01 北部ブロック

2018年8月 9日 (木)

エコフェス日立2018コープみんなでエコ工作しちゃおう!〜北部ブロック委員会

2018年7月21日(土) 10時~16時
参加者:ブロック委員4名

日立シビックセンターマーブルホール会場にて、『エコ工作しちゃおう!』に参加してきました。
ペットボトルのキャップを使ってスタンプを作りました。ペットボトルのキャップの内側同士を合わせたものを、マスキングテープで巻き付けます。ハートやスペードの型抜きでトレーに跡をつけ、それをハサミで切り取ります。切り取ったいろいろな形をキャップに両面テープで張り付け、カラフルなスタンプ台を使い、スタンプを押していきます。参加された子どもたちの中には、自分で書いた絵を形にしたり、自分の名前を切り取りスタンプにする年配の方もいました。
また、紙コップにスタンプをたくさん押して、自分だけの模様をつけて持ち帰っていただきました。「おうちでも作ってみたい」と嬉しそうに話す親子の姿がありました。
参加者は、約230名でした。

今年もパネル展示、フードドライブコーナーを設けました。本日フードドライブにご協力いただき、お預かりした食品はNPO法人フードバンク茨城に寄付させていただきました。
ご協力ありがとうございました!m(_ _)m

Nb180721_01

Nb180721_02

Nb180721_03

Nb180721_04

Nb180721_05

2018年8月 6日 (月)

エネスタ多賀サマーフェスタに参加しました!〜北部ブロック委員会

2018年7月28日(土)
参加者:ブロック委員3名

日頃から、いばらきコープの組合員活動の開催場所としてお借りしているエネスタ多賀のサマーフェスタに参加しました。『親子ひとくちスコーンづくり』のお手伝いをしてきました(*^^*)

午前と午後合わせて9組の親子が参加され、かわいい手で生地をコネコネしたり、袋が破けるんじゃないかとヒヤヒヤするほど元気な男の子もいました(^^♪ 簡単レシピなので、参加されたお母さんから「家でも作れそう!」と喜んでいただきました。
スコーンを焼いてる間に「もみもみシャーベット」を作りました。夏らしいデザートに「おいしい~!」が、たくさん聞こえてきましたよ♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

ひとくちスコーンが、こんがりと焼きあがりました〜♫ さすが、ガスオーブンです。焼き時間が短く焼き色がキレイです!「おいしい~!」「楽しかった~!」のかわいい声につつまれた1日となりました(*^^*)

Nb180728_01

Nb180728_02

Nb180728_03

Nb180728_04

Nb180728_05

2018年8月 3日 (金)

なめがたファーマーズヴィレッジに見学に行ってきました〜北部ブロック委員会

2018年8月1日(水)
参加者:36名(大人26名 子ども10名)

なめがたファーマーズヴィレッジは、さつまいものテーマパーク! 季節の収穫体験ができたり、廃校を活用したミュージアムと工場見学ができたりと、学んで、遊んで、食べられる施設です!

始めにみんな生徒手帳をもらい、ミュージアム前で記念撮影です。

ミュージアムでは、宿題をときながら進みます。焼きいもの妖精の「焼き右衛門(やきえもん)」からさつまいもの説明を聞いたり、さつまいも・焼きいもの歴史に関わった方の教室をのぞいたり、おならパーカッションでお子さんたちが演奏したりと楽しみながら学べます。

行方市だけの新しい品種の「いばらきゴールド」のキャアリング倉庫を通り、次は工場見学です。あまりお伝えしてしまうと宿題の答えがわかってしまうので……最後は宿題の答え合わせをしてプレゼントをもらいました。

その後は、皆さんに自由に過ごしてもらいました。予約をして、スイートポテト作りをする方やカブトムシ・クワガタ取りをする方・農園をトラクターに乗って回る方など体験をしたり、広いヴィレッジの農園でとれた野菜たっぷりの美味しいものをゆっくり楽しんでもらいました。

運が良ければお散歩している「やきえもん」にも会えますよ🎵

〈感想〉
・廃校舎の利用、懐かしかったです。さつまいもの説明もわかりやすく、学校形式で楽しく学べました。
・いばらきゴールドという名前のさつまいもがあることを初めて知りました。いろんなさつまいもがあることなど、さつまいもの勉強ができてよかったです。
・ミュージアムも十分に見学でき、親子で参加できて楽しかったです。
・トラクターで農園を1周しました。さつまいも畑を見たり、自然と触れあい楽しい時間をすごすことができました。
・美味しいものがたくさんあり、特に夏野菜いっぱいのカレーがとても美味しかったです。

Nb180801_01

集合写真

Nb180801_02

ミュージアム入り口とさつまいも畑

Nb180801_03

ミュージアム見学の様子

Nb180801_04

生徒手帳と宿題後のプレゼント

2018年7月31日 (火)

『とうかい環境フェスタ2018withキャンドルナイト』に参加しました♪~北部ブロック委員会

2018年7月21日(土) 15時~18時

東海村役場にて『とうかい環境フェスタ2018withキャンドルナイト』に参加させていただきました。今年もエコパネル展示・フードドライブコーナーを設けました。

エコパネル展示

Nb180721_01

そして、エコレストランでは、こんなメニューも(⋈◍>◡<◍)。✧♡

Nb180721_02

コープ商品の販売コーナーでは、冷凍ミカンが「なつかしいわ~」と大人気でした。子どもたちには風船プレゼントが大好評でした☆彡 おしゃべりコーナーでは、カタログを見ながら、常陸太田センター職員の方の説明を真剣に聞かれていました。

こんなに大勢の方が♡♬

Nb180721_03

フローズンヨーグルトを初めて食べた方は「すごくさっぱりして食べやすくておいしい!」とお土産に追加で購入されていました。お酢を使った飲み物も大人気!「3杯目!」という方もいました。

なお、本日、フードドライブにご協力いただき、お預かりした食品は、NPO法人フードバンク茨城に寄付させていただきました。

Nb180721_04

ご協力ありがとうございました!

来年も、皆さんとお会いできるのを楽しみにしています!!

2018年7月24日 (火)

「コープデリでんき」学習会を実施しました~北部ブロック委員会

2018年7月18日(水) コープデリ常陸太田センターにて
参加人数:16名

くらしと未来にやさしい”でんき”「コープデリでんき」 いよいよ申し込みがはじまり、 9月から供給がスタートされることになりました。先日配送された案内チラシを目にされた方もいらっしゃると思います。
「なぜコープが電気を?」「コープデリでんきに変えるのは面倒なんじゃない?」「本当に安くなるの?」など、チラシをパ ッと見ただけではわかりにくいことも、 学習会で分かりやすく教えていただきました。
講師として、 いばらきコープ総合企画室の篠崎さんと常陸太田センターご利用サポート担当の小田倉さんに来ていただいて、電気の説明を受けた後に、実際にみなさんに持参いただいた電気料金の検針票を使って料金シミュレーションを行いました。
2016年4月から電気小売り自由化が始まって、それまでは住 んでいる地域の電力会社に電気料金を支払うのが当たり前だったのが、利用者が電気小売り会社を選べる時代になったそうです。地球環境にやさしい方法で発電された電気を選んで契約することで 、CO2削減活動に協力できることがわかりました。
「コープデリでんき」のFIT電気は、再生可能エネルギーによる発電割合が高い電気だそうです。CO2削減に向けて、省エネやリサイクル等自分でできることに加えて、間接的に協力できることがあるのは うれしいですね。

~感想~
〇電気の仕組みについて、知って考える機会を持ててよかった。
〇オール電化のため今回は利用することはありませんが、マイバッ ク持参、省エネ、 リサイクル等自分でできることは進んで行いたいです。
〇実際に料金のシミュレーションをして参考になった。
〇FIT電気の取り組みはコープらしい取り組みでよいと思います 。
〇シミュレーションで、料金が少し下がることがわかりました。
〇省エネ、CO2削減を意識していきます。
〇「地球にとって優しいエネルギー電気とは」 という意識がされることに変わり、あらためて「コープデリでんき 」の可能性に期待します。

案内チラシの中面のQRコードを使うと、検針票があればご自分でも気軽に料金シミュレーションができるので、ぜひ試してみてください。

Nb180718_01

コープデリでんきの案内チラシ

Nb180718_02

当日の配布物

Nb180718_03

Nb180718_04

学習会の様子

2018年7月23日 (月)

7月ほぺたんひろば体験会報告〜北部ブロック委員会

2018年7月9日(月) コープデリ十王センターにて
参加者:17名

2018年7月13日(金) コープデリ常陸太田センターにて
参加者:11名

6月に続き、ひろばの体験会を開催しました。
今回はコープ商品を真ん中にお話するのはもちろんのこと、コープデリ保険センターの方に来ていただき、骨密度・血管年齢・肌年齢・脳年齢の測定やセンター職員にも参加してもらい、コープ共済の相談コーナーを設けたり、おしゃべりの種セットのフリーリアをお試ししてもらうなど盛りだくさんです!

〈感想〉
・「国産果汁100%フルーツゼリー」は、味が濃くて美味しいです。開けやすくて、汁がでないので汚れないのが良いです。
・「国産小麦のさつまいもバ―」は、材料が国産なのが良いですね。お芋の味とにおいがよくわかり、ひとくちサイズで食べやすいですね。
・「朝の応援食くるみ焼きドーナツ」は、しっとりしていてくるみの味・歯ごたえも丁度良いですね。

・測定する機会はなかなかないのでとてもよかったです。
・他の地域の方とも交流できて、楽しく気軽に感想が話せてよかったです。
・気になっていた保険や共済の話が聞けてよかったです。パンフレットを家族にも見せて検討したいです。

・「フリーリアのふきとり化粧水」は、角質がしっかり取れているのに驚きです!
・「フリーリアの高保湿化粧水」は、しっとりしていて、時間が過ぎてもしっとり感が持続しています。

いよいよ8月から始まるほぺたんひろば。参加しやすい会場にぜひ遊びに来てくださいね。詳しくは、「ほくぶ通信」をご覧ください。

Nb180709_01

Nb180709_02

Nb180709_03

Nb180709_04

2018年7月18日 (水)

(株)タカキベーカリーつくば工場見学会を実施しました。〜北部ブロック委員会

2018年7月11日(水) 10時30分~13時30分 つくば市タカキベーカリーつくば工場にて
参加者:組合員さん19名 非組合員さん3名 理事1名 ブロック委員1名 合計24名

タカキベーカリーつくば工場に到着後、工場入口で記念撮影をしました。入口には本日の参加者全員の名前が入ったウエルカムボードが置いてありました。

2階に上がって、営業本部の片本さんとシニアスタッフの池田さんから工場のラインの説明をしていただきました。最初に生地の仕込み、ミキシング、1次発酵、分割・成型のラインを見学しました。それぞれの材料の袋にはQRコードがついており、コードを読み込むことにより誤った材料の投入を防ぐことができ、誰がいつ何を入れたかが追跡できるそうです。
1次発酵の終わった生地は機械で決められた重さでカットされ、手で1つ1つ成型されるそうです。くるみパンなら、1時間で4人で4800個成型できるとのこと、職人技ですね。
通路の奥では2次発酵、焼成、冷ますラインを見学しました。オーブンに入れるところから、焼きあがったパンを冷ますところまで自動化されており、パンの載ったトレーがゆっくりと移動していました。オーブンのある室内は40℃にもなるそうです。

工場は24時間稼動していて、従業員の方は3交代勤務とのことでした。今日作られたパンは明日お店に並ぶそうです。
見学後は、研修施設の建物に移動し、タカキベーカリーの歴史や業務内容のDVDを見ました。この施設は社員の技術研修に使用され、2階には宿泊施設があるそうです。
今年70周年を迎えるタカキベーカリーは、広島で創業され、日本で初めて冷凍パンの技術を確立した会社です。グループ企業にはアンデルセンやリトルマーメイドがあります。効率ではなく、手間ひまかけて本物の味を再現しているとのことでした。

映像を見た後は食堂に移動して、昼食タイムです。「石窯で焼いたライ麦ロール」を使ったパングラタンと、プチトマト&オリーブオイルの簡単ディップを作って試食しました。他にもサラダバイキングと野菜スープを用意していただき、参加者の皆さんといただきました。

その後コープつちうら店に立ち寄り、店長さんに本日のお買い得品の説明をバスの中でしていただきました。

Nb180711_01

入口での記念撮影

Nb180711_02

説明を受けながら作っています

Nb180711_03

用意していただいた昼食

〈感想〉
・はじめての参加でしたが、パンつくりの工程や衛生環境などいろいろな事がわかり、とても良かったです。ランチも簡単にアレンジできる方法を教えていただき、これからの食事に活用していきたいと思いました。
・パン工場見学、何日も前から楽しみにしていました。工場内での説明はていねいでわかりやすく、とても親切でした。パン試食も初めて食べるパンで、とてもおいしくお腹いっぱいになりました。
・以前から参加したかったのでよかったです。おいしい食べ方、わかりやすい説明、手作りにこだわった製法でファンになりました。生協で利用させていただきまう。ありがとうございました。

2018年7月17日 (火)

畑のがっこうべジフレンズ畑の交流会(圃場管理)~北部ブロック委員会

2018年7月15日(日)
参加者:11家族28名 ブロック委員6名 理事1名 職員1名

東海村ファーマーズマーケットにじのなか店にて、JA常陸さんの協力で「べジフレンズ畑の交流会」の圃場管理を行いました。
自分が植えた さつまいもの苗が元気に育っているかを観察し、栄養が草に取られないように草刈りをしました。夏の暑い日に行うこの作業はとても大変ですが、とても大事な作業です。自分で体験することで農家の方の苦労を知ってもらいたいからです。
圃場管理は暑くなる前にと早い時間から始めますが、今年は異常な暑さで「暑い~。暑い。」と汗だくになりながら頑張りました。

Nb180715_01

ビフォーアフター! 素晴らしい!

Nb180715_02

Nb180715_03

Nb180715_04

「暑くて大変だったけど、きれいになったので良かった」
「あんなに雑草が生えてるとは思いませんでした。農家の方のご苦労が少しですが分かった気持ちです」
「農作物を作るのは大変だなと思いました」
などの感想をいただきました。

参加者の皆さん、お疲れ様でした。次回は、秋の収穫いも堀りです。

2018年7月 4日 (水)

6月ほぺたんひろば体験会〜北部ブロック委員会

今年度から始まる「ほぺたんひろば」ってどんなことするの? の声から、11の会場で体験会を開催しました。
59名の方に参加してもらい、コープ商品を真ん中にみんなで交流しました。

〈試食品の感想〉
「りんご+CA」
・りんごの果汁が甘すぎずにさっぱりしていて、おいしいです。
・パッケージがかわいい。飲みやすい量でよいです。

「国産果汁100%ゼリー」
・とても開けやすい!汁がでないので手が汚れなくてよい。
・味が濃くておいしいです。国産果汁100%で安心です。

「国産さつまいもバー」
・さくさくしていて、お芋の後味がやさしくておいしいです。
・食べきりサイズで価格もちょうどよいですね。お子様だけでなく、お年寄りにもよいですね。

「くるみの焼きドーナッツ」
・くるみの香り・食感がよく、小腹がすいたときに食べたいです。
・油であげていないので、さっぱりしていて、甘さもちょうどよいです。

〈ひろばの感想〉
・普段注文しないものの試食ができてよかったです。おいしかったので、注文したいと思います。
・皆さんとの会話で自分では利用していない食品を教えていただき勉強になりました。
・情報交換ができて楽しかったです。
・職員さんも参加してくれて、商品について質問できたり要望を聞いてもらえて、とてもよかったです。

Nb1806_01

Nb1806_02

Nb1806_03

2018年6月 4日 (月)

『いばらきコープの減災学習会』~北部ブロック委員会主催

2018年5月31日(木) 10時30分~12時30分 コープデリ常陸太田センターにて
参加人数:17名

私達は、忘れてはいけない辛い記憶をかかえ、また来るかもしれない災害に立ち向かわなくてはなりません。いつ・どこで起こりうるかもしれない自然災害を防ぐことはできません。でも「備えること」「知ること」で被害を減らすことはできるのではないでしょうか。それが「減災」です。

講師は、いばらきコープ全域理事くらし・平和・ユニセフ分野を担当されております磯部理事にお越しいただきました。重くなりがちなテーマですが頭だけで考えるのではなく、考え行動してみること、身近な物を使い役立つ物を作ることで、とても良い学習会になりました。

Nb180531_01

「リュックサックに何入れよう?」大人用と子供用!

Nb180531_02

Nb180531_03

「あと一つが悩む!」「子供になったつもりで……やっぱりゲームは(笑)」

Nb180531_04

おすすめ商品の紹介もありました。

Nb180531_05

「キッチンペーパーを折るでけ! 紙マスク」「材料は新聞紙2枚のみ! 新聞紙のスリッパ」

《参加者感想》
●災害が起こったときこそ冷静に、それぞれの状況に応じて行動しなければならないことが分かりました。
●ご近所同士で助け合うことの重要性。多用途に使える物を厳選し、わが家の防災袋を再点検しようと思いました。
●子どもたちは震災の時、小さかったので覚えてないかもしれないので、伝えておくことも必要だと思いました。
●あの日(東日本大震災)のことを話すのも大切。
●リュックのカードの裏側を見て自分が思っていた使い方と違う使い方があることが分かり役立ちました。
●リュックに積めるものは、何通りもの使い方が出来る物を選んだ方が良いことが分かりました。
●季節によって持ち出すものが違ってくるので、年に2回は持ち出すものを見直した方がいいのかなとも思いました。
●「ローリングストック」これはいいなと思いました。使いながら備蓄するを意識したいし、伝えていきたいと思いました。
●紙マスク・新聞紙スリッパ、簡単でお話しながら作れそう。教えてあげたいです。

より以前の記事一覧