2016年12月 9日 (金)

いばらきコープの産直産地「JAやさと」の圃場確認に行って来ました。

2016年12月5日(月)
参加者:いばらきコープ組合員3名 職員2名 JAやさと職員3名 生産者2名

「グリーンBOX」という商品を知っていますか?
それは全国有数の農産県茨城の旬の野菜の詰め合わせが週に1回産地からのお便りと共に届く商品です。
どんな育て方をしたかわかる!
だれが育てたのかがわかる!
どんな食べ方が出来るのかわかる!
これが「グリーンBOX」の魅力♪
生産者と組合員との双方向のつながりを大切に出来ている商品ですから、年に数回、組合員が産地の畑を訪ねて生育履歴や生育状況を見学し、生産の現場の声を聞く機会を設けています。
これからもお互いに顔の見える関係を深め愛着を持ってお野菜をいただく事を誓った視察となりました。 

Jay161205_01

にんじん生産者 石岡市の嶋田さんの圃場。
筑波山を見渡せる東向きの斜面で育てているのはクリスティーヌという品種
斜面に有るので水はけ、日当たりが共に良く
他の畑より成績が良いそうです

Jay161205_02

8月にまいた種は度重なる台風で流される事もありましたが今はこの状態です。数週間前の積雪で葉が少し痛んだもののもう食べ頃の大きさにまで育っています。充分な寒さにあたリ糖分を蓄える年明けには“ローズキャロット”のブランド名で組合員のもとに届けられます

Jay161205_03

今年のにんじんは日照不足のため小ぶりで思ったような収穫量にならないようです。病害虫に強くあまり手間のかからないにんじんですが、葉を切って洗って袋づめの出荷作業には手間取るとおっしゃっていました。

Jay161205_04

嶋田さんが手に持っているのは草をとるための道具。こうした道具の工夫で除草剤を使わず環境負荷の少ない生産を心がけています。特に嶋田さんは農機具好きð 農機具の展示会に出かけて行っては効率アップのためのアイディアを仕入れてくるそう(≧∀≦)

Jay161205_05

続いて訪ねたのはキャベツ生産者、石岡市の鈴木さんの圃場。この日は太陽の光がたっぷりと降り注いでいましたが、今年はやはり日照不足により生育不良になってしまいました。

Jay161205_06

紫ジャンパーの鈴木さん。キャベツの育成について説明してもらいました。
きれいな形のキャベツをつくる為には農薬の散布は不可欠です、それでも出来るだけ控え、使っているのは茨城県の特別栽培農産物ガイドラインの化学合成農薬の使用成分回数16原体の半数です。

Jay161205_07

例年なら既に出荷が終わっている畑ですが、生育が不十分だったため、この通りまだ残ってました。多少巻があまいのですが、甘くてジューシー( ^o^)畑でバリバリと2種類のキャベツをかじってみると味に違いがある事に初めて気づきます!
奥にとまっている鈴木さんの軽トラック、これがなんとデコトラ(デコレーショントラック)!? 農作業が楽しくなりそ~

12月多賀コープ会「クリスマスケーキ」~北部ブロック多賀コープ会

2016年12月7日(水) 10時~12時 エネスタ多賀にて
参加者:メンバーさん9名 ゲストさん1名 子ども4名 保育サポーター4名 ブロック委員1名

調理の合間に生協からのお知らせをしました。
<本日の試食品>
・イチゴ(とちおとめ)
・デザートほいっぷ
・オリーブオイル仕立ての塩せんべい
・はぐくむ卵赤玉
・ココナッツクッキー

Tg161207_01

<調理>
イチゴのロールケーキ
{材料}30cm×40cmの天板1枚分
・薄力粉 80グラム
・砂糖 80グラム
・卵 4個
中身・仕上用
・生クリーム 2パック
・砂糖 30g
・イチゴ 2パック

{作り方}
1.天板にクッキングシートをぴったりにしいておく オーブンは200℃に予熱しておく
イチゴは1/3を粗くきざみ、1/3を薄切りにし、残りはへたを取っておく
2.ボウルに卵を入れてほぐし、砂糖を2~3回に分けて入れ、もったりするまで泡立てる
3.ふるっておいた粉を2に入れ、切るようにまぜる
4.生地を天板に流し入れ、端までならしながら広げる
5.天板の底をたたいて泡を消し、オーブンで10分焼く
6.焼き上がったらアミの上でラップをかけて冷まし、紙から外して端を切り落としてから5cm幅に切る
7.生クリームと砂糖をボウルに入れてよく泡立て、半分に分ける
半分には1の刻んだイチゴを入れてまぜる
8.スポンジにイチゴ入りクリームをぬり、その上に薄切りにしたイチゴをならべる
9.8の端のスポンジ1枚をしっかり巻いて皿におき、ケーキの芯にする
10.残りのスポンジをクリームを内側にして9に巻きつけていく
11.仕上げの生クリームをぬって、イチゴをかざり、冷蔵庫で20分ほど冷やす

Tg161207_02

2.泡立てた生地

Tg161207_03

4.生地をならしているところ

Tg161207_04

6.生地を冷ましているところ

Tg161207_05

8.イチゴをならべました

Tg161207_06

10.巻き終わりの状態

Tg161207_07

11.イチゴを飾って出来上がり

Tg161207_08

切り分けていただきます

<感想>
・思ってもいなかった作り方でびっくりしました。断面も縦にスポンジが入るという新発見で楽しめました。10分という時短もいいですね。ぜひ試してみたいと思います。
・クリスマスケーキの作り方が目新しくてびっくりしました。スポンジの焼き方も簡単なので、早速試したいと思います。見た目も味もとてもよかったです。
・作り方も簡単でかわいくデコレーションもできるので、ぜひ家でも作りたいです。クリームも甘さひかえめでおいしかったです。

次回は来年1月18日(水) 10時〜 エネスタ多賀にて
飾り巻き寿司を作ります。

12月日立南コープ会「クリスマス料理」〜北部ブロック日立南コープ会

2016年12月8日(木) 10時~12時 コープデリ常陸太田センターにて
参加者:メンバーさん7名 ブロック委員1名

先週実施したJA水戸ひぬまのバス見学会の振り返りと生協からのお知らせをしました。

<本日の試食品>
・かぼちゃ(カット)
・ひぬまトマト
・レンコン
・にんじん
・じゃがいも
・玉ねぎ
・お米育ち鶏手羽元
・EXオリーブオイル
・レモンケーキ
・ほろほろ焼

Htcmnm161208_01

Htcmnm161208_02

<調理>
簡単ローストチキン
{材料}4人分
手羽元 8本
じゃがいも 中3個
★しょうゆ 60ml
★みりん 大さじ2
★砂糖 大さじ4
★ごま油 大さじ1
★しょうが(チューブ) 適量
★にんにく(チューブ) 適量
サラダ油 大さじ1

{作り方}
1.フライパンに油をひき、手羽元にこげめがつくまで焼く
2.炊飯器のかまに★の調味料全部を入れまぜる
3.手羽元、一口大に切ったじゃがいもを入れ、標準コースで加熱する

ミネストローネ
{材料}4人分
かぼちゃ 1/4個
レンコン 中1節
にんじん 1本
玉ねぎ 1個
トマト 中4個
水 800cc
ケチャップ 大さじ4
オリーブオイル 大さじ1
コンソメ 2個
塩・こしょう 適量

{作り方}
1.野菜はそれぞれ1cmくらいの大きさに切っておく
2.なべにオリーブオイルを中火で熱し、トマト以外の野菜をいためる
しんなりしたら、水とコンソメとトマトを入れ、ふたをして弱火で10分ほど煮る
3.野菜がやわらかくなったら、ケチャップと塩・こしょうで味をととのえる

Htcmnm161208_03

ローストチキンのできあがり

Htcmnm161208_04

ミネストローネ煮込み中

Htcmnm161208_05

完成です

感想
・お肉に味がしっかりついていて、とてもおいしかったです。簡単にできてびっくり。作ってみたいです。
・とってもおいしいローストチキンでした。セットして待つだけ、何よりの主婦の味方です。
・ミネストローネもトマト味でおいしかったです。アレンジも可能ですね。
・味が野菜によくしみていて、複雑な味が楽しめて万人向きですね。

次回は来年1月26日(木) 10時〜 コープデリ常陸太田センターにて
カレーピラフときなこプリンを作ります。

12月ケーキをデコレーション!~中部ブロック水戸北コープ会

2016年12月8日(木) 水戸市愛宕町茶房「集」にて
参加人数:9名(コープ会のメンバー8名 ブロック委員1名)

2016年も12月、申年最後のコープ会開催です。
12月のテーマ 社会貢献を中心に
「ときめきスマイル」を読み合わせ、「エプロンニュース」の中から1月開催予定の「ピースバスツアー」のお知らせをしました。
「コープスマイル」の内容をメンバーさんと読み取りをした中でP.7こえにこたえてQ&A CO・OP炭火やきとりの「加熱してありません」!の表示についてみなさんで話し合いをしました。
<裏面表示>に注目、凍結前加熱の有無や加熱調理の必要性など食品表示法に基づいた表示の仕方について、改めて学習・確認をしました。
その他1月から3月までのコープ会日程をメンバーさんと決めました。
いよいよ、今日のお楽しみ「ケーキをデコレーション」を始めます。

<ケーキの材料>
1.モンブラン冷凍ケーキ12カット デリ購入
2.いちご(サンタさん用) デリ購入
3.らくらくホイップ(ホワイトとチョコ) コープ水戸店購入
4.デコペンチョコ コープ水戸店購入
5.スターサンタセット コープ水戸店購入
6.トリオトッピング(チョコ粒 銀玉粒 トロピカルチョコ粒)

Mtkt161208_01

最初は! 冷凍モンブラン

手を洗い、イチゴでサンタを12人作ります(コープスマイル12月号表紙を参考)モンブランは、ホール型に組んでからそれぞれホイップをしぼり飾り付けをします。
それは、それは笑顔が飛び交い……「サンタさんの顔が!」「あら、つい夢中になって独り占めしたわ(#^^#) ごめんなさい」「銀玉を振りかけると豪華ね」「ケーキ作りは初めてよ……」とても立派なChrstmas Cakeが出来上がりました。
試食の際は、あみだくじで仲良く分けて……また大笑い(*^^)v

Mtkt161208_02

★イチゴのサンタが並んでさあーChrismas Cake完成★

メンバーさんの多くは子育ても終わり、クリスマスはささやかに形だけとおっしゃる方ばかりです♬ ♪今回直径18cmの6号ケーキが完成、アイデアを加えながらとても楽しい時間になったようです(^^♪

★本日の試食品★
・おしゃべりの種セットオレンジ&ココナッツクッキー
・おしゃべりの種セットアーモンドクッキー
・おしゃべりの種セットフェアトレードセイロン紅茶 
・ケーキの材料(上記表示)
・青森産スチューベンぶどう

★参加者感想★
・フェアトレード商品など積極的に利用したいです
・クッキーは、オレンジやアーモンドの素 材の美味しさを味わえます
・ケーキをわいわい飾りつけ、久しぶり……良かった!
・ぶどうをケーキの後に試食、それでも甘かったです
・大勢で大きいケーキを楽しむ! 味も一段とアップ!

 Mtkt161208_03

2016年楽しかったコープ会笑顔いっぱい(^O^)

今日はとても有意義な時間と美味しい・楽しいコープの試食タイムになりました。

次回は、2017年1月10日(火) 試食と新年の抱負!

「県西産直センター見学会」で、あま〜い〈ローズキャロット〉を掘ってきました!!〜北西ブロック委員会

2016年11月29日(火) 北西ブロック委員会主催の「県西産直センター産地見学会」が開催されました。
県西産直センターは、宅配で扱っている「グリーンBOX 」の産地の1つです。昨年6月に行った「季節の野菜料理講習会」で生産者の方に来ていただき、「今度は産地にも!!」とお招きいただいて、今回の見学会が実現しました。
参加者は、一般11名、北西ブロック6名の、計17名でした。

Nwb161129_01

まず初めに、県西産直センターの飯塚さんと一緒に、生産者の安喰さんを訪ね、菌床椎茸の様子を見せていただきました。案内してくださったのは、ご主人と奥様、若き後継ぎの息子さんです。

Nwb161129_02

椎茸はこれから美味しい時期で、菌の仕込みは11月から3月まで行われます。殺菌釜で100度で殺菌し、20度になったら雑菌が入らないよう慎重に菌を植えるそうです。おがくずをブロック状にしてビニール袋に入れたものが菌床となりますが、温度15℃以上、水を含ませて湿度50%に保つよう管理されます。
椎茸は手で、朝晩決まった時間に収穫します。殺虫剤を使わず、黄色の虫取り用粘着テープで虫をとります。原木栽培から菌床栽培に変えたことで、労力も減り、収穫も安定しているようでした。
参加者のほとんどの方は初めて菌床椎茸を見たので、ご主人や息子さんからいろいろなことを聞いていましたが、とても書ききれません。(^_^;)

Nwb161129_03

次に、お目当ての堤さんちのにんじん畑に向かいました。
畑で育てられていたのは「ローズキャロット」といい、県内の6つの産地がみんなで基準を定めて、おいしいにんじんを作るプロジェクトによって生まれたものです。
飯塚さんが取り立てのローズキャロットを生のまま切ってくださったので、試食しました。
なんということでしょう!! 甘かったです。(*^^*) これから寒くなっていくと、もっと甘くなるそうです。堤さんからお話を伺って、みんなでにんじんを掘りました。風は少し吹いていましたが、お天気でよかったです。(^o^)/

Nwb161129_04

みんな揃って、自分で掘ったローズキャロットを持ち、記念写真をパチリ、ビニール袋にたくさん入っている方もいますね。

Nwb161129_05

収穫後は県西産直センターに移動し、用意していただいた昼食をとりながら生産者の5人の方と質疑応答をして交流をしました。にんじん掘りをさせていただいた代表の堤さん、椎茸の生産者の安喰さん、ブロッコリーやほうれん草を作っている野沢さん、青年部部長の大久保さん、前に北西ブロックに来てくださった安達さんが参加されました。安達さんは、かんぴょうに接ぎ木したスイカの苗を持って来て見せてくださいました。そういえば、夏に美味しいスイカを持って来てくださったのを思い出しました。
昼食には、サラダバイキンク、にんじんたっぷりカレー、にんじんのぬか漬け、にんじんジュースと、にんじん料理が並びました。どれも美味しかったですが、お腹に余裕があれば、カレーをもっと食べたかった!! 交流では、野菜を作る作業や農機具について、購入した野菜の保存方法、にんじんの花、白菜をしばるのは何故か、オレンジの白菜、スイカの育て方……など、いろいろ質疑応答が行われました。和気あいあいとした会話を通して、参加者と産地との遠い距離が少し縮んだ気がしました。

産直センターを去る前に、直売所でにんじんと椎茸以外の野菜をたくさん買いました。椎茸の生産者の安喰さんの育てたラディッシュもありましたよ。今回の参加者は、みなさん野菜が好きですね。(^3^)/

※参加者の感想
・ 生産者と直接触れ合い、野菜がどのように作られているかを確かめることができてよかったです。
・色々な話を聞くことができて、ためになりました。
・疑問に思っていたことが聞けて、とても有意義でした。
・椎茸栽培の説明が解りやすくてよかったです。原木しいたけに比べて、菌床栽培は手間が省けたとのこと。
・原発事故の影響で今の栽培に切り替えたなど、椎茸農家の苦労に心を打たれました。
・にんじん掘りはとても楽しかったです。にんじんが甘いのにはびっくりしました。
・和気あいあいとした昼食を兼ねた交流会は、食事も美味しく勉強になる事が多かったです。

☆最後に、今回の見学会の為にご尽力いただいた飯塚さんを初め、歓迎していただいた産地の生産者の方に感謝いたします。m(_ _)m また、違う季節に、違う野菜を求め、お邪魔できたらいいなと思いました。

12月コープ会〜北部ブロック十王コープ会

2016年12月8日(木) 10時〜 コープデリ十王センターにて
参加者:メンバーさん4名 ブロック委員1名

炊飯器でにんじんのピラフとホットケーキにアイスをまぜるだけの簡単なパウンドケーキを作りました。ピラフの炊き上がりとパウンドケーキの焼き上がりを待ちながら、コープからのお知らせをしました。

本日の試食品
・無洗米茨城コシヒカリ
・にんじん
・玉ねぎ
・ロースハム
・ミニトマト(アンジェレ)
・スライスチーズ
・きぬさや
・北海道よつ葉バター
・エッセルスーパーカップ(チョコクッキー)

ピラフには、ハムとチーズを星形に型抜きしたものときぬさやとトマトで飾り付けしました。
余った材料でスープも作りました。

〈感想〉
・炊飯器に材料を入れるだけで簡単にピラフができ、にんじんが甘くて美味しいです。
・星形の飾りがかわいいです。
・ホットケーキミックスにアイスをまぜて、パウンドケーキ簡単でした。
・ミニトマトのアンジェレ、とても美味しいです。

Juou161208_01

Juou161208_02

Juou161208_03

Juou161208_04

次回は、1月24日(火) 10時〜 コープデリ十王センターにて
ロールケーキを作りたいと思います。

12月コープ会〜西部ブロック千代川きらきらコープ会

2016年12月6日(火) 10時〜 コープデリ千代川センターにて
参加者:メンバー3名 ブロック委員3名 お子さま5名 保育サポーター2名

今月のコープ会は、茨城県産「グリーン・プログラム  特別栽培にんじん」を使ってクリスマス料理に炊飯器で簡単「にんじんピラフ」と「そろってGood!」から「野菜と食べる油淋鶏」を作りました。寒くなりまして、今回は3組の親子でのコープ会となりました。

Ckrkr161206_01

試食品です☆

〈材料〉4人分
・米 2合
・水 2合の目盛りより大さじ1少なめ
・にんじん 1本
☆コンソメ(砕いて) 1個
☆塩 小さじ1
☆コショウ 適量
・バター 20g
・ドライパセリ

〈作り方〉
1.お米を洗って、2合に合わせて水を入れる。(大さじ1水を減らす。)
2.1にすりおろしたにんじんと☆を入れて炊く。
3.炊き上がったらバターを加え混ぜ合わせ、器によそったらドライパセリをちらす。

Ckrkr161206_02

出来上がり♡

Ckrkr161206_03

今回、塩・コショウをしませんでしたが「おいしいね〜(^-^)」と、すりおろしにんじんがたっぷり入ったピラフを食べてくれました♪

《メンバーさんの感想》
・にんじんピラフ
コンソメとバターの塩気で子どもでも食べやすかったです。
色鮮やかでキャラ弁にも使えそう。
・「そろってGood! 野菜と食べる油淋鶏」
レンチンする事で野菜もたっぷり手軽に取れますね。
タレも美味しく、お豆腐にかけても良いかも!
・co・opミニカップゼリーフルーツ100
果汁100%なのでgood♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

「コープ会で試食してから『そろってGood!』利用するようになりました。」とメンバーさんから♡ 気になるものを試食したり、新しい商品の発見があったりと皆さんコープ会を楽しんでくださっているようです♪

千代川きらきらコープ会では、メンバーさんを随時募集しています。興味のある方は総合企画室(0120-160-231)まで、是非ご連絡ください。

次回コープ会は
1月11日(水) 10時〜 コープデリ千代川センターにて
「グリーンBOXミニ」を「鍋つゆ」数種類で試食になります。
皆さんのご参加をお待ちしております。

2016年12月 8日 (木)

JA水戸ひぬま見学に行ってきました。〜北部ブロック日立南コープ会

2016年12月1日(木) 10時~12時30分
参加者:24名(メンバーさん8名 一般組合員14名 ブロック委員2名)

朝から雨のあいにくの天気でしたが、予定通り常陸太田センターを出発しました。
資材センター(ひぬまセンター)に到着後、そのままバスでトマト部会長の柳様のご自宅へ移動しました。
作業場でJA水戸ひぬまの桐原センター長と柳部会長よりJA水戸ひぬま産直部会とトマトについての説明を受けました。
柳部会長は「ハピ・デリ!」のちいきげんき! ページに何度か掲載されている方です。

Htcmnm161201_01

柳部会長のお話を聞いています

ひぬまトマトは1産地で1年間契約(全国でもほぼない)し、通年出荷はここだけだそうです。安全・安心を第一に考え、たい肥や有機肥料を使用し、農薬の使用回数をできるだけ減らして栽培を行っています。ハウス内に害虫の侵入を防ぐため、防虫ネットを張ったり虫取りシートを設置しているので、殺虫剤の使用は1回で済むそうです。ハウス内の暖房の燃料を抑えるため、内張りもアルミ箔をポリエチレンではさんだ3層構造の特殊なものを使用しています。
トマトは病気に強く、特に食味・収量がよい品種(風林火山・大安吉日)を作付けしています。種から育てて接木したものと苗からのものと半分ずつ作付けします。接木は下は丈夫なもの、上はおいしいトマト同士をついでいるそうです。今回見学したハウスのトマトの茎からは20段以上収穫でき、上から糸でつっていつも同じ形にしてあるそうです。今回の収穫した段は2段目でした。
ひぬまでは完熟したトマトを冷蔵してそのまま流通しているので、冷蔵で1週間くらいがおいしく食べられますが、収穫後3日目(ちょうど宅配で届くころ)が一番おいしいそうです。まだ青いうちに収穫して、流通するうちに赤くなるトマトはオレンジ色になるそうです。4~6月が特においしいとのことでした。

お話の後、1人ずつはさみと袋を持ってハウスの中へ入りました。入口の手前で靴底を消毒し、大きなハウスに入ると中にはトマトの木(?)がたくさん並んでいました。

Htcmnm161201_02

Htcmnm161201_03

ビニールハウスの中の様子

真っ赤なトマトを見つけては、はさみで切って袋に入れていきます。

Htcmnm161201_04

トマトを収穫しています

収穫したトマトは各自精算して持ち帰ります。トマトが1kg300円、ミニトマトが1kg500円と大変お得な価格で購入できて、皆さん大満足でした。
収穫体験の後はまたバスに乗ってひぬまセンターに移動し、2階の会議室で生産者の方々と昼食交流を行いました。

Htcmnm161201_05

昼食交流の様子

昼食を食べながら、また食事の後にも質疑応答の時間を設け、活発な意見交換ができました。今までにひぬまのトマトを買ったことがある方との質問では半分の方があるとのことでした。今度買ってみたいかとの質問には全員の方が手を挙げられました。
冬のお勧めのトマト料理は? との質問には、チキンのトマト煮や、パスタ料理、輪切りにしてハムやベーコン、卵と焼くなど、加熱してもおいしいとのことでした。生産者の奥様方が、トマトを使った料理を教えてくださるとのことなので、ぜひブロックでお願いしたいと思いました。
お話の中で、柳部会長が「ひぬまのトマトを届け続ける それが私たちの誇りであり義務です」とおっしゃっていたのが、印象に残りました。
最後にセンターの玄関で、生産者の方々といっしょに記念撮影をしました。

Htcmnm161201_06

記念撮影

帰りにコープ水戸店に立ち寄りました。職員さんに歓迎のお菓子をいただいてから、皆さんお買い物を楽しまれました。

参加者の感想
・農家さんの1年中の大変さがよくわかりました。
・甘いトマトを食べることができました。生産者との懇談会は生の声を聞くことができてよかったです。
・生産者、JAの方々の丁寧な対応で、トマトづくりに対する熱い想いが伝わってきました。生食以外のレシピも勉強したいので、産地をお呼びしたいです。

次回のコープ会は12月8日(木) 10時〜 コープデリ常陸太田センターにて
クリスマス料理を作ります。

山菱水産(株)学習会を開催しました☆〜中部ブロックフレール水戸コープ会

2016年12月7日(水)
参加人数:26人(メンバー15名 一般組合員8名 理事1名 ブロック委員2名)

まぐろ商品の安心・安全と美味しい食べ方を学びましょう♫ という事で、福島県いわき市小名浜にある山菱水産株式会社の坂本様を講師にお迎えし、学習会を行いました。

まず、まぐろの種類について。
本まぐろ、インドまぐろ、目鉢まぐろ、黄肌まぐろ、袖長(びんちょう)まぐろの5種で、カジキマグロは〝まぐろ〟ではないんです! カジキマグロはスズキ目カジキ亜目に分類され、まぐろと混同する方が多いんですとの説明を受け、「あら〜、勘違いしてたのね〜」との声が(^^;;

まぐろの栄養にはDHAやEPA 、たんぱく質が豊富に含まれていますが、特にDHAは100gあたりではイワシの2倍以上も多く含まれているそうです。受験生をお持ちのご家庭では、ぜひまぐろを食事に取り入れてくださいね!!

また、まぐろの漁場は世界中にあり、日本では同じ漁場でも船籍の登録している国により産地表示が異なる、原産地表示について説明がありました。日本船が漁獲したものは、原則水域名(太平洋など)で表示。外国籍、例えば韓国船の場合は、水揚げされる港が韓国でも日本でも韓国産と表示されるそうです。

そして、まぐろのサクは、天身、下身、尾に分けられ、それぞれ食べ方が異なること。
まず、天身はまぐろの背骨部分で、筋がなく、赤みが濃く、刺身や寿司に。お寿司屋さんでいう赤みのうまい部分に当たるそうです。下身は腹側の部分で、中トロや大トロにあたります。尾は、尻尾の部分で筋が多く、ブツ切りにして、山かけにしたり、加熱するとより美味しくなるので、ステーキやフライなどに向いているそうです。購入する際の参考にしてみてください。
それから、サクを切る時は、文化包丁でも良いので、刃を研いで切れ味を良くする事。サクが筋と垂直になるように向きを変えて置き、文化包丁の元から先までを使って切る事で上手に切れると教えていただきました。

また、冷凍マグロはなぜ賞味期限が短いのか?
まぐろは−35℃よりも高い温度では、酸化が進んでしまうそうです。家庭の冷凍庫は−18℃位のため、当然、酸化してしまいます。だから冷凍まぐろの賞味期限は30日と短いそうです。一番美味しく召し上がれるのは、宅配で届いてから1週間以内だそうです。

最後に映像にて、まぐろの水揚げからネギトロ、漬け丼の商品が出来上がるまでの工程を見せていただきました。X線検査、金属探知器、放射能検査などを経て、私たちの食卓に届くこと。『小さい子どもに自信を持って出せる安全な商品しか出荷しない』との音葉に徹底した品質管理への自信が溢れていました。

〜失敗しない、まぐろのサクの解凍方法☆〜
1……3〜5%の塩水に5分つける
2……まぐろは電動ノコギリで切るので、おがくずのような切り身の粉を取る。
3……キッチンペーパーで包んで、冷蔵庫で2〜3時間解凍(この時まぐろを空気に触れさせる事で、ミオグロビンが酸化し赤みが増す。)
急いで解凍したい場合は、1、2の後、キッチンペーパーで包んで、常温で15分放置し、半解凍の状態で切り、ご飯の上に乗せて解凍。ただし、この解凍方法だとドリップが出やすいそうです。

試食品
・まぐろの中落ち
・ネギトロ
・黄肌まぐろ丼用
・まぐろねぎま鍋用(まぐろはらみ)
・カルパッチョ用あぶり(ドレッシング付き)

〈参加者感想〉
○坂本さんのお話は楽しく、分かりやすく、とても勉強になりました。教えていただいた、解凍方法、切り方を試してみます。
○まぐろの知識が深まり、大変良かったです。これからもっと食べたいと思います。試食品もたくさんあり、どれも美味しくいただきました。
○上手に解凍する方法やまぐろの部位によって食べ方の違いなどを教えていただき、とてもためになりました。毎日の生活にすぐ実践したいと思います。
○食卓に届くまでには、たくさんの方が関わっていて、解体作業は、本当に大変だと思いました。日本の安全でおいしい食に対する意識、技術は素晴らしいと思います。

次回予定は、1月12日(木) 10時〜 コープ水戸店にて
試食と交流です。

Flmt161207_01

学習会の様子

Flmt161207_02

生協のまぐろの流通経路と原産地表示

Flmt161207_03

サクの種類

Flmt161207_04

まぐろづくしの試食品♡ 美味しくいただきました(*^o^*)

中央化学(株)バス見学振り返り&レジンでストラップ作り~西部ブロック三和コープ会

2016年12月1日(木) 10時~ コープデリ三和センターにて
参加人数:14名(メンバー12名 ブロック委員2名)登録人数17名

今月のコープ会は、まず11月25日に見学に行った中央化学(株)の振り返りをしました。

《見学会の感想やご意見》
・プラスチック製品が再生されているところも見学したかった。
・ゴミを出す人たちが分別できていないことに驚いた。自分自身も意識してゴミを出そうと思った。
・リサイクル製品は、工場の方で積極的に販売したらどうだろうか? 一般にはあまり普及していないと思う。
・生協で柄物のトレーも回収してくれるとよい。組合員にリサイクルが浸透していない気がするので、もっと広めるべき。

次に、レジンを使ってストラップを作りました。担当のメンバーさんが細やかな下準備をして下さり、わかりやすい説明で、簡単に作ることができました。

Snw161201_01

Snw161201_02

素敵なストラップが出来上がりました♫

《試食品》
・しょうがくず湯は、甘くなく美味しかった。
・ぬれやき煎辛八は、歯応えがやわらかくて、ピリッとした味がよい。
・もちもち揚は、さくさくした食感が美味しかった。
・黄福ろうる純白は、ふんわりしていて甘すぎないクリームがちょうどよい。

☆次回のコープ会は、1月20日(金) 10時~ コープデリ三和センターにて
調理(お楽しみメニュー)になります。

«コープ水戸店『お正月予約試食会』を行いました♪〜中部ブロック委員会