01 北部ブロック

2019年2月 6日 (水)

「ユニセフ通園バッグ作り」学習会を開催しました。〜北部ブロック委員会主催

2019年2月1日(金) 10時30分~13時 コープデリ常陸太田センターにて
参加者:組合員4名 ブロック委員2名 合計6名

前日からの雪がどのくらい積もるか、とても心配でしたが、思ったより少なく無事に開催することができました。
茨城県ユニセフ協会より小澤さん、関さん、磯部さん、江橋さん4名にお越しいただき、ユニセフの活動内容の説明や、なぜ通園バッグ作りをすることになったかのお話を伺いました。
小澤さんに男の子用、女の子用と色とりどりの生地を用意していただき、参加者の皆さんはどれにしようか悩みながら、好みの生地を選んでいました。生地はすべてカットして端をかがり済みなので、ミシンで縫うだけのいたれりつくせりでした。バッグの持ち手もたくさんの色を用意していただきました。
1人1台のミシンを使っての作業でしたが、皆さん時間も忘れて一生懸命作業していました。時間内に無事、通園バッグとシューズ入れの2品が完成しました。

Nb190201_01

ユニセフのお話

Nb190201_02

作業の説明

Nb190201_03

Nb190201_04

ミシンをかけています

Nb190201_05

完成品を持って記念撮影

〈感想〉
・自分では手作りしたバッグを子どもに渡せるとは思ってもみなかったのですが、サポートしていただき、仕上げることができました。ハンドメイドの機会を作っていただけてありがとうございます。次回大人用のバッグ、ナップザック等あれば、またぜひ参加したいと思います。
・バッグとシューズ入れ2つを作ることができて感激でした! 講師の先生が布の処理までしてくれての開始だったので、時間内で仕上げることができました。ユニセフでバッグ作り? の疑問も解けました。自分ができることで誰かの役に立てることがあれば、と考えてみたいと思います。

2019年2月 4日 (月)

1月のほぺたんひろばを開催しました。〜北部ブロック委員会

1月10日(木) 日立南ほぺたんひろば コープデリ常陸太田センター
1月11日(金) 高萩ほぺたんひろば コープデリ十王センター
1月18日(金) 多賀ほぺたんひろば エネスタ多賀
1月18日(金) 水府ほぺたんひろば 水府総合センターきらめき
1月22日(火) 北茨城ほぺたんひろば よう・そろー
1月22日(火) 東海村ほぺたんひろば 姉妹都市交流会館
1月24日(木) 金砂郷ひろば 交流センターふじ
1月28日(月) 常陸太田ほぺたんひろば コープデリ常陸太田センター
1月29日(火) 日立ほぺたんひろば エネスタ多賀
1月30日(水) 里美ほぺたんひろば 里美文化センター

10会場で開催し、29名の方が参加してくれました。ゲストさんは5名で、うち2名が登録してくれました。

今年始めのほぺたんひろばは、年末年始の過ごし方などのお話を皆さんでしました(^ー^)
参加者から、「宅配のシッパーなどはどのようにして返却するのがいいの?」と質問があり、常陸太田センターの副センター長に来てもらい教えてもらいました。センターでの開催だとちょっとした疑問もすぐにお返事してもらえるのは嬉しいですね(^_-)

1月のテーマは、「多様なくらしに対応した品ぞろえを大切に!」そして、「組合員の声を分析し商品や事業に反映します!」です。

1月のほぺたんひろばの試食品は、COOP商品に限らず、組合員から支持の高い商品として「うちのおみそ汁なす」
原料にこだわりたい! の声にこたえた商品として、「CO・OP 有機栽培茶葉使用グリーンルイボスティー」
とにかく美味しさにこだわったお菓子が食べたい! にこたえる商品として、クオリティシリーズの「CO・OP風味豊かな発酵バターのショートブレッド」です。

〈感想〉
「うちのおみそ汁なす」
・なすを油で揚げてあるからトロンとしてやわらかい。
・なすの食感がちゃんと残っていておいしい。
・お湯を注ぐだけで便利。ローリングストックに良いですね。

「CO・OP有機栽培茶葉使用グリーンルイボスティー」
・持ちやすく、デザインが良い。
・食事と共に飲むよりは、食後に合う。
・クセがなくて、飲みやすい。

「CO・OP風味豊かな発酵バターのショートブレッド」
・甘くなく、発酵食品なので良い。
・1袋に2本入りは調度良い量。
・パッケージに高級感があり、さすがクオリティ商品!

Nbhh1902_01

1月ほぺたんひろばの試食品

Nbhh1902_02

Nbhh1902_03

ほぺたんひろばの様子

Nbhh1902_04

シッパーの返却方法を教えてもらっています。

2月のほぺたんひろばは、
2月7日(木) 金砂郷ほぺたんひろば 交流センターふじ
2月8日(金) 日立南ほぺたんひろば コープデリ常陸太田センター
2月8日(金) 水府ほぺたんひろば 水府総合センターきらめき
2月13日(水) 里美ほぺたんひろば 里美文化センター
2月14日(木) 多賀ほぺたんひろば エネスタ多賀
2月15日(金) 高萩ほぺたんひろば コープデリ十王センター
2月18日(月) 常陸太田ほぺたんひろば コープデリ常陸太田センター
2月19日(火) 北茨城ほぺたんひろば よう・そろー
2月19日(火) 東海村ほぺたんひろば 姉妹都市交流会館
2月20日(水) 日立ほぺたんひろば エネスタ多賀
で開催します。皆さんの参加者をお待ちしています。

2019年1月28日 (月)

「イトウ製菓工場見学会といばらきコープ理事長と語ろう!」を開催しました。〜北部ブロック主催

2019年1月25日(金)
参加者:20名(組合員17名 非組合員1名 ブロック委員2名)でイトウ製菓の見学。
いばらきコープ本部では、鶴長理事長 職員1名 理事1名 ブロック委員4名も加わり交流しました。

イトウ製菓の見学は、担当の田上さんよりイトウ製菓の歴史・会社概要、クッキーとビスケットの違いについてなどのお話をしていただいてからDVDでクッキーとビスケットの作り方などを観賞しました。
その後、製造工程と包装工程の見学をさせてもらいました。昨年5月に第二工場の隣にできた「Atelier  Petit  Bois」も寄らせてもらいました。

Nb190125_01

イトウ製菓第二工場とAtelier  Petit  Bois

Nb190125_02

見学の様子

〈イトウ製菓工場見学の感想〉
・お菓子の出来るまでの過程を知ることが出来てよかったです。
・クッキーとビスケットの違いなどわかりやすい説明があり、よかったです。
・1枚1枚、丁寧に作られていて安心しました。より一層イトウ製菓が好きになりました。

Nb190125_03

集合写真

見学後、いばらきコープの本部でひたちなか店で作ったお弁当を食べてもらいました。鶴長理事長にも来ていただき、皆さんから日頃利用している感想やご意見、質問などをしていただき、交流しました。

Nb190125_04

理事長との懇談会

〈理事長との懇談会の感想〉
・理事長と初めてお会いすることができ、とても優しく私達消費者の身になって考えてくださることが嬉しかったです。そんな方の元での商品ですので、間違いないだろうと思います。これからも利用し続けていきたいと思います。
・理事長がとても気さくな方でよかったです。自己紹介しながらの質疑応答時間は皆さんの話も聞けてとても貴重な時間でした。見えなくなるまで手を振り見送ってくださり、ありがとうございます。
・理事長との懇談会、とてもよかったです。回答や説明がわかりやすかったです。このような企画良いと思います。

2019年1月25日 (金)

くらしの講座「エンディングと相続」を開催しました。~北部ブロック委員会

2019年1月21日(月) コープデリ十王センターにて
参加人数:9名(組合員5名 非組合員1名 職員1名 ブロック委員2名)

みなさんはもしもの時のために、人生のお片付けを考えたことはありますか?
元気なうちに自分自身や、家族の身の回りを整理してみましょう。ということで、ライフプランアドバイザーの山口京子さんを講師にお迎えし、エンディングノートと相続についてお話していただきました。
エンディングノートなんて、すぐ書けると思っていたら……ゆっくり時間をかけて書くものなんですね。書くうえで、確認すること考えることがたくさんあることを知りました。
自分のエンディングを考えるのも大変ですが、家族のエンディングを考えるのはもっと大変です。元気なうちに家族と話し合ったりしながら、しっかり考えていかなければと感じました。
また相続についても、財産を相続するにあたって、法律で定められている事柄や税金について、詳しく教えていただきました。
知らなかった事がたくさんありました。また、家族同士でもめてしまうケースなども例にあげてお話していただいたので、とても参考になりました。相続についてもしっかり家族と話し合っておきたいと思いました。
参加者の方からも好評だったので、また企画できたらいいなと思いました。

参加者の感想
・わかりやすいお話で、参考になりました。これからしっかり、「もしもの時のため」を考え、日々過ごしたいと思います。
・日頃気になっているテーマだったので、細かいところまで聴くことができて、大変参考になった。
・お互いの意にそわないものにならないように、やはり元気なうちに、笑いながら話せるうちに話したいと思いました。
・具体的な例や金額を、ボードに書いて説明してくださったので、とてもわかりやすかったです。

Nb190121_01

Nb190121_02

2019年1月16日 (水)

畑のがっこう べジフレンズ畑の交流会(干し芋づくり)~北部ブロック委員会

2019年1月13日(日)
参加者:13家族34名

東海ファーマーズマーケットにじのなか(東海村)において、JA常陸さんのご協力で「畑のがっこう べジフレンズ畑の交流会」の最終回「干し芋づくり」を行いました。

皆さん、4回目ともなると慣れた様子で、エプロン・バンダナ・軍手にビニール手袋と準備万端で始まりを待っていました。
干し芋づくりの説明を受けてから、熱々の蒸かし芋を手に皮むきからスタートです!

Nb190113_01

Nb190113_02

蒸かし芋を剥くコツは、芋に垂直にバターナイフをあてて剥くこと。黄金色のピカピカのお芋が顔を出しました!(^^)!

Nb190113_03

Nb190113_04

お芋をスライスする「つき台」のピアノ線の上からスーッと下へ……やさしく・やさしく! ポクポクお芋は柔らかいので力を入れると形が崩れてしまいます。慎重に……(-_-;)
スライスしたお芋は7~10日間くらい風通しの良いところで天日干しします。4日目くらいから半生タイプもいただけます。これは手作りしないと味わえません(^^♪

Nb190113_05

「干し芋」の代表的3品種「紅はるか・いずみ・玉豊」の食べ比べもおこない、特徴などの説明もしていただきました。そして、「茨城県産コープのほしいも」セットのお知らせもさせていただきました。

Nb190113_06

今年度のべジフレンズは最終回なので、教頭先生から修了証書をいただきました。

Nb190113_07

「いい笑顔です!」

《参加者感想》
・家族で体験でき、楽しい思い出になりました。
・毎年食べていますが、作り方が分かり良い経験になった。
・3品種の食べ比べで味の違いが分かり参考になった。

帰りがけに、昨年も参加された方から可愛いエピソードをいただきました。
『子どもが「美味しい! もっと!」と、一週間待てずに、だんだん干し芋が減っていきました(笑い)。今年は、どれだけ残るかな? わが家のお楽しみ行事になっています。できたら次回も参加したいです。』
可愛い声が聞こえてきそうな微笑ましいお話に、ほっこりしました。参加された皆さん、お疲れ様でした。

2018年12月26日 (水)

12月ほぺたんひろばを開催しました。〜北部ブロック委員会

12月4日(火) 日立南ひろば コープデリ常陸太田センター
12月7日(金) 高萩ひろば コープデリ十王センター
12月10日(月) 常陸太田ひろば コープデリ常陸太田センター
12月11日(火) 金砂郷ひろば 交流センターふじ
12月11日(火) 北茨城ひろば よう・そろー
12月12日(水) 里美ひろば 里美文化センター
12月13日(木) 多賀ひろば エネスタ多賀
12月14日(金) 東海村ひろば 姉妹都市交流会館
12月19日(水) 日立ひろば エネスタ多賀
12月20日(木) 水府ひろば 水府総合センターきらめき

10ヶ所で開催し、合計24名の方が参加され、ゲストさん6名のうち5名が登録してくださいました。

Nbhh1812_01

試食品と資料を準備します

Nbhh1812_02

Nbhh1812_03

ひろばの様子

今月の試食品は「co・op粒入りコーンスープ」「co・op朝の応援食ココア焼きドーナツ」「co・opポリエチレンラップレギュラー」です。「減災」についてメンバーの皆さんのいろいろな意見や対策を聞くことができました。

〈12月試食品の感想〉
・コーンスープはいつも注文している。お湯を少なくしてとろっとさせて飲む。コーンの粒が入っていて食べた気がする。コーンの粒が多くておいしい。
・焼きドーナツはしっとりしている。長期保存できてよい。甘すぎずちょうどよい。おやつがわりに食べてもよい。油で揚げていないのでいいですね。
・ラップは切りやすいし、しっかりしている。値段が手頃。災害時にはお皿に敷いて洗い物を減らしました。パッケージがレモンの柄で、明るくさわやかで良い。

〈11月分グリーンキーパーの感想〉
・きめが細かくしっかりとした紙質。とても再生紙とは思えない。パッケージの表示が見やすく、グリーンでかわいい。コンパクトで持ち運びやすい。

1月のほぺたんひろばは下記の日程で開催します。
1月10日(木) 日立南ひろば コープデリ常陸太田センター
1月11日(金) 高萩ひろば コープデリ十王センター
1月18日(金) 多賀ひろば エネスタ多賀
1月18日(金) 水府ひろば 総合センターきらめき
1月22日(火) 北茨城ひろば よう・そろー
1月22日(火) 東海村ひろば 姉妹都市交流会館
1月24日(木) 金砂郷ひろば 交流センターふじ
1月28日(月) 常陸太田ひろば コープデリ常陸太田センター
1月29日(火) 日立ひろば エネスタ多賀
1月30日(水) 里美ひろば 里美文化センター

皆様のご参加をお待ちしております。

2018年12月20日 (木)

「コープデリ茨城ミートセンター」バス見学会~お米育ち豚のカット工場で職人のワザをみてきました。~北部ブロック委員会

2018年12月6日(木)
参加人数:21名(組合員16名 非組合員1名 理事1名 ブロック委員2名 職員1名)

今日のお天気はあいにくの雨、予定通り21名参加でのスタートとなりました。
まず、建物に入り、一人ずつ自動で決まった量のアルコールがでる消毒器で手を消毒し、会議室へ。衛生管理が徹底しています。
そして、早速、ガラス窓越しに豚肉カットラインを見学しながらセンター長より説明をしていただきました。
向かって右手には枝肉といわれる、頭と手足の先が切り落とされた豚肉がぶら下げられて並んでいます。そこから、大きく3つに切断してからの、抜骨と一時成型作業。機械を使っての作業を想像していたところ、実際はほとんどが人の手により作業が進められています。職人さんはすべて骨の位置、筋の位置を把握しているそうで、とても鮮やかに全身を使った動きでひたすらカットしていきます。
豚肉は2℃に冷やされていて、室内の温度も冷蔵庫並みに低いため、肉の鮮度は保たれていますが、職人さんにとってはとても過酷な中での重労働だと思いました。また、作業する動きがまるで早送りかと思うくらいとても速く、力も入っているため怪我などの心配もあるそうです。豚肉が食卓に並ぶまでに、ここまでの大変な作業を通ってきていることを改めて実感しました。

Nb181206_01

Nb181206_02

見学の後は、センターの役割についてや豚肉の品種や銘柄についての講義。
こちらのセンターではお米育ち豚と産直豚のどちらも加工していますが、まず7時40分の朝一番にお米育ち豚の加工を行い、いったん清掃ののち、産直豚の加工に入るそうです。休憩を入れて、14時半までの一日の作業で、460頭~470頭加工しているとのこと。その量にも驚きました。豚肉の品種に関しては、最近目にする「三元豚」が3つの品種の掛け合わせでできた品種とのこと。読み方も「さんげんとん」と読むことを知りました。さらに品種だけではなく、コープの「お米育ち豚」のように飼料にお米や、ハーブ、お茶などを与えている銘柄豚も種類がいろいろあることもわかりました。

Nb181206_03

見学が終わり、集合写真を撮るときには雨も上がり、とてもよい写真が撮れました。やはり、大きな一頭ずつの豚肉がつぎつぎとカットされている映像は衝撃的ではありましたが、命をいただいている、ということに改めて気づくことができてとても貴重な体験でした。

Nb181206_04

《参加者の感想》
・安心してコープの精肉が食べられることがわかりました。
・豚の品種や飼料など、とても勉強になりました。
・驚きました。その一言です。あの動きの速さ、作業はとても大変なことです。
そういう過程を経て店頭に並んでいるんだな、とわかりました。
・「いただきます」の言葉のごとく、「いのちをいただく」という感謝の気持ちをもっていきたい。

2018年12月17日 (月)

クラブコスメチックスの学習会~お肌チェック☆簡単に自分でできるスキンケア☆マッサージを学ぼう~北部ブロック委員会

2018年12月13日(木) 10時30分〜12時30分 コープデリ常陸太田センターにて
参加人数:14名(組合員11名 職員1名 ブロック委員2名)

Nb181213_01

本日の資料・肌チェックシート

(株)クラブコスメチックスの関さんを講師にお迎えして、簡単にできるマッサージとスキンケアとメイクの仕方を教えていただきました(๑›‿‹๑)

Nb181213_02

講師の関さん・会場の様子

最初に、関さんが「クラブコスメチックスを知っていますか?」と質問。3~4名の方が手をあげていました。(^▽^)/ 「コープ化粧品」は聞いたことがあるけど、クラブコスメチックスさんの化粧品がどれなのか、よくわからないという声も聞こえてきました。
どうして、お肌のお手入れやメイクが必要なのかというお話や、クラブコスメチックスさんは「製造から販売まで責任を持っている会社」で、「研究グループ」・「製造工場」・「営業販売」の3つの部門があり、化粧品会社では大変珍しいというお話がありました。

次に「肌チェック」を行いました。関さんが各テーブルを回り、一人ずつ「肌チェック」の機械を頬にあてて、「肌チェックシート」に結果を記入してくださいました。

Nb181213_03

肌チェックの様子

「肌チェック」の結果を見ながら、肌質のタイプが4タイプあることや、それぞれに何が必要なのかをわかりやすくアドバイスしていただきました。
資料を見ながら今年で41周年になる「コープ化粧品」の歴史についても教えていただきました。「コープ化粧品」はとてもシンプルなパッケージで、テレビCMなどもなく、サンプル品も作っていないそうです。できる限り無駄を省いて皆様がお求めやすい価格で提供されているそうです。

*コープ化粧品の5つのこだわり
★安全安心……肌の安全性を最優先して、開発・製造しています 
★適正価格……毎日使い続けられる誠実な価格で、より良い商品を製造しています 
★植物原料……植物原料にこだわり、活かす化粧品づくりをしています 
★情報伝達……ありのままの化粧品情報を伝達しています 
★開発参加……組合員の皆さんの幅広い参加で作られ、育てられています

Nb181213_04

クラブコスメチックさんの化粧品

Lipidure(リピジュア)を知っていますか? (⋈◍>◡<◍)。✧♡
「コープ化粧品」に含まれる成分で、各界で注目されている、ヒアルロン酸よりも優れた保湿性能があり、その保湿力は、なんと! ヒアルロン酸の約2倍。そんなに優れた成分が使われているのに、お手頃価格なんですね。

いよいよ♪ クレンジングクリームを使ってマッサージ講習です。

Nb181213_05

マッサージ講習の様子

参加者からは、お化粧を落としながら、マッサージもできて「自分流でやっていたので改めて学習できてよかったです」という感想をいただきました。きれいに、お肌の汚れを落としてすっきり(*´▽`*)
次に、「コープ基礎化粧品」を使ってスキンケアをしてお肌がもちもちになりました。最後に、メイクアップ方法を教えていただきました。「ファンデーションの色の選び方」「眉の書き方」「アイシャドウ」「チークの入れ方」など、今、主流の方法を教えていただき、みなさん熱心に聞き入っていました。

新商品の『ルアン』の「アイブロウ」と「チーク」もお試し♪「使いやすい」と大好評でした。来られた時より、みなさん明るい笑顔になって学習会が終わりましたヾ(*´∀`*)ノ

参加者の感想
・お手入れからメイクまで教えてもらい、自分流でやっていたので改めて学習できてよかった。
・肌チェックで水分量が少なめだったので、化粧水で水分を補いたいと思います。
・学習会ではお試しができるので商品のことも知れたので買ってみたいと思いました。
・肌チェックで自覚したものと違っていたので、参考になりました。
・安さの秘密も知れて、安価ですが良い商品ということがよくわかった。

2018年12月 3日 (月)

11月のほぺたんひろばを開催しました!〜北部ブロック委員会

11月8日(木) 日立ひろば エネスタ多賀
11月15日(木) 高萩ひろば コープデリ十王センター
11月19日(月) 常陸太田ひろば コープデリ常陸太田センター
11月20日(火) 北茨城ひろば よう・そろー
11月21日(水) 日立南ひろば コープデリ常陸太田センター
11月21日(水) 水府ひろば 水府総合センターきらめき
11月27日(火) 金砂郷ひろば 交流センターふじ
11月29日(木) 東海村ひろば 姉妹都市交流会館
11月30日(金) 多賀ひろば エネスタ多賀
参加者は24名。そのうちゲストは4名です。

今月は環境にやさしい商品の紹介とリサイクルについてのお話をしました(^ー^)
11月の試食品は、「フィッシュソーセージ」と「青森県産王林ストレートジュース」です。
持ち帰り品は「グリーンキーパーコンパクト」です。こちらは紙箱を省いてフィルム包装してあり、原料も再生紙100%の商品です。

〈感想〉
「フィッシュソーセージ」
・無着色のお魚の自然の色合いが良い。
・味も良く美味しかった。
・常温取り扱いなので、保存にも良い。
・クリップがないのが良い。

「王林ストレートジュース」
・甘いのに砂糖を使っていないとは驚き!
・125mlの量がちょうど良い。

「先月持ち帰り品の野菜たっぷりドレッシング」
・いつも利用しています。
・色々な具材にも合い、好みの味です。
・焼肉のたれとして、パスタソース、鮭のホイル焼きのソースとしてとサラダ以外にも使った。

12月のほぺたんひろばは
12月4日(火) 日立南ひろば コープデリ常陸太田センター
12月7日(金) 高萩ひろば コープデリ十王センター
12月10日(月) 常陸太田ひろば コープデリ常陸太田センター
12月11日(火) 北茨城ひろば よう・そろー
12月11日(火) 金砂郷ひろば 交流センターふじ
12月12日(水) 里美ひろば 里美文化センター
12月13日(木) 多賀ひろば エネスタ多賀
12月14日(金) 東海村ひろば 姉妹都市交流会館
12月19日(水) 日立ひろば エネスタ多賀
12月20日(木) 水府ひろば 総合センターきらめき

コープ商品を真ん中にみんなで楽しくおしゃべりしましょう!
皆さんの参加お待ちしています。

Nbhh1811_01

Nbhh1811_02

Nbhh1811_03

茨城をたべよう! キッズマルシェ~北部ブロック委員会

2018年11月25日(日)
参加者:小学生14名 食育サポーター2名 理事1名 ブロック委員6名 職員1名

東海ファーマーズマーケットにじのなか(東海村)において『茨城をたべよう! キッズマルシェ』を行いました。
はじめに食育サポーターの方から野菜や果物について学び、3グループに分かれてポップ作りをしました。ここで大事なのが値段のつけ方です。販売体験なので、儲けを出すことも考えます。仕入れ値より高く、でも高すぎると買ってもらえない……グループで真剣に話し合っていました。次に野菜をアピールすることを考えました。「高血圧・むくみ解消」「かぜ予防・疲労回復」また、野菜を使った料理名を書いたグループもいました。

Nb181125_01

Nb181125_02

Nb181125_03

野菜を並べて準備OK!「頑張って売るぞ! オー!」

Nb181125_04

Nb181125_05

Nb181125_06

Nb181125_07

たくさんのお客さんが買ってくれました♡

Nb181125_08

あと一つ。呼び込みにも力が入ります!

はじめは恥ずかしそうに小さな声でしたが、どんどん大きな声になりお客さんと笑顔でコミュニケーションが取れていました。途中から作戦を立てギリギリまで値引きをする班もあれば、最後まで利益にこだわった班もあました。完売したときは拍手が沸き起こり、サポートに入ったブロック委員も感動していました。

《参加者感想》
・売ることの大変さや、どうしたら買ってもらえるか考えながら売りました。また参加したいです。
・いろんな人とふれあえた。大きな声で売れた。
・物を売る大変さ、また買ってくださった嬉しさの2つを学べたと思います。ありがとうございます。
・グループの人達とポップを作ったり、いろんなコミュニケーションがとれて楽しかった。ニンジンが袋から飛び出ているのを見たときはビックリした。
・将来また、こういう仕事についてみたいです。とても楽しかった。

より以前の記事一覧