08 福祉・子育て

2018年7月 2日 (月)

ブロック企画「親子リズム体操」〜西部ブロック委員会

2018年6月27日(水) 10時30分~11時30分 waiwaiドームしもつまにて
参加者:13名(組合員4名 子ども4名 ブロック委員4名 理事1名)

講師に、日本こどもフィットネス協会公認インストラクターの菊地涼子先生をお招きして、「親子リズム体操」を開催しました。

はじめに、みんなで元気にごあいさつ! でも、初めてのお友達ばかりなので、みんな少し恥ずかしそうです。

Wb180627_01

楽しい音楽に合わせて体を動かしたり、「パラシュート」と呼ばれるカラフルな布を使った遊びをしているうちに、子どもたちの笑顔がどんどん増えていきました。

Wb180627_02

Wb180627_03

あっという間に1時間が経ってしまいました。最後はみんな大きな声でごあいさつが出来ました!

〈参加者の感想〉
・とても楽しい企画でした。初めは緊張していた娘でしたが、だんだんと笑顔になり、最後はとてもうれしそうにやっていました。
・親子で楽しむことができました。
・近くだったので、参加出来ました。

これからも、組合員の皆さんが楽しく参加出来るような企画を考えていきたいと思います。

2018年3月21日 (水)

幼児安全法講習会〜北西ブロック委員会

2018年3月2日(金) コープデリひたちなかセンターにて
参加者:一般組合員11名 地域理事・ブロック委員6名 合計17名

日本赤十字社茨城支部の方を講師に迎え、乳幼児の「一次救命救急処置」についての講習会を行いました!

最初に日本赤十字社  茨城県支部の活動内容や講習会の内容などの説明を受けた後、幼児の人形を使用して、心配蘇生法の手順を学びました!

人が倒れている→周りの安全確認(近づいて危険がないかどうかなど)→全身の確認→声かけ→呼吸の確認→周りに助けを求める(119番への連絡とAEDの確保)→心臓マッサージ(30回)片手で手のひら基部で胸の厚みの1/3沈ませる→気道確保(下あごを引き上げる)して人口呼吸2回を連続して吹き込む の流れを5グループに分かれて、1人3回 ぐらい繰り返し行いました!

Nwb180302_01

それから、上記の手順プラスAEDの使用方法を教えてもらい、同じようにこちらも繰り返し行いました!

その後、乳児の人形を使用しての心配蘇生法を行いました! 幼児と違う所は、心臓マッサージの際に指2本で、行うことです! かなり指の力を必要な作業でしたので、辛い時は親指などでやっても大丈夫との事でした!

Nwb180302_02

また最後に気道異物の除去の方法を教えていただきました! 子どもはトイレットペーパーの芯ぐらいのものは口に入ってしまい、飲み込んでしまうとの事です。除去するためには背部叩打法や腹部突き上 げ法を教えてもらい、2人1組になって、体験してみたり、乳幼児の人形を使用して行ってみました。

Nwb180302_03

その後、質疑応答をし、ブロックニュースの案内や試食の説明などをしました!

《参加者の方の感想》
☆大人の心配蘇生法は受講したことがあったのですが、子供はどうなのか、興味があったので参加しました。実技をしっかりやって いただけて、実際にAEDの取り扱いを学ぶことができたので、とても良かったです!
☆今まで何となくしか知らなかった事をしっかり教えていただき、とてもありがたかったです。今日の講習が今後に生かせるよう心に刻みたいと思います。
☆実際に人形を使って練習できたので、体験を生かせそうです。
等の感想をいただきました。

これからも北西ブロック委員会では、たくさんの企画を計画していきたいと思ってますので、ぜひ「ほくとうせい」をご覧になって、参加していただけたらと思います。お待ちしています~(^-^)/

2018年2月21日 (水)

認知症サポーター学習会を開催しました♪〜中部ブロック委員会

2018年2月20日(火) コープ水戸店コミュニティールームにて
参加者:15名(一般組合員9名 水戸センター職員2名 ブロック委員2名 理事2名)

講師に居宅介護支援事業所 アクティブハートさかどの白石昌世司様をお迎えして学習会を行いました。
学習会では、「認知症を学び、地域で支えよう」と題しまして、パワーポイントを使い学習しました。内容は、認知症とはどんなものなのか?、認知症の種類、認知症にならないためには?、認知症サポーターとは? などなどのお話を事例などをあげて、分かりやすくお話していただきました!

認知症のかたへの関わり方
1.病気の特徴を理解して!
2.プライドを傷つけないで!
3.できることを大切にしよう!

認知症のかたへの基本姿勢
1.驚かせない
2.急がせない
3.自尊心を傷つけない

と、いったお話を聞き、みなさん、熱心に耳を傾けていました!!

参加者の感想としましては……
・認知症について、詳しく学ぶことができ、とても勉強になりました。
・安定した関係性の構築、馴染みある人間関係が大事なんだと思いました。
・認知症のタイプ別の症状がよくわかり、二回・三回と講座が続くとより深く理解できると思います。
・原因がわからないということが一番不安なことだと思う。将来、原因や治療法が確立されるといいですね!
と、いった声がありました!

今回の学習会で、“認知症”に関心がある方が多いことがわかり、次年度の計画に取り入れていきたいと思いました。男性参加者がいたこと、とても嬉しく思います。

Cb180220_01

2017年11月27日 (月)

いきいき! 暮らそう! 学習会〜くらしの助け合いの会鹿嶋・福祉分野共催

2017年11月21日(火) 10時〜12時 コープデリ鹿嶋センターにて
参加人数:12名(センター職員1名含む)

今回のテーマは「健康体操をしよう」「コープのいきいき暮らす」の商品を色々試食しよう! で皆さん参加してくださいました。

体操指導の田野中裕美子先生の指導のもと、初めは歩く事から始めました。ただ歩くだけではなく付加価値をつけて歩く事で筋力がつくいう事で、膝を内側に捻りながら歩きました。先生からの注意事項として、変な人と思われるので周りに人がいない事を確かめてから歩いてください。との事でした。確かに変な動きの人になっていました。

Tskai171121_01

次は立ち方です。両足の薬指が真っ直ぐなるように立つ事です。この立ち方から、腰を曲げて左右に動かします。この立ち方が腰に負担がかからないとの事でした。

Tskai171121_02

続いて床に座って、いつもがんばってくれている足のマッサージです。足指の間に指を入れて、ぐるぐるマッサージ、指一本ずつ揉んで引っ張る。次第に足がポカポカ気持ち良くなってきました。

Tskai171121_03

最後に今日の復習しながら体を動かしました。

〈参加者からの感想〉
☆体操は目からウロコで楽しく出来ました。
☆股関節の体操が気持ち良かったです。
☆今日の体操はきつかったです。
☆60歳までの体の使い方が老後に出るという事なので、体操を続けたいです!

コープの「いきいき暮らす」の商品をいろいろと試食しました。

Tskai171121_04

〈参加者からの感想〉
☆美味しかったのですか、味付けが濃いような気がしました。
☆思っていたより美味しかったです。
☆介護生活に入ったので、企画していただいて良かったです。
☆大福は美味しいけど、柔らかすぎのような感じがしました。

2017年10月31日 (火)

『くらしの助け合いの会全体学習会を開催しました。』

2017年10月30日(月) 10時~12時 コープ水戸店にて
参加人数:33名(理事1名含む)

くらしの助け合いの会に携わる組合員を対象に毎年1回、全体学習会を行っています。
今回のテーマは『高齢者の身近な事故』ということで、超高齢者社会の現状と、高齢者に起こりやすい事故について(株)ケアファクトリー代表取締役で介護福祉士、相談支援専門委員、ケアマネージャーでもある能本守康(のもと もりやす)様をお招きして御講義いただきました。

Tskai171030_01

講義の前半では、超高齢社会の現状と2025年起こりうる現象。健康寿命を延ばすために何が大切か……認知症患者の行動・心理症状についてや高齢者の生活不安や家族の介護上の不安について、後半は、高齢者の起こりうる事故、4パターンをとりあげ、その原因と対処、予防、普段から心がけることを詳しくお話いただきました。

参加された組合員さんからは、
○いろいろたくさん考えさせられて、これから自分にやってくる人生に大変勉強になりました。
○私自身も高齢者という域に入っているので人ごとではなく、自分でできることをして自立して高齢者を生きていけたらいいなと思っています。
○面白く興味深いお話でした。役に立てていけそうです。
○高齢者の問題をわかりやすくお話いただきありがとうございました。
○普段気が付かない、ささやかな気配りや言葉がけなど勉強になりました。
という感想がありました。

2017年10月30日 (月)

くらしの助け合いの会コープぐんまさんとの交流会

2017年10月5日(木) コープ水戸店にて

くらしの助け合いの会の「コープぐんまさんとの交流会」が開催されました。

Krs171005_01

コープぐんまさんからは、17名のくらしの助け合いの方が来てくださいました。いばらきコープからは、21名でお出迎えしました。

Krs171005_02

まず、いばらきコープから歓迎のご挨拶をしました。

Krs171005_03

それぞれのテーブルでは自己紹介をして、交流をしました。いばらきの「おもてなし」に、歓んでくださいました!!

Krs171005_04

次に、いばらきとぐんまの活動地域や、活動内容等を紹介しました。

Krs171005_05

その後、「助け合いの会があるさ」の歌に合わせたフォークダンスなどで、場が盛り上がりました。
交流を通して、活動の中での苦労はありますが、同じ活動をする仲間がいることは心強いことではないかと思いました。

2017年9月21日 (木)

簡単でおいしいお魚料理! を開催いたしました。〜南西ブロック委員会くらしの助け合い牛久地域共同開催

2017年9月20日(水) 10時~13時 コープうしく店2階コミュニティルームと調理室にて
参加者:18名

●くらしの助け合いの活動のご紹介
●コープうしく店鮮魚コーナーの磯野さんに来ていただき、さんまの下ごしらえと鯵の3枚おろしを教えてもらいました。

〇お魚の選び方〇生臭さをなくすためには、しっかり血のりをかき出して落とすことがポイント。さんまのうろこのお話等、みんなとの会話の中でも、参考になるお話がたくさんありました。

Swb170920_01

みんなお手本に注目中

●さばき方の練習もしました。中には初めておろした方もいらして、上手におろすことが出来ました。

Swb170920_02

さんまさばき中

Swb170920_03

鯵3枚おろし

●質問から出ました、鯵の3枚おろしにした真ん中は捨ててしまうのがもったいないということで、お薦めいただいたものから、急遽塩コショウ片栗粉でまぶし低温でゆっくり油で揚げることになり、骨煎餅もメニューに加わりました。
●完成です

Swb170920_04

完成です

●食事しながら、自己紹介をしました。
以前は、くらしの助け合いの活動会員だった方のお話や、はじめてこういう企画に参加してくださったお話など、いろいろご紹介いただきました。
くらしの助け合いの会活動会員は、くらしの助け合いの活動紹介や、ブロック委員からは、げんき通信やコープ会の紹介をしました。

Swb170920_05

Swb170920_06

Swb170920_07

こんなに仲良くみんなで食べました

「プロの魚のさばき方が学べて良かった」「鯵の三枚おろしがわからなかったのでとても参考になりました」「やったことがなかったので家でもこれからやってみたいと思います」
など、たいへん喜んでいただきました。
「少しおしゃべりが多かった」「揚げ物ばかりでない方が良い」というお声もいただきましたが、「骨せんべい美味しかったです」というお声も多く、くらしの助け合いの活動やコープ会にも興味を持っていただき、皆さんには楽しんで、お過ごしいただけたと思います。

お忙しい中ご協力いただきました、コープうしく店店長の谷田部さん、鮮魚コーナーの磯野さん、ありがとうございました♡

2017年9月15日 (金)

夏休み! 親子で作ろう!「おいしい かんたん おやつ作り」~くらしの助け合いの会勝田地域

2017年8月26日(土) コープひたちなか店コミュニティルームにて
参加者:10家族28人 助け合い世話人5人 ブロック委員3人

今回は夏休み企画として、おいしくてかんたんに作れるおやつを親子で楽しく作りました。
メニューは
・ご飯と野菜のかんたんおやき
・くだものいっぱいゼリー
・ジャガもち(きな粉添え)の3品です。

Tskai170826_01

家族ごとに材料を分けて作ったので、普段は仕事で忙しいお父さんも夢中になって親子で楽しく作れました(^_^)

Tskai170826_02

子どもたちも、自分から「混ぜる!」「丸める!」「焼く!」と、頑張っていました。
ジャガもちを作るジャガイモは、熱いうちに皮を剥いて潰さなければならないのですが、タオル、キッチンペーパー、ビニール袋等を使って上手に作業できました。(^_^) 子どもたちも「熱くない?」と聞いても、「大丈夫!」と言う返事が返ってきて、驚かされました。

Tskai170826_03

皆さん思い思いの形のおやつが出来上がり、笑顔で試食できました。小さなお子さんもあっという間に完食していました。

参加された方からは
*じゃがもちがカリッと焼けてとても美味しかった。
*フルーツゼリーは、バットいっぱい作ってたくさん食べたい。
*おやきはチャーハンより簡単で 子どもと作るのに良かった。
*家族でとても楽しい時間を過ごせました。普段 野菜をあまり食べない子が、おやきを美味しい!と言って食べていて嬉しかったです。家でも同じように作ってみたいです。
等、全部かんたんで美味しかった! と、皆さんから感想をいただきました。

2017年3月15日 (水)

"多肉植物の寄せ植え講習会"~くらしの助け合いの会 那珂地域主催~北西ブロック委員参加してきました!

2017年3月7日(火) コープデリひたちなかセンターにて
参加人数:一般10名 くらしの世話人4名 ブロック委員2名 計16名

講師にデュアルガーデン 須田さんに来ていただき、たくさんの多肉植物を持ってきていただました。

Nwb170307_01

最初に、参加者の方に植木鉢と多肉植物を4つ選んでもらいました! たくさんの種類の多肉植物で皆さん迷っていましたが、またそれも楽しんでいらっしゃいました♪

それから、多肉とは簡単にいうと「水を貯めることのできる植物の総称」、砂漠などの乾燥地帯に生育するものが多いなど説明していただきました。次に植木鉢でも穴があいてるものとあいていないものでの土の種類をかえる事! 多肉の株の分け方は思い切って分けて、土もそんなに残さず、植えて大丈夫との事でした!

その後に、水やりで、春と秋に活動するので、表面が乾いたらたっぷりお水をあげて、夏と冬は基本的にあげないとの事! ただ、セダムなど水をあげないと枯れてしまう種類もあるので、植物によって水をあげてくださいとの事でした!

また葉ざしやさし芽の注意点も教えていただきました! 葉ざしもさし芽も発根するまで、水を与えないで下さいとの事! 他にもたくさん説明をしていただきました(^-^)

それから、皆さん、思い思いに寄せ植えを行い、素敵な寄せ植えが出来ました♪

Nwb170307_02

Nwb170307_03

また須田さんから小さな植木鉢に余った多肉植物を持ち帰ってください! と嬉しいサービスがありました(*^^*)♪

片付けを行い、デリ注文の試食を食べながらの参加者の方と交流を行いました! まずは、くらしの助け合いの会の説明を行い、那珂地域の活動内容などを話していただきました! その後に講師の方に皆さん質疑応答を行い、楽しい交流の時間が持てました(^^)/

☆参加者の方の感想☆
・水やりの理由など丁寧に教えていただき、とても楽しく勉強になりました!
・お値段もとても安いです!
・これからもいろいろな多肉植物を育ててみようと思いました!
など、皆さん、とても満足していただいた企画になりました(^w^)

《今回の試食》
・co・opヨーグルト50いちご
・朝の応援食国産りんごのマドレーヌ
・タニタ食堂監修のおせんべい
・亀田のまがりせんべい

Nwb170307_04

2017年3月 6日 (月)

「いろいろのり巻きと交流会」~くらしの助け合いの会勝田地域主催・北西ブロック協力

2017年2月17日(金) コープひたちなか店にて
参加人数:一般25名 くらしの世話人5名 ブロック委員2名 計32名

はじめに、参加されているくらしの助け合い会の世話人の方の紹介の後に、前で説明をまじえて、見本を作っていただきました。
まず、きゅうりの入った細巻きずしを作りました。なかなか、皆さん、家で巻きすを使ってのり巻きをされる方がいないようで、巻き方に苦労されている方が多かったです。
細巻きを作り終えて、中巻きに取りかかりましたが、カツなど少し大きめの具が入ることで、バランスを考えて巻くのも難しいです。
最後に太巻きを作るのですが、たくさんの具が入っているので巻きづらく大変でしたが、細巻き、中巻きと経験していくうちに、皆さん上手になってきました。
世話人の方が、巻き方が変わるたびに各テーブルをまわって、丁寧に指導していただいたことで、全員、きれいに巻く事ができて喜んでいました。
皆さん、「家でも作ってみます」と声もあり、満足していただけたようです。

完成したのり巻きを試食しながら、世話人の方から、くらしの助け合いの会の成り立ちや目的、体験談、援助会員の募集など詳しくお話していただきました。

小さなお子さん連れや若い方の参加も多く、今回、家庭料理の中でも手作りされることが少なくなった“のり巻き”の基本とコツを学んでもらえた事と、活動を広く知ってもらう楽しい交流会になったのではないかと思います。

Nwb170217_01

作り方の説明です。

Nwb170217_02

作り方を皆さんで見ました。

Nwb170217_03

のり巻きにチャレンジ!

Nwb170217_04

具は
細巻き:きゅうり、ごま。
中巻き:カツ、レタス、梅。
太巻き:卵、しいたけ、かんぴょう、桜でんぶ。

より以前の記事一覧