長、JA常陸長砂直売所の中山店長にご挨拶いただきました。
「キッズ・マルシェ」は、野菜の販売体験を通して、食の知識やコミュニケーション力を身につけてもらう取り組みです。ブロックニュース等で呼びかけをし、組合員の小学生のお子さん14名に参加していただきました。ワークショップでは、食育サポーターさんが中心となって、生産者が作った野菜がどのようにして自分の家まで来るのか、日本には食べ残しがたくさんあること、野菜を食べることの大切さや、野菜の旬とはたらき、地産地消の大切さについて学びました。

Nwb171007_02

次に、子どもたちは自分達が売る野菜をくじ引きで決め、試食しました。実際に野菜を食べて味を知ることで、自信を持ってお客さんにおすすめできます。

Nwb171007_03

そして、チームごとに野菜の値段を決め、ポップ・ディスプレイ作り、販売作戦をしました。野菜の絵や、値段や野菜の説明を描いたり、花や飾りをつけて 売るための工夫をしました。

Nwb171007_04

販売は11時から、長砂直売所の入口近くに特設されたテントで行いました。子どもたちは直売所に訪れた方や保護者の方に野菜を買っていただけるよう元気に呼びかけました。

Nwb171007_05

みんなで一緒に声を出したり、途中で値段を下げたり、工夫して約30分で野菜を売り切ることができました。
販売終了後、「一番売り上げがあったで賞」「早く売れたで賞」「ディスプレイ賞」の発表があり、 各チームが表彰されました。

♪参加者の感想
・ポップを作りや、飾り付けが楽しかった。
・販売は大変で疲れたが、楽しかった。
・みんなで協力して野菜が売れたので、うれしかった。
・お客さんに大声で呼びかけてのどが痛くなったが、買ってもらえてよかった。
・またやってみたい。

♪今回は雨になるかもと心配しましたが、販売する頃には晴れて無事行うことができました。集まった子どもたちは、地域も学年もバラバラで、はじめは初対面で固かったのですが、時間が経つにつれて仲良くなっていきました。みんなで協力してやりきった経験は貴重なものだったと思います。(*^^*)

2017年10月11日 (水)

茨城をたべよう! キッズ・マルシェ 〜北部ブロック委員会

2017年10月9日(月)
参加者:小学生16名 食育サポーター2名 ブロック委員7名 職員3名

すがすがしい秋晴れのもと、いばらきコープ 北部ブロック委員会「茨城をたべよう! キッズマルシェ」を東海ファーマーズマーケットにじのなかで開催しました。
まず始めに食育サポーターさんに野菜の生産者さんから消費者の元に届くまでのお話や野菜の栄養素や特徴のお話を聞き、A、B、Cと3チームに分かれ野菜を2種類クジを引きで選び、いよいよポップ作成〜♪ 食育サポーターさんからポップ作りのヒントを教えてもらい各グループで話し合いながら試行錯誤……(≧∀≦) しかし、子どもたちのアイデア溢れるキャッチコピーとポップディスプレイは、大人の私達も参考になるほど素敵でした(*^o^*)

そして、いよいよ元気な声での販売体験!! 気合いを入れて「完売するぞ!! エイエイオー!!」と掛け声♪ でスタート! どのチームも初めてとは思えない、お買い物のお客様との応対、値引き交渉、工夫協力しながら3チーム全部完売しました٩(^‿^)۶
子どもたち皆んなの売り切った達成感の笑顔は本当に素敵でした。ブロック委員さんも野菜スープを作って、呼びこみのサポートが出来て良かったです。皆さん、1日お疲れ様でした

ー感想ー
⚫︎今日、販売体験をして売るお店の人の大変さと売れた時の喜び両方味わって楽しかったです。
⚫︎値段をつける時など大変だったけど、皆んなで全て売り切って楽しかったです。野菜を残さず食べようと思いました。
⚫︎野菜の色々なことを教えてくれて良かったです。
⚫︎野菜スープ美味しかったです。

Nb171009_01

Nb171009_02

Nb171009_03

Nb171009_04

Nb171009_05

Nb171009_06

Nb171009_07

2017年8月 4日 (金)

夏休み自由研究~いろんな糖度を測ってみよう~南西ブロック企画

2017年8月1日(火) 10時~13時 コープデリ守谷センターにて
参加人数:一般組合員4名 子ども17名 ブロック委員4名

夏休み自由研究企画「糖度計を使って野菜の糖度を測ってみよう」「普段飲んでいるジュースの糖度は?」を行いました。
夏休みということで、お子さんの「宿題応援! 自由研究してみよう!!」と、糖度計をお借りして、いろんな野菜の糖度を調べてみました。糖度計を初めてみる参加者たちは、早く使ってみたくてたまりません

Swb170801_01

大人しく説明を聞き、糖度計の扱い方を習い、順番を待ちます。今回、普段飲んでいるジュースを持参していただき、それでまず練習です。それぞれのジュースの糖度を測り、さらに「スティックシュガー何本分?(3g)」と計算もしてもらいました。難しい計算式に頭を悩ませながらも、同じ班の高学年生や大人と一緒に、いろんな種類のジュースを調べることが出来ました。
そして……その本数の多さにビックリ!!
「えぇ~こんなに砂糖が入っているのぉ?」「こんなに入っているなら、大人も気を付けなくちゃ~」等々、多数の驚きの声があがりました。砂糖の取りすぎは、虫歯や肥満になるだけでなく、疲労感、むくみ、集中力の低下、協調性の低下……等、様々な悪影響があるのだということも学ぶことが出来ました。

Swb170801_02

Swb170801_03

さて、次は本番の、「野菜の糖度を調べる」です。糖度を測るには、1.2滴の水分が必要とされていますが、用意された材料はこちら。

Swb170801_04

どうやって水分を絞り出すか? を考えるのも大事な授業。知恵を絞り、道具を上手く使って水分を絞り出しました。

Swb170801_05

Swb170801_06

普段「甘くない」と思っている野菜にも、多くの「糖度」があることを知り、それが「美味しさのひとつなんだ」ということも理解してくれた……かな?! 砂糖などの「糖分」と「糖度」は異なるものだということも、学びました。

最後は皆で「野菜の簡単料理」をしました。メニューは「ニラ丼とキャベツの塩揉みサラダ」です。野菜ばかりのメニューで、少し心配されましたが、やはり、自分達で「料理、調味する力」は偉大! 殆どのお子さんがキレイに完食してくれました。「野菜苦手だけど、自分で味付けしたのが楽しかったし、とても美味しかった♪」「うちに帰ったらお母さんに作ってあげる!」とのうれしい声もきかれました。

Swb170801_07

Swb170801_08

おまけのデザートは、スイカとアイスとグリーンスムージー。勿論、糖度を測り、種類別の糖度差に大はしゃぎでした。糖度計の本数が3本しかなく、順番待ちをしたりしてなかなか全部を調べることに時間がかかってしまった為、自由研究の要「模造紙に記入する」時間が取れなくなってしまい、また、終了時間がおしてしまったり……と、一部ご迷惑をおかけしてしまいましたが、自由研究は概ね「大成功!!」だったのではないでしょうか?
まだまだ暑い夏、冷たい飲み物食べ物が美味しく感じられますが、これを期に「食べ物の糖分、糖度」を気にしてもらえたらなぁ~と思いました。
**素人の行った結果です**

感想
・糖度計を初めて使ったのがとても楽しかった
・ジュースに砂糖がたくさん入っていることに驚いた
・ニラを切って自分で味付けしたのが楽しかった……等々

◆おまけ◆
13時~ 同会場で「もったいないルーム」を行い、数名のお子さんがそこで模造紙に記入して、仕上げてくれました。

Swb170801_09

Swb170801_10

Swb170801_11

2017年7月31日 (月)

食育サポーター定例会水戸店「ワークショップ&エシカル消費学習」

2017年7月24日(月) 10時〜14時 コープ水戸店にて

食育サポーター定例会 水戸店会場。
食育教室を運営する上で大切な“チーム力”を養うNASAのコンセンサスゲーム(合意形成)を行いました。
飛行機が砂漠に墜落し生き残った(仮定)者同士で、目の前にある物の何を優先順位と考えるか? を話し合っていきます。他者の意見を尊重しながら合意形成をはかっていく。対象者、施設の条件、時間、メンバーが毎回違う食育教室は、ハプニングが当たり前(笑)判断力、チーム力が必要とされます! メンバーの距離がグッと近くなる瞬間♡
ワークショップの後は、コープがすすめるエシカル消費とレインフォレスト商品を学びました。
プログラム練習や産地視察の他にワークショップなども取り入れながら楽しく学び育て合う定例会を行ってます(^.^)

Skik170724_01

Skik170724_02

Skik170724_03

2017年5月25日 (木)

子育てひろば『ひこうせん』コーすけと遊んだよ〜南部ブロック委員会

2017年5月19日(金) コープつちうら店にて
参加人数:12組の親子

コープ共済で人気のキャラクター「コーすけ」が、子育てひろばに遊びに来てくれました。

Sb170519_01

コーすけはお友達とじゃんけんをして遊びました。じゃんけんに勝ったお友達はマグカップをプレゼントされました。コーすけとハグしたり、写真を撮ったり楽しく過ごしました。

Sb170519_02

今度コーすけが来る時は、ボーリングで遊ぶことを約束してくれました。楽しみだな~♪

Sb170519_03

次回の子育てひろば「ひこうせん」は6月16日(金) 10時~12時 コープつちうら店2階です。次回のコーすけ参加は未定です。

2017年4月10日 (月)

春休み親子企画「飲み物の糖度を調べよう!!」〜研究員になった気分で、糖度を測定しました!!〜北西ブロック委員会

2017年3月30日(木) 10時~12時 コープひたちなか店にて
参加者:親子8組18名 北西ブロック4名

春休みの親子企画ということで、コープネット事業連合CSR推進室の宮川さんにお越しいただき、「飲み物の糖度」について学びました。(^o^)/

最初の準備で、子どもたちは実験用の白衣に着替えました。ちょっと気分が変わりましたね。(^_-)

Nwb170330_01

はじめは「ちょいと、せんでん」ということで、コープネットの「ほぺたんのへや」の紹介がありました。
さて、ここで問題です!
Q1.ほぺたんは何歳でしょう?
Q2.身長はどれくらい?
Q3.家族構成は? etc.……

宮川さんの出すクイズで、場が和みました。(*^^*)
※答え Q1.5歳 Q2.100cmくらい Q3.パパ、ママ、愛犬のきなこ

Nwb170330_02

さらに、クイズ形式で五感(視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚)や味の種類(甘味・酸味・塩味・苦味・旨味)について、学びました。ちなみに、旨味は日本のメーカーの方が発見したそうです。(^-^)v

Nwb170330_03

さらに、糖度について学びました。例えば100gの水に5gの砂糖が溶けていたら5%で、糖度は5です。実際に糖度5の砂糖水をビーカーで作って、糖度計で糖度を測定しました。それがどれくらいの甘さか、味もみましたよ。(^^)

Nwb170330_04

糖度5についてわかった後は、他の飲み物について糖度を測定しました。コープレモンはすっぱいのに、糖度は9.6もあってびっくりしました。(‘*‘)

Nwb170330_05

また、甘さなどを認識できる境目(閾値)があることも教えていただき、いちごとレモンのエッセンスを入れた水と、ただの水とを飲み比べました。ちゃんと認識できるか、ドキドキしました。(^_^;)

※参加者の感想
・ 大学の研究室のように白衣を着て、実際に実験ができて子どもたちも喜んでいました。
・ いろんなことを教えていただき、ありがとうございました。とても楽しかったです。(子)
・ 糖度のことが分かってよかったです。今度は糖度を見てから飲んでみようと思います。(子)
・ 親子で楽しく参加できてよかったです。
・ 先生の説明も、楽しく聞くことができました。

今回の学習会は、子どもだけでなく、大人も楽しく学ぶことができました。ジュースなどの飲み物の成分表示から糖度がわかるので、これからはよく見ますとおっしゃった方もいました。子どもたちの白衣姿も、かっこよかったです!!

2017年4月 7日 (金)

台風で中止になった「たべもの探検隊」リベンジ成功です!〜南西ブロック委員会

2017年3月30日(木) コープうしく店2階コミュニティルームにて
参加人数:組合員のお子様27名 ブロック委員6名

昨年8月22日に開催予定でした、毎年恒例人気企画『たべもの探検隊』ですが、当日は大型の台風9号が関東地方を直撃……やむなく中止にせざるを得ず、楽しみにされていた参加者の皆様には、残念な思いをさせてしまいました。(南西ブロックのスーパー雨女2人が、企画担当してしまったせいでしょうか……。)

残念、というお声を多数いただき、春休みに振替開催をさせていただく事になりました。8月の時の当選者にお声を掛け、殆どの方が参加出来るとの事で、当日27名のお子様達が探検隊員としてがんばってくれました(*^^*)

さぁ、探検隊開始!
A~E班それぞれで自己紹介をし、隊長・副隊長・会計等班の役割分担を自分達で決めてもらいました。

2016年度の南西ブロックのテーマは「お魚」……さかなサンの“お魚豆知識コーナー”では、魚の中にある栄養や、本日お買い物をしてもらうツナ缶の種類について、楽しく学びました。魚の油には、頭が良くなるDHAや、健康になるEPAが入っている……等全員理解してくれたようです。

1階に移動し、お買い物リストに沿ってお買い物と、鮮魚コーナー見学を行いました。お買い物中に、魚の名前を当てるミッションも行ってもらいました。鮮魚コーナーでは、お店で売られる姿にさばく行程を見学させていただきました。

いよいよ、2階に戻って調理開始です!
低学年のお子様でも簡単に作れる『ホットおさかなソーセージロール』と、ツナ缶を使って簡単な『ツナの野菜サラダ』を作りました。ソーセージロールは、2016年5月1回の『ハピ・デリ!』誌面内『おかずのヒント』よりアイデアをいただき、低学年でも簡単に作れるようブロック委員で改良したものです。
ソーセージロールを焼くのは大人ですが、フライパン内で誰が作ったものか分かるよう、爪楊枝の旗に名前を書いてもらったので、自分で巻いたものを食べる事が出来ました。

お魚の名前当てミッションは、ちょっと難しかったかな? 似た魚の名前が選択肢に入っていたので、少々混乱した様子でしたが大体クリアです(*^^)v

後片付けや掃除もお手伝いしてくれて、お部屋がとてもピカピカになりました。お迎えのお母様達にも、ホットおさかなソーセージロールをお裾分けし、美味しいと好評でした(*^-^*)

ご参加いただいたお子様と、送迎にご協力いただいた保護者の皆様、誠にありがとうございました!

試食品
★ホットおさかなソーセージロール★
材料:co・opチルドおさかなソーセージ、co・opとろけるスライスチーズ、サンドイッチ用食パン、ピザソース
作り方:食パンにピザソースを塗り、チーズ1/2枚とソーセージ1本を乗せて巻き、パンの巻き終わりを下にしてフライパンにマーガリンを溶かして焼く。
★ツナの野菜サラダ★
材料:好きなツナ缶(油漬け)、カットレタス、コーン缶、マヨネーズ
作り方:レタスをバットにあけ、ツナ缶とコーンを混ぜ、マヨネーズをかける。

参加者の感想
・お買い物が楽しくて料理が楽しかった、またやりたいです。
・今日ツナが入ったサラダを初めて食べて、心配だったけれどすごく美味しかった。
・ちょっと緊張したけれど、みんなで楽しんでランチを作って食べるのは、とても良かった。
・計画通りにいかなかった事もあったが、そのたびにみんなと協力して解決し、楽しくお買い物・料理ができた。
・魚の事がよく分かり、勉強になった。
……など、中には後日ご自宅で再現してくれた子もいたり、嬉しい意見をたくさんいただきました。

Swb170330_01

探検隊の説明を聞いて、お魚のお勉強をします。

Swb170330_02

探検(買い物)開始! 途中で鮮魚コーナーの見学もしました♪

Swb170330_03

参考にしたレシピです

Swb170330_04

上手く調理出来ました!

Swb170330_05

いただきまーす(*^^*)

Swb170330_06

最後にみんなでチーズ! よくがんばりました♪

2016年11月21日 (月)

どきどき収穫祭“茨城を食べよう! キッズ・マルシェ”〜中部ブロック委員会

2016年11月19日(土) ポケットファームどきどき茨城町にて
参加者:17名(4グループ)

あいにくの天候の中、どきどき収穫祭“茨城を食べよう! キッズ・マルシェ”が行われました♪ 小学3~6年生のお子様たちが参加してくださり、野菜や果物を販売するお仕事の体験をしました!
まず最初にワークショップを行い、野菜の話、ルール説明、値段決め、POP作成、装飾を行いました!! 1グループで2つの野菜や果物を売ります!! POP作成では、グループで話し合って、「値段はいくらにする?」「どんな言葉を書こうかな~」「飾りつけはどうする?」など、みんなのアイディアを振り絞って、時間が足りないくらいに楽しそうに作っていました!
そのあとは、いよいよ販売です! 販売では大人がビックリするほど元気に「いらっしゃいませ~」「美味しいですよ~」「ありがとうございました~」など、とっても大きな声でお客様に対応していました!! みんな生き生きとして本当に楽しそう♪ あいにくの天気でしたが、全部、完売しました!
最後に表彰式♪
○早く売れたで賞
○元気があったで賞
○ディスプレイがよかったで賞
○チームワークがよかったで賞
4グループ全員が賞をもらうことができました♪

このキッズマルシェを通して、食の知識やコミュニケーション力を身につけてもらえたら嬉しいです♪

参加者の感想
○とっても楽しかったです!!
○またやりたいです!!
○お店やさんの気持ちがわかりました!!

Cb161119_01

POP作り♪ 楽しそう♪

Cb161119_02

今から売ります! エイエイオー♪

Cb161119_03

大きなキャベツ!!袋に入るかな~(^^)

Cb161119_04

2016年8月17日 (水)

「茨城をたべよう! キッズ・マルシェ」を茨城農業改革推進大会で開催しました!!〜北西ブロック委員会

2016年8月9日(火) 午前11時より ひたちなか市文化会館にて

「茨城農業改革推進大会」において、茨城県教育庁生涯学習課とJA常陸の皆様にご協力いただき、「茨城をたべよう! キッズマルシェ」を開催しました。
茨城農業改革推進大会は、農業関係者や食品関連事業者、消費者などが一体となって新たな茨城農業改革を推進していくことを目的に毎年開催されています。県内の農業者組織や関係機関団体が主催し、生産者、消費者、JAグループなど1,250人が参加しました。
当日は農業改革に功績のあった団体の表彰や先進的な取り組み事例の発表などが行われたそうです。「いばらきコープ」は農業改革に功績のあった事業者として、「茨城農業改革推進大賞最優秀賞」と特別賞として「茨城県知事賞」を受賞しています。

Nwb160809_01

主催者として鶴長理事長、ご協力いただいた茨城県教育庁総務企画部生涯学習課の和田様よりご挨拶をいただきました。

「キッズ・マルシェ」は、野菜の販売体験を通して、食の知識やコミュニケーション力を身につけてもらう取り組みです。ひたちなか市内の小学生24名が、4チームに分かれて行われました。
ワークショップでは、食育サポーターさんが中心となって、生産者が作った野菜がどのようにして自分の家まで来るのか、日本には食べ残しがたくさんあること、野菜を食べることの大切さや、野菜の旬とはたらき、地産地消の大切さについて学びました。

Nwb160809_02

次に、子どもたちは自分たちが売る野菜を試食しました。実際に野菜を食べて味を知ることで、お客さんにお勧めしやすくなります。

Nwb160809_03

そして、チームごとに野菜の値段を決め、ポップ・ディスプレイ作り、販売作戦をしました。野菜の絵や、値段や野菜の説明を描いたり、花や飾りをつけて 売るための工夫をしました。私たち北西ブロック委員会も、 子どもたちのお手伝いをさせていただきました。

Nwb160809_04

販売は、ひたちなか市文化会館の市民ロビーで行いました。子どもたちは、茨城農業改革推進大会に訪れた方に、野菜を買っていただけるよう元気に呼びかけました。

Nwb160809_05

販売は約1時間、途中で値段を下たり、工夫して野菜を売り切ることができました。

Nwb160809_06

大会に来られた橋本知事にも、 野菜を購入していただきました\(^o^)/

Nwb160809_07

販売終了後、早く売ったで賞・元気があったで賞・ディスプレイ賞・ チームワーク賞の発表があり、 各チームが表彰されました。

Nwb160809_08

昼食交流後、 チームごとに農業改革推進大会で生産者の皆様へ贈る応援メッセージを考えました。子どもたちは今回の販売体験を通して、生産者が身近に感じられたことと思います。
大会のステージでは、美味しい野菜を作ってください!! お身体を大切になど、応援のメッセージを立派に発表しました。

♪参加者の感想
・茨城県産のトマトが、甘くてみずみずしくて、とても美味しかった。
・ポップを作りや、飾り付けが楽しかった。
・野菜を選ぶ方法がわかった。 茨城の野菜のことを、よく知ることができた。
・売る人の大変さを感じることができた。
・嫌いだった野菜も好きになったので、うれしい。
・売るのが大変だったけれど、お客さんに買ってもらえてうれしかった。

♪今回の参加した子どもたちは、いばらきコープの「キッズ・マルシェ」を行うだけではなく、茨城県農業改革推進大会の中で、参加者全員で生産者に応援メッセージを贈るという大役を果たしてくれました。なかなか経験することのできない、夏休みの貴重な思い出になったことと思います。野菜を食べる時も、きっと生産性のことを考えてくれるかな(*^^*)

より以前の記事一覧

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログ内検索