2019年3月15日 (金)

2月ほぺたんひろば〜南部ブロック委員会

今年度最後のほぺたんひろばを各地で開催しました。
2月6日(水) ひまわりの館
2月13日(水) 四季健康館
2月13日(水) 大きなかぶ
2月19日(火) コープデリ土浦センター
2月20日(水) コープつちうら店

今月の試食品
・co-op烏龍茶
・co-op産直たまごで作った焼きドーナツ

今月は、フードチェーンについてお話をしました。フードチェーンとは、生産者から消費者の皆さんに届くまでの安全性確保の取り組みの事をいいます。改めてco-op商品の安心安全を再確認できました。また、今月が今年度最後のひろばという事で、思い出話や、次年度に期待する事など、交流しました。

試食品の感想
・ドーナツはふんわり優しい食感でよい。子供のおやつにいいですね。
・ドーナツは個包装だとco-op商品と分からないのは少し残念。
・烏龍茶は各メーカーで味の違いがあるが、co-op烏龍茶は飲みやすい。
・烏龍茶にしても緑茶にしてもco-op商品の飲み物は手頃な価格でありがたい。
と、各会場で様々な感想をいただきました。

次回のほぺたんひろばは……
5月を予定しています。4月のブロックニュース『おしらせ』で、日程、会場のご案内をします。
新年度のほぺたんひろばもお楽しみに。

Sbhh1902_01

2019年3月13日 (水)

☆今年度最後の『ほぺたんひろば』を開催しました☆〜中部ブロック委員会

《2月ほぺたんひろば》
2月15日(金) JA水戸内原支店
2月27日(水) コープデリ水戸センター
2月19日(火) コープデリ笠間センター
2月13日(水) 岩瀬公民館
2月14日(木) 伊讃公民館
2月20日(水) 宮山公園

各開催場所、最後のひろばを開催致しました。

今回のテーマは《フードチェーン》
フードチェーンとは……ひとつの商品が生産者から始まり消費者の皆さまに届くまでのつながり
コープの食の安全はこのフードチェーンのつながりを大切に調査・点検・検査を通して組合員に安心していただける取り組みを今後も進めていきます。

―――試食品の感想―――
3月号のコープスマイル(P11)に今月のおすすめ商品で掲載(*^-^)
「co-op烏龍茶」
・渋みも抑えてあり、すっきりと飲みやすいです。
・持った時に持ちやすいです。どうしてか判りませんが、手にしっくりきます。

「co-op産直のはぐぐむたまごで作った焼きドーナツ」
・材料が国産揃いが良いですね。こだわりが見えて安心して食べられます。
・焼きなので、ヘルシー!! 思考にはばっちりです。
・焼きドーナツですが、パサパサ感もなく美味しいです。
等々

今年度のほぺたんひろばはいかがでしたでしょうか? 商品を真ん中に発見や楽しい時間を過ごせましたでしょうか?
次年度の予定は5月からです。4月ブロックニュースに予定を掲載致します (*^^*)♡
是非、新しい出会いをお待ちしております。

Cbhh1902_01

Cbhh1902_02

Cbhh1902_03

災害時ホントに役立つ知恵袋~日頃から災害に備えよう〜南西ブロック委員会

2019年2月25日(月) 10時30分~12時30分 コープデリつくばセンター(参加人数:12名)
2019年2月27日(水) 10時~12時 コープデリ藤代センター(参加人数:16名)
2019年3月5日(火) 10時~12時 コープデリ守谷センター(参加人数:12名)

日本だけでなく、いま世界中が災害の危機にみまわれ、いつどこで何が起こっても、どんな災害が訪れてもおかしくない時代になっています。日々の備えが命運を分けるとも言われており、今回、改めて自分たちの身の回りの備えは危機にきちんと対応しているか、心の準備とともに、再確認する企画を開催しました。

防災リュックには どんなものを入れておけば本当に役に立つのか、どのように応用できるのか、など、参加者の皆さんから たくさんのアイデアを出していただきました。

Swb190225_01

実践例
・新聞紙で簡易スリッパを作り、お布団の下に入れておく。→就寝時の地震で倒れた家具やガラスの破片から足裏を守ることができる。
・厚めの新聞チラシを使ってお椀を折り、洗った牛乳パックを切りスプーンにし、敢えて常温のレトルトカレーと水で1時間戻したアルファ米を試食。→災害時にすぐにライフラインが復旧する保証はなく、温めないものでも食べられるという経験をしました。お椀にポリエチレン袋を入れて試食したので、お椀は次の食事でもう一度再利用できることも再確認できました。紙皿にラップを敷いて使っても洗い物がなくて便利なことも実際に体験しました。
・大きなビニール袋は、バケツに入れて広げれば配給された飲み水を運ぶ時にも使えたり、中にティッシュや雑巾を敷いて簡易トイレにもできる。首・腕部分を破けば防寒具にもなり、寒さで凍え心身ともに衰弱することも多少の回避ができる。

Swb190225_02

Swb190225_03

その他、使い古しのストッキングや手ぬぐいを使い止血のために患部を縛ったり、安い猫の砂を買っておき排泄したものに掛けると匂いが減少する知恵や、小銭、女性用生理用品、肌に優しいおしりふき、防寒に使えるアルミシート、自分の薬、ラジオ、呼び笛、家族の写真、マスク、ラップやビニール袋も多めにあると安心……等々、みなさまから色々な知恵やアイデアをたくさん出していただきました。
東日本大震災のときに実親が長い期間避難所生活を余儀なくされたり、常総市の水害ですべてが泥水に埋もれてしまい、あらゆるものを失ってしまったつらい体験談も聞くことができました。(家族との連絡手段の携帯電話用の手回し式充電器は、本当に持っていて良かったもののひとつだったそうです。)

災害時に実際にできる例として、ツナ缶を使ったランプやペットボトルにラップと水を入れて下から懐中電灯を照らし、光を拡散させてお部屋を明るくする簡易ランタンのデモンストレーションもやりました。

《参加者の感想》
・東日本大震災/常総市の水害被害について、貴重な実体験を聞くことができ、日頃の備えの重要さを強く感じることができた
・災害時を常に意識して 日々暮さなければならない と気持ちが引き締まった
・防災リュックには普段から食べ慣れているものを入れておこうと思った
・自分が知らなかった知恵を参加者からたくさん聞くことができて勉強になった
・ひとりでも多くに人に知ってもらいたいので、年に1度は開催したほうがよいと思う
・避難場所と避難所の違いがわかり、それぞれで必要な物が異なることを学んだ

車のガソリンを余裕をもって入れておく、災害が来たらどこで待ち合わせをするか家族で話し合っておく、ご近所の方と仲良くなっておく、家具などを固定し縦横の揺れに備える、カメラに災害の状況を撮っておく、など、他者の意見やアイデアを聞き、そこからさらに新しい発見や知恵も出て、減災にまつわる意識を高めることができました。参加者全員がともに学びあえた、とても有意義な企画でした。

災害は明日訪れるかも知れない自然の驚異です。災害を防ぐことはできませんが、災害が起こってしまったときに被害を最小限に減らせるよう、常日頃の備えや取り組みこそが一番大切です。また、家庭内での『自助』や地域内での『共助』、どちらも大切にすることが、大災害からの早期復旧・早期復興に直結します。
自然の猛威には勝てませんが、被害に負けることがないよう、家族や地域みんなで充分な備えをしておくことが、いま私たちにできる最大限の努力だと思います。

2019年3月12日 (火)

2月のほぺたんひろば〜北西ブロック委員会

2月のほぺたんひろばを開催しました(^.^)♪
☆あじさい(コープひたちなか店) 7名
☆きらきら(コープひたちなか店) 11名
☆たびこ(コープデリひたちなかセンター) 参加なし
☆ひまわり(コープデリひたちなかセンター) 11名
☆なか(戸崎コミュニティーセンター) 6名
☆おおあらい(大洗中央公民館) 8名
☆しろさと(常北公民館) 2名
☆おおみや(おおみやコミュニティーセンター) 11名
☆だいご(大子中央公民館) 5名
9回開催し、メンバー54名、ゲスト7名、合計61名の方が参加しました。

◎食の安全のために取り組んでいることや、フードチェーンについて話し合いました。
◎今年度最後のひろばなので、卒業の思い出や来年度の希望等も話し合いました。

◎今月の試食品の感想
〈co・op烏龍茶〉
・渋くなくて飲みやすい。
・すっきりしている。
・デザインが良い。

〈co・op産直のはぐくむたまごで作った焼きドーナッツ〉
・キメが細かく、しっとりして、おいしい。
・風味が良い。甘さ控えめでおいしい。
・おやつにピッタリ!

◎ユニセフカレンダー募金
・数ヶ所のほぺたんひろばで、ユニセフカレンダー募金にご協力いただき、ありがとうございました。

◎ほぺたんひろばは、3月・4月はお休みです。来年度は、5月からの開催予定となります。詳細は、ブロックニュースをご覧ください。
皆さまのご参加をお待ちしております〜♪

Nwbhh1902_01

Nwbhh1902_02

ドライフラワーでリース作り~東部ブロック委員会

2019年3月7日(木) 10時~ コープデリ鹿嶋センターにて
参加人数:9名(ブロック委員含む)

東部ブロックでは~ナチュラル素材でオリジナルリースを作っちゃおう~をテーマに講師のRリース様をお招きして季節のドライフラワーを使ったリースを作りました。

Eb190307_01

Eb190307_02

講師の方が用意してくれた材料はすべて自然の植物で、ご自分で育てた植物や私たちが雑草だと思っている植物などだそうです。講師の方の「ナチュラルリースを作ると雑草の見方が変わりますよ!」との言葉に、参加者のみなさんは、用意された材料を見て「これは何の植物ですか?」「これは何の実ですか?」と興味津々でした。「雑草がこんな可愛い素材になるんだね。」という声も聞かれました。

Eb190307_03

Eb190307_04

初めはどれから付ければ良いか分からないなど戸惑っていた方もいましたが、みんな作り始めるとさくさくと夢中になって作っていました。講師の方もとても優しい方で「見本は参考程度で、自分の好きなように飾り付けしてください」というアドバイスをいただき、みんな同じ材料を使ってリースを作りましたが、それぞれの感性と個性が出て、まったく同じ作品は一つもなく、すべて素敵な作品になりました。

Eb190307_05

Eb190307_06

参加者の方から「夢中になって、無口で作っちゃいました」「この日が楽しみで、家の中でリースを飾る場所を決めてきました」「素敵なリースが作れて嬉しい」「また作りたい」という声をいただきました。

Eb190307_07

2019年3月11日 (月)

ほぺたんひろば2月活動報告 フードチェーンについて〜南西ブロック委員会

・2/6(水) 研究学園ひろば ドコモショップつくば研究学園店
・2/7(木) 龍ケ崎ひろば 農業公園豊作村
・2/8(金) うしく店ひろば コープうしく店
・2/13(水) 牛久南ひろば ダーチャ
・2/14(木) 藤代センターひろば利根ひろば合同開催 コープデリ藤代センター
・2/16(土) サタデーつくばひろば コープデリつくばセンター
・2/27(水) 守谷センターひろば コープデリ守谷センター

今月は、藤代ひろばと利根ひろばが合同開催でしたので7会場で開催しました。参加者は28名、ゲストは2名でした。
今回のテーマ「フードチェーン」の話や試食品の説明、今年度は今月で終わることなどを話しました。

ひろばを1年やってきて……
・ひろばを通して普段知らないこと、ものを知れて安心して購入できた。
・コープ商品は情報の開示がされてて安心。
・コープ会の時より試食の数が減り、自分たちで商品を選べないが新しい商品・サービス・取り組みなどについて少しずつ知ることができてよかった。
・調理もたまにやりたい。
といろいろな意見をいただきました。来年度は、どんなひろばになるか楽しみですね♪

今回の試食品は
・co-op烏龍茶
・co-op産直のはぐくむたまごで作った焼きドーナツ

〜試食品の感想〜
⚪︎烏龍茶は……
・苦味がなく飲みやすい
・昔飲みすぎて胃が荒れた
・この味、量で低価格は嬉しい
・普段 烏龍茶を飲まないので他社のと飲み比べをしたかった
・他の茶飲料はビタミンCとしか表示されてないのと見比べることができてよかった
・ペットボトルの下半分のねじれた形が手にフィットして持ちやすい

⚪︎焼きドーナツは……
・甘さ控えめとはなっているがけっこう甘い
・マーガリンやショートニングを使ってないのが嬉しい
・バターの香りがすごくするのでおいしい
・揚げてないので低カロリー

今年度最後のひろばでした。来年度の予定は、げんき通信4月号に掲載されますのでふるってご応募ください!
多くの皆様の参加をお待ちしております!

Swbhh1902_01

Swbhh1902_02

Swbhh1902_03

2019年3月 8日 (金)

「ユニセフの活動を知ってみよう!」 通園・通学バックを作ってみよう♪〜北西ブロック委員会

2019年2月22日(金) コープデリひたちなかセンターにて
参加者:組合員4名 ブロック委員4名

茨城県ユニセフ協会より、小澤さん、江橋さん、関さん、礒部さんにおいでいただき、ユニセフ学習会と通園バック作りを行いました。

最初に、DVDでユニセフ活動の映像を見ました。ユニセフ大使であるサッカーの長谷部選手がエチオピアで活動している様子を見る事ができ良かったです。また、東日本大震災がきっかけとなり、通園バック作りが始まった等、色々なユニセフの活動を知ることが出来ました。

Nwb190222_01

続いてバック作りでは、たくさんの生地を用意していただき、みなさん布選びから楽しんでいました。
久しぶりにミシンにさわる方が多く、一つ一つ丁寧に教えていただき、通園バックとシューズ入れを作る事ができました。思い通りのバックが出来上がり、みなさん喜んでいました。

Nwb190222_02

〈参加者からの感想〉
・既製品ではなく、手作りの物を子どもに作ってあげられてとても良かったです。
・バック作り楽しくて感激です。
・ユニセフの活動が知れて、良かったです。映画も見てみたいと思いました。

Nwb190222_03

〈今回の試食〉
・ふっくら卵のオムライス(国産素材)〈エシカル商品〉
・沖縄県産もずくスープ
・いろいろ野菜の12品目サラダ
・コンビネーションサラダ

Nwb190222_04

2019年3月 7日 (木)

イトウ製菓工場見学会&理事長と懇談を行いました〜東部ブロック委員会 

2019年1月31日(木)
参加者:28名(組合員25名 非組合員3名)

イトウ製菓工場見学&理事長と懇談を行いました。
まずはイトウ製菓の田上さんの説明とDVDで会社の成り立ち、商品のこだわり等などを教えてもらいました。商品は200種類! 程あるそうです。注文が入ってから生産する「ジャストinタイム方式」なのでムダがありません。
工場はガラス越しに生産ラインを見学できました。次にイトウ製菓直営のカフェ「アトリエ プティ・ボア」に寄り、お買い物を楽しみました。
その後、いばらきコープ本部にて鶴長理事長と昼食交流をしました。

参加者さんから
・イトウ製菓の商品は丁寧に作られているの分かった。
・日本全国で販売される商品が全てこの小美玉市工場で作られていることに驚きました。

・理事長との懇談では、いろいろな質問が出て生協についてとても良く分かりました。
・理事長の今後への熱意を知ることができました。
と感想をいただきました。

Eb190131_01

Eb190131_02

Eb190131_03

Eb190131_04

サンスター(株)スカルプケア学習会を開催しました~北部ブロック委員会

2019年3月4日(月)
参加人数:メンバーさん12名 ブロック委員2名 職員1名

サンスターの方を講師にお招きし、スカルプケアとコープのヘアケア商品についての学習会を開催しました。

育毛の基礎知識には髪の毛についてと頭皮についてがあり、頭皮は肌と同じ28日周期、髪の毛の寿命は2年~6年と思ったより短い期間で再生する事が分かりました。
健康なヘアサイクル(毛髪周期)の中で、成長期と呼ばれる再び髪の成長がスタートするうぶ毛状態の時期が一番大事です。ドライヤーによる髪や皮膚への負担を減らし、摩擦から守る適切なヘアケアを心掛けなければ、抜け毛の原因に繋がるそうです。また、食生活を正して、ストレスを溜めない事で抜け毛の原因を減らすことができます。正しいシャンプーの方法や頭皮マッサージで毎日ケアすることもとても大切だという事が分かりました。

学習会の最中には、前方にたくさんならんだサンスターの生協取り扱い商品を実際に試しながら、話を聞くことができました。育毛剤は初めて使うという方が多かったので、参加された方々は商品を手に取って香りを確認したり、頭皮につけて使い心地を確認していました。

学習会後半には、参加者全員1人ずつマイクロスコープを使って自分の頭皮の状態をチェックしていただきました。普段、見慣れない自分の頭皮や髪の状態を確認することができ、とても良い学習会となりました。

参加者感想
・正しいシャンプーの仕方や頭皮マッサージについてとても勉強になりました。
・髪の毛を洗うのではなく地肌をよく洗いマッサージすることが髪にも育毛にも良いことが分かった。
・頭皮チェックで自分の地肌を見る機会はなかったので、とても良い企画でした。
・育毛剤を買って使ってみたいと思いました。

Nb190304_01

サンスターの生協取り扱い商品がたくさん並んでいます。

Nb190304_02

DVDを見ながら頭皮マッサージをしています。

Nb190304_03

マイクロスコープで頭皮の状態をチェック!

2019年3月 6日 (水)

減災学習会&パウチクックを開催しました〜中部ブロック委員会

2019年3月4日(月) コープデリ笠間センターにて
参加人数:18名(組合員9名 ブロック委員8名 理事1名)

いばらきコープ全域理事の笠井さん、総合企画室の藤代さんをお呼びして、減災学習会を行いました。

Cb190304_01

『減災』とは?
自然災害などは、人の力では防ぐことができません。災害に備えることで少しでも被害を減らすことが減災です!
今後、30年以内に水戸市で震度6弱以上の地震が起こる確率は、81%だそうです。いつくるかわからない災害にどんな備えをしたらよいか、詳しくお話を聞くことができました。
そのあとに、ちょっとしたゲームを!『非常用持ち出し袋に何入れる?』をやってみました。各グループで選ぶものが違って面白かったです。これは何を選んでも間違いはないとのことでした。

Cb190304_02

学習会のあとは、パウチクックです! 今回のメニューはこちらです!

Cb190304_03

ご飯は安心米を試してみました。

Cb190304_04

Cb190304_05

パウチクックをしている間に、新聞紙で作るスリッパとキッチンペーパーで作るマスクの作り方も教えてもらいました。

Cb190304_06

Cb190304_07

学習会だけでなく、パウチクックやスリッパ・マスクなどを作る体験ができ、参加者からはとても喜ばれました!

参加者感想
・とてもすべてが勉強になりました。
・減災について、何事もないときに、ある程度用意をしておくことが大切だと実感しました。
・パウチクックは、お湯で調理ができるのにびっくりしました。

«2月の『ほぺたんひろば』を開催しました♪〜西部ブロック委員会