2019年2月15日 (金)

1月のほぺたんひろばを開催しました。~東部ブロック委員会

今年初のほぺたんひろばは5市町村で開催し、参加者は8名、子ども3名でした。

試食品の感想
「うちのおみそ汁なす」
お湯を注ぐだけでお手軽に飲める。揚げなすが美味しい。

「co・op有機栽培茶葉使用グリーンルイボスティー」
飲みやすかったです。気になっていたお茶なので試せて良かった。

「co・op 風味豊かな発酵バターのショートブレッド」
いつ食べても美味しい。食べすぎがこわいです。

各会場、いろいろなお話で和やかに交流しました。

Ebhh1901_01

次回の予定
2/18(月) 鉾田 コープデリ鉾田センター
2/19(火) 行方 北浦公民館
2/20(水) 鹿嶋 コープデリ鹿嶋センター
2/21(木) 神栖 大野原コミュニィーセンター
2/21(木) 潮来 津知公民館
各会場10時からです。

楽しく♪ おしゃべりしましょう。お待ちしています。

☆今日からもちもち肌~ クラブコスメチックス学習会を開催しました☆〜中部ブロック委員会

2019年2月7日(木) コープデリ水戸センターにて
参加人数:組合員7名 理事1名 ブロック委員4名 計12名

株式会社クラブコスメチックスより前田様を講師に招き、コープ化粧品の学習会を行いましたヽ(´▽`)/ 

「クラブコスメチックスを知っていますか??」問いかけに……知っている組合員さんがあまり……(;ω;)
商品の後ろを見ると、クラブコスメチックスの名前が……参加者からは「コープ化粧品」をつくっていたのね~(^^) 

説明ではお肌のお手入れの必要性、「製造から販売まで責任を持っている会社」で化粧品会社では大変珍しいということも教えていただきました。
最初に機械を使って肌チェック、やはり隣の方とは違うものです。次に肌に合わせてクレンジングマッサージを行いました。
スキンケアの仕方の指導では、なかなか時間をかけて出来ないものですが、このひと手間が潤いの毎日を作ってくれると実感しました。 

続いて、参加者よりモデルを募り、モデルへのメイク指導を見ながらメイクアップ、「ファンデーション」「眉」「アイシャドウ」「チーク」等、流行りのメイクや表情に合わせたワンポイントまで、丁寧に教えていただきました。

Cb190207_01

〈参加者感想〉
・実際に使用することができて、良さが実感できました。
・マッサージで肌がとてもいい感じになりました。続けてみたいです。
・今まで使った事のないメイク化粧品の色や種類、やり方もとても勉強になりました。
・学習会ではお試しができるので商品のこともわかり、お値段も手頃なので買ってみたいと思いました。
・保湿はコットン使いが良いのですね。手間をかけてみます。
・丁寧に教えていただき、楽しい時間でした。肌チェックで参考になりました。
と、感想をいただきました。

Cb190207_02

Cb190207_03

Cb190207_04

~あなたの声と、キレイを作る~
コープ化粧品が大切にしているのは、一方通行にならない商品作り。 組合員の皆さまおひとりおひとりの声に耳を傾け、生協だからこそできる、 組合員さんと一緒に成長する化粧品を目指します (*´∀`)♪

化粧品は実際に試して見ないとわからない部分が多々あるので、試してみて興味を持った商品ができました。と、みなさん、もちもち肌で学習会が終わりました ヾ(*´∀`*)ノ

「株式会社クラブコスメチック」学習会を行いました♪~北西ブロック委員会

2019年1月10日(木) 10時30分~ 常北公民館にて
参加人数:組合員8名 ブロック委員5名

今回、株式会社クラブコスメチックさんをお迎えして、CO・OP化粧品について教えていただきました。肌診断と顔マッサージ、基礎化粧、自分に似合うリップの選び方など盛りだくさんの内容で教えていただきました。

まずは、CO・OP化粧品が組合員さんの意見から生まれたことを、教えていただきました。そして、組合委員さんの意見を取り入れつつ開発を続け、今年で41周年8代目と聞いてとても長い歴史があることを知りました。5つのこだわり「安全安心」「適正価格」「植物原料」「情報伝達」「開発参加」ということを念頭にこれからも進化していくのがCO・OP化粧品なんだなと感じました。

Nwb190110_01

その次に肌診断をしていただきました。大きく分けて4つの肌タイプに分かれるということでしたが、乾燥続きだったせいか乾燥肌タイプの方が多かったようです。こまめなスキンケアをすることで正常な肌に近づくといううことでタイプ別のお肌のお手入れの仕方を教えていただきました。

そのあと、コールドクリームを使用してクレンジングをしつつ顔マッサージを教えていただきました。皆さんとてもすっきりしたと好評でした。そのさい、オールインワンクリームは悪くないですが、やはり潤いが足りなくなりがちなので、化粧水+オールインワンの組み合わせが乾燥を防ぐのでこの時期にはお勧めですと言われました。

今回、株式会社クラブコスメチックさんが用意してくださった基礎化粧品は、「セルビナ」シリーズです。みなさんにとても好評でした。そのあと、メイクをしながら自分に合ったリップ選びといううことで簡単な方法を教えていただきました。

Nwb190110_02

また意外だったのが、お化粧で大切なのは「眉」「頬紅」「口紅」の3つで、アイメイクよりこの3つをきちんとすることで印象がだいぶ違うといううことでした。

講師の先生がモデルさんに施術した後、各グループをまわって説明してくださったので、気軽に質問ができました。

Nwb190110_03

〈感想〉
・マッサージがとてもよかった。コールドクリームを使ってみたい。
・お化粧の仕方、使用期限など疑問だったことが聞けて良かった。
・試してみてよい商品だと思った。使用してみたい。
・眉を描くブラシ(ルラン/パウダーチップアイブロウ)がとてもよかった。新商品とのことなのでカタログに載ったらぜひ購入したい。

《試食品》
co・op国産野菜クラッカー
co・opサラダせんべい
co・opベルギーワッフル(クオリティ)
co・opメイプルバウムクーヘン
co・opおしるこ(国産素材) エシカル商品
co・op穀物ブレンド茶(国産素材) エシカル商品

Nwb190110_04

1月のほぺたんひろばを開催しました♫~北西ブロック委員会

1月のほぺたんひろばは、7会場で9回開催しました♫

きらきら(コープひたちなか店) 8名
あじさい(コープひたちなか店) 6名
たびこ(コープデリひたちなかセンター) 0名
ひまわり(コープデリひたちなかセンター) 8名
なか(戸崎コミュニティーセンター) 4名
おおあらい(大洗中央公民館) 7名
しろさと(常北公民館) 1名
おおみや(おおみやコミュニティーセンター) 8名
だいご(大子中央公民館) 6名

今月は、「多様なくらしに対応した品ぞろえを大切にしています」という事で、coop 商品に限らず、組合員から支持の高い人気商品をまん中に、楽しい時間を過ごしました。

☆試食品の感想
うちのおみそ汁なす
・具がもう少し大きい方がいい。
・茄子が素揚げしてあって美味しい。
・インスタントに思えない味で美味しい。

co・op 有機栽培茶葉使用グリーンルイボスティー
・くせがなくて美味しくて飲みやすい。
・好きな人には物足りない。
・さっぱりしていて飲みやすい。

co・op 風味豊かな発酵バターのショートブレッド
・味が濃くて美味しい。
・バターが多くてとても美味しい。
・モソモソ感が年配者には苦手です。

Nwbhh1901_01

Nwbhh1901_02

◎2月のほぺたんひろばは、7会場、9回開催の予定です。詳細は、ブロックニュース《ほくとうせい》をご覧ください。
皆さまのご参加お待ちしております

バレンタインメニュー作り〜東部ブロック委員会

2019年2月4日(月) コープデリ鹿嶋センターにて
参加者:12名(ブロック委員 センター職員含む) 子ども5名

〜特別な日に大切な人に作ってみませんか?〜をテーマに、チョコを使ったメニューで楽しんでもらいました。
☆プチガナッシュ
☆クランチチョコ
☆チョコレートドレッシングで野菜サラダ
☆ミールキットでカレーライス

♪プチガナッシュは2種類(コーヒー風味、オレンジ風味)つくりました。
♪クランチチョコは子どもにも人気な米ハゼを使って作りました。
♪チョコレートドレッシングで少しデコレーションしました。
♪ミールキットでカレーライスを作りました。

Eb190204_01

Eb190204_02

☆参加者からの感想
・ガナッシュがすごく便利なのでこれから子どもとのお菓子作りにも大活躍だと思います。
・カレーを子どもが食べてくれたのがすごく嬉しかったです。
・料理も美味しく、楽しい時間を過ごせました。
・今日使用したミールキットで作ってみたいです。
・若いお母さんたちと一緒に作業が出来、楽しい時間を過ごすことが出来ました。
・コープの商品も初めて見るものがあり参考になりました。

「保育サポーター説明会」を開催しました!〜北西ブロック委員会

2019年2月7日(木) コープデリひたちなかセンターにて
参加人数:組合員5名 ブロック委員6名

次年度に活動していただく方への「保育サポーター説明会」を行いました。

Nwb190207_01

北西ブロック委員会の企画や総代会議等で、お子様を預ける組合員さんの託児をお願いしています。

保育サポーターにご興味のある方は、下記の総合企画室までお問い合わせください。
フリーアクセス:0120-160-231(月〜金 9時〜17時30分)

2019年2月11日 (月)

あまーい! 干しいも作り〜北西ブロック委員会

2019年1月26日(土) 10時45分〜 コープひたちなか店にて
参加者:9家族18名 北西ブロック4名 合計22名

朝から雪が降っていた為、開催時間を遅らせての開始でしたが、全員の方に参加していただけました。
干しいもと言えば、ひたちなか市が生産量日本一で、全国的にも人気の加工品となっています(^。^)
JA常陸の川又様、酒井様を講師にお迎えし、干しいもの作り方や干しいもの種類などを資料を見ながら学びました。また、市内の学校では、給食に干しいものかき揚げも出されているとのことで、新しい食べ方も教えていただきました。

干しいもについて学んだ後は、実際に干しいも作りを行いました! 今回もお芋の種類は、"べにはるか"です(^。^)/

農家の方に蒸していただいたおいもに、ナイフ形の木べらを垂直に立てるように当てて、手前から奥に皮をむいていきます。皮を厚くむくことで、黒くなるのを防ぎ、きれいな干しいもが仕上がるとのことです! 端は繊維があるので、多めにカットします。

針金の張られたスライサーで、むいたおいもをカットします。干す時にカットしたおいもを離しますが、べにはるかの種類はとても柔らかいので、自宅にはそのまま持ち帰って、冷めてから剥がした方がきれいに分けられるとのことです。

Nwb190126_01

Nwb190126_02

Nwb190126_03

自宅では、ザルなどで干して、お天気の良い日に約1週間くらい干していただいて、出来上がりです!

※参加者の感想
〈大人〉
・はじめての干しいも作りに参加させていただき、楽しかったです。娘も思っていたよりも上手に皮をむくことができていて、スライサーも「やりたい!」と言って率先してやっていました。また機会がありましたら、参加したいと思います。
・干しいもは手間がかかり、農家の方が一生懸命作ってくれている干しいもの美味しい理由が分かりました。また是非参加したいです。
・干しいもの作り方の工程が分かり、楽しかった。手間のかかる作業で、高価な理由が分かった気がします。

〈子ども〉
・皮をむくのが、難しかった。干しいもをはじめて作った。またやりたいです。
・作るのが難しかったけど、美味しかった。
・皮をむくときのお芋が熱かった。本当はもっと熱いお芋の皮をむくと聞いて、びっくりしました。干しいも作り、楽しかったです。

今回の試食品は、JA常陸さんの干しいもを用意していただきました。試食しながら、感想を言っていただき、その後、質疑応答を行いました。

また、最後にブロックからの案内やフードドライブについての説明を行いました。今回、同日企画として、たくさんの方にフードドライブにご協力いただきました。ご協力いただた方々、本当にありがとうございましたm(_ _)m

Nwb190126_04

南部ブロック企画コプセ学習会〜南部ブロック委員会

2019年1月29日(火) 四季健康館にて
参加者:組合員3名 理事1名 ブロック委員3名

2019年1月31日(木) 烏山町内会公民館にて
参加者:組合員4名 ブロック委員4名

コプセの秋葉さんをお迎えし、『多様化する葬送のあり方』と題し葬儀、相続、お墓のあれこれをうかがいました。

南部ブロックでは、アンケート調査の結果、各地域で老後に関する学習会を希望されてる方が多く、今回初の試みで2会場同企画で開催してみました。どちらもアットホームな雰囲気の中、じっくりとうかがう事が出来ました。

まずは、もしもの時の対応、流れについて詳しくお話してくれました。
自宅で亡くなったのか、病院なのか……また病院から自宅へ帰るのか、式場に直行するのか……葬儀の形式はどうするのか……返礼品は……? 悲しみの中でも即に決めなくてはならないことがたくさんあります。頭の中が真っ白、慌てて決めて親族トラブル……そうならない為にも、葬儀の方向性を事前に家族で話し合い書面に残しておくのが大切だそうです。
また葬儀の形式も多様化しています。中でも家族葬や一日葬が最近増えているそうです。形式により費用も変わってきます。それぞれの形式にメリットもあれば、デメリットもあります。トラブル回避の為にも事前の話し合いが大切なんですね。

また、相続人の範囲と順位、遺言書の種類や書き方、樹木葬や散骨の説明も詳しく話してもらい、内容盛りだくさんな学習会となりました。
途中のブレイクタイムでは、参加者同士が体験談や、自分の入るお墓はこうありたい! など、交流する事も出来ました。

参加者の声
・終活に興味あり、他社の見学もしましたが、詳しく話が聞けて相談も出来てよかった。早速見積もり出してみようと思います。
・樹木葬は耳にした事があってもよく分からなかったが、今回説明と資料で分かりやすく、帰ったら家族に見せてあげようと思います。
・もしもの時に慌てないよう、また子ども達に迷惑をかけない為にも事前準備をしたいと思います。
・今回の学習会は一度だけでなく何回も聞いて慌てない、そして時代と共に変わりゆく葬送を学んでいきたい。

皆さん今回の学習会に参加してよかったと言っていました。
今後も皆さんが参加したくなるような身になる学習会を企画していきたいと思います。おたのしみに。

Sb190129_01

Sb190129_02

Sb190129_03

行ってきました!『CO・OP九州のカットほうれん草』〜ラブコープ工場産地交流会「イシハラフーズ(株)」

Lc190207_01

2019年2月7日(木)~8日(金)

今回の日本生協連 ラブコープ工場産地交流会は宮崎県にある「イシハラフーズ」です。
このラブコープの取り組みは、コープ商品のお取引さまを訪問し、交流することによってコープ商品を知り、産地や工場の「想い」を共有することを目的にしています。

冷凍の「CO・OP九州のカットほうれん草」は、以前はよく使っていました。だって、洗わなくていいし、使いたい分だけ使えるし、冷凍庫にあれば「安心♪」な食材ですから。でも、畑をやるようになって手が出ない商品になっていました。
そんな私がラブ(。・ω・。)ノ♡「CO・OP九州のカットほうれん草」になってしまいました。

なぜなら……

まず、そのイシハラフーズでは生産者から集めた「ほうれん草」を加工しているのではなく自社で土づくりから種まき(播種)、雑草退治を兼ねた土寄せ(中耕)、収獲まで社員が畑(圃場)の管理をしています。(↓イシハラフーズが開発したアプリを使って、QRコードから作業履歴を管理)

Lc190207_02

点在している畑ごとに、この看板があります。

元気な土から元気なほうれん草が育っています。

Lc190207_03

収穫前には人の手で草取りです。近隣の方や中国からの研修生、福祉施設の方が働いています。

Lc190207_04

今年はほうれん草もすくすく育っていますが、草も。。。( ノω-、)クスン

Lc190207_05

ほうれん草は、すぐに加工に移されるため、刈り採り式で収穫しています。土から10㎝ほどのところでカットしながら収獲。作業のしやすさをいつも考え、農機具の改良もオリジナルです。(すごい!) こうして収穫されたほうれん草は、最短2時間で冷凍加工されます。(すごい!)
ほうれん草は徹底的に洗浄され、センサーと人の目によって異物や形状不良・枯れと取り除きます。もちろん、畑ごとにトレーサビリティも管理されています。
ブランチング(下ゆで)により、アクは取り除かれ、急速冷凍により鮮度やうまみが閉じ込められています。だから、冷凍なのに、畑から収穫したばかりの甘みのあるほうれん草なんですね。

イシハラフーズさんのすごいところは「残留農薬検査センター」を自前で持っているところ。(すごい!!!) 畑ごとに430の農薬成分を調べています。しかも2時間で診断できる最新式機器を導入しているため、出荷前にわかります。(すごーーーい!)
なぜ、430もの使っていない農薬を調べるんですか? の問いに「近隣の畑の農薬が風で飛んで来るドリフトのためです。」2015年には、隣の畑のごぼう栽培時の農薬が検出され、圃場丸ごと1トン廃棄ということがあったそうです。(1トンは約2000パック相当)

Lc190207_06

イシハラフーズさんの商品は生協9割、学校給食1割だそうです。「こだわって作っているから、それを評価してもらえる生協とは『取り引き『ではなく『取り組み』なんだと、石原社長がおっしゃっていました。
イシハラフーズさんは地域の困りごと(高齢化による廃農や耕作放棄地問題、障がい者の自立支援など)を笑顔に変える、そんなうれしい会社でした。

最後に、『CO・OP九州のカット小松菜』のおすすめです♪ 鉄分・カルシウムはほうれん草の2倍!! 女性にはうれしい食材です。是非!小松菜もお試しください~~!

Lc190207_07

‘産地の想いをつなぐ’JAふくおか八女 産地視察・交流参加報告

2019年2月4日(月)〜5日(火)
参加者:コープデリ連合会理事 組合員 職員10名

1日目
福岡空港で迎えて下さり、更に高速で約一時間半南下。

JAふくおか八女本店にて概要説明
自然豊かな管内ではお茶をはじめ、いちご、みかん、ぶどう、なし、キウイフルーツなどの果樹、なす、とまとなどの野菜、電照菊、ガーベラなどの花などの生産が盛んとのこと。採れないものがないんじゃないのかと思うほどです。

お茶の入れ方教室
今回は一人当たり3人分入れて両隣りの方にも飲んでいただくとのことでした。100℃の熱湯を湯呑みに入れただけで5℃から10℃下がります。更にあまり目にしたことのない「湯さまし」へ入れます。その間に八女茶を1人3g、2人目からは2gずつ急須に入れ適温に覚ましたお湯を注ぎ40秒〜1分待ちます。
ポイント!
急須の蓋の穴って注ぎ口の方側にするんですって。そして、1→2→3→3→2→1→1→2→3と、ほんの少しすつ注ぎ最後の一滴まで残さず注ぎます。

Jafym190204_01

両隣りの方と交換していたをだきました。不思議です。同じに教わったのに味が全然違うんです。二煎目は10秒くらいで十分だそうです。

茶パイロット視察
芸術的な緑のジュータンを前にお話していただきました。平地にしてから始めると3年目くらいから採れ、いいお茶になるのには5年くらいかかること。3月〜4月の天気や気温がとても大事なことなど。煎茶、かぶせ茶、玉露茶の違いなどわかりました。天皇杯他、各種茶品評会において数々の農林水産大臣賞を受賞、また食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられるJGAP認証を取得しておられるなど誇りと自信を持って活躍されていることが後継者不足の解消になっているのではないでしょうか。

Jafym190204_02

たけのこ圃場視察・収穫体験
脱サラをして他の方から熱心に指導を仰ぎ数年で賞を取るまでになった農家さんにお世話になりました。八女のたけのこは孟宗竹という12月くらいから採れる少し小さめのものでした。頭も出ていない、足で踏んでみればわかると言われましたがまったくわかりませんでした。頭が出てしまったらおいしくなくイノシシも食べないとのことでした。イノシシと競争だそうです。
竹にはカラーテープで1年目〜4年目の区別がしてあります。5年目には切って粉砕して飼料にするそうです。たけのこには表年と裏年がありだいたい1年ごとに採れる年、採れない年があるそうです。今年は裏の裏、本当に少ない年だそうです。そんな中でも受け入れてくださったことに感謝です。
採りたてのたけのこをその場で茹でて、ゆず梅みそ、わさび醤油、塩と三種類の味でいただきました。私は普段たけのこは好んで食べない方でしたが絶品でした! プライベートでも来てみたいと思ってしまいました。特に塩をちょっとつけると甘みがひきたちました。

Jafym190204_03

キウイ選果場視察

Jafym190204_04

Jafym190204_05

交流会
生産者の奥さま方と楽しくお話できました。ご夫婦で農家をされていること、両親と同居されている方が多いことなどわかりました。フルーツのビタミンCをたくさん摂ってるからでしょうか、お若くてお元気でお綺麗な方たちばかりでした。

2日目
就農支援センター視察
いちご農園視察・収穫体験
途中でおいしいイチゴの選び方を教えていただいたら更に甘くて美味しかったです。先端が甘いので綺麗な三角形は贈り物用に。自宅で食べるなら先が広くて大きいものがいいそうですよ!

Jafym190204_06

パッケージセンター視察

Jafym190204_07

Jafym190204_08

多くの女性の方が熟練の技で活躍されています。

立野選果場(とまと)視察
環境センター視察
契約している畑から四ツ角と中心部5箇所から土を採取し混ぜて土壌検査をしていること、採取から二日間でデータ化していることなど伺い、農家を守る、消費者を守る仕組みがちゃんとできていることがわかりました。

Jafym190204_09

昼食交流
地元の飲食店へJAふくおか八女管内で採れた野菜、フルーツを特別に持ち込んで調理してもらったメニューでした。もちろん八女茶も飲み放題。とても美味しかったです。

よらんの(直売所)視察

2日間、盛りだくさんのスケジュールでしたが安心安全な取り組みを伝えたいというJAふくおか八女の皆さまの熱意が十分伝わってきました。全国的にいうと農家の高齢化、後継者不足が深刻な問題となっていますが八女はとても元気! 日本全体も生産者、消費者、JAさんが一体化してともにがんばればまだまだいけるんじゃないでしょうか。消費者の私たちに出来ること、買って応援、食べて応援、伝えて応援ですね!

JAふくおか八女の皆さま二日間本当にありがとうございました。一緒に参加したデリ連合会の皆さま本当にお疲れ様でした。

«コープの商品食べ隊!! を開催しました〜南部ブロック委員会