2018年10月16日 (火)

♪オリジナル「岩下漬け」を作っちゃおう♪ 岩下の新生姜ミュージアム見学会~北部ブロック委員会主催

2018年10月11日(木) 10時30分~12時
参加者:30名(組合員さん28名 ブロック委員2名)

Nb181011_01

水府総合センターきらめきを出発する時は曇り空でしたが、常陸太田センターにつく頃には、雨が降っていました。バスの中では、みなさんそれぞれに歓談していましたが、生姜クイズが始まると真剣に答えて盛りあがりました。ミュージアムに着く頃には雨もすっかりあがりました。

Nb181011_02

ハロウィンの仮装をして集合写真を撮りました。

いよいよ、岩下漬け体験です。野菜やボトルをデコレーションするシールなどが用意されていました。オリジナルの味以外に限定の甘みのある「シソ風味」さっぱりした「ゆず風味」もありました。

Nb181011_03

岩下漬け体験風景

体験した後は、DVDで岩下食品の会社、商品の取り組みを教えていただきました。
その後、各自ミュージアム見学、カフェ、お買い物を楽しみました。

Nb181011_04

Nb181011_05

自宅で開けて見ると、小さなボトルにこんなにたくさんのお野菜が……

参加者の感想
・岩下漬けの体験は、楽しくて30分で簡単に出来て、3時間すれば食べられるのがいいですね。
・岩下の新生姜の栽培法からわかり、勉強になりました。生姜が、台湾で作られているのを初めて知りました。

2018年10月12日 (金)

9月のほぺたんひろばを開催しました~南部ブロック委員会

・9月12日(水) コープデリ土浦センター
・9月13日(木) 大きなかぶ(阿見町)
・9月14日(金) ひまわりの館
・9月21日(金) コープつちうら店・四季健康館(小美玉市)

新しい会場として「大きなかぶ」が仲間入りです♪ ここはグリーンBOXの産地である大地のめぐみの建物です。直売所があるので、朝から人でにぎわっていました。ほぺたんひろばが終わる時間には品物も少なくなっているとのことで、買い物をしてからほぺたんひろばに参加する方がいました(^^)

〈試食品〉
・CO-OPミックスキャロット125ml
・CO-OPミックスビーンズドライパック55g
・CO-OP油であげないミニさやえんどう豆スナック

お孫さんをお持ちの方の視点で話が盛り上がりました。2歳になったからミックスキャロット125mlでは少ないのよ、油であげてないお菓子なら買って準備しておこう、などです。ただ、油であげていないのに、なぜ油をかけてあるのでしょうか? 疑問に思われた方が数名いました。ミックスビーンズドライパックに関してはサラダのトッピングに利用しやすいようで、袋は洗ってプラスチックゴミに出せるので、とても便利のようです。

つちうら店会場では、「店舗は生協ならではの品揃えにして欲しい。デリ宅配カタログ『ハピ・デリ!』の商品が店舗で買えない事が多くて残念」との声がありました。
また、9月に北海道で地震があり、災害時を考えてコールセンターを1か所に集中するのはどうなのか? 想定外にも対応しないといけない時代になってきたのではないか? などの声もありました。皆さん、コープが大好きなのが伝わってきました(^^)

また10月にほぺたんひろばでお会いしましょう♪

Sbhh1809_01

8月のほぺたんひろばを開催しました~南部ブロック委員会

8月6日(月) コープつちうら店
8月8日(水) ひまわりの館(石岡市)*台風により中止
8月10日(金) コープデリ土浦センター

8月から「ほぺたんひろば」がスタートしました!
南部ブロックでは「ほぺたん倶楽部」や「サロン」を立ち上げたグループが多いので、「ほぺたんひろば」は3会場からの始まりです。お盆前で参加者は少なかったように思いましたが、内容はとても濃かったようです。

〈試食サンプル〉
・CO-OPビーフカレー甘口
・CO-OP応援食クッキーきなこ味

CO-OPビーフカレーのパッケージには、湯煎した際に菜箸を入れられる穴が開いています。このことを知らなかった方は、とても驚いていました。もちろん、知っている方もいました。ちょっとした工夫がされているののは、コープならではですよね(^^)

応援食クッキーは個包装になっているのが便利ですが、ついつい食べ過ぎてしまいそうです。きなこ味は食物繊維が多いのですが、貧血気味の女性のために鉄分が多い物も作って欲しいとの声がありました。

店舗組合員の方はデリ宅配カタログ「ハピ・デリ!」を見る機会が少ないので、商品についての話が尽きなかったそうです。生協の良さに気づく場となりました。

Sbhh1808_01

くらしの見直し講演会「減災塾」を開催しました~LPAの会

2018年10月10日(水) 10時~12時 コープ水戸店にて
参加者:32名 託児4名

このところ台風や地震などの自然災害が増えているように思います。必ず来る自然災害に備えてどう対処するか、被害を最小限に減らすためのセミナーを開催しました。講師に防災・減災アドバイザー減災塾塾長の水島重光氏をお迎えしました。

タイトルは「関東危険度からの備えは? いつもの暮らしの中で出来る減災」です。
まず最初に、今後30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率のデータを見て、愕然としました。

「水戸市81%」です!!

他の地域は数%なのに対し、全国で水戸市・千葉市・横浜市だけが80%超えなのです。先日地震があった北海道でさえも78%の確率です。それより高い数値だとは思いませんでした……。災害は確実にやってくるので、ではどうしたら良いのでしょう?

まず、自助力チェック項目で確認して行きましょう。あなたはいくつ〇が付きますか?
・家庭内の家財道具に対して安全を考えて配置したり、家具転倒対策をしている。
・『緊急地震速報・特別警報』発令で、どう行動するか家族で事前に決めている。
・災害情報を知らせる、あなたの居住区行政の災害通報メール等に登録している。
・家族で集合する場所や連絡手段を事前に決めている。
・行政発行の防災マップを自宅に掲示して、家族の待ち合わせ場所などを事前に相談決定している。
・食糧・水・オムツ・トレイ対策を災害時に備えて7日分は自宅に準備している。
・大規模災害で停電のため、小銭2千円/家族一人 準備している。
・停電・断水・排水禁止に備えて給水袋や排水に関する容器等の運ぶものを家庭で事前に用意している。

みなさん、いくつ当てはまりましたか?
参加者のうち殆どの方が3つ以下でした。自分でも〇がつかなくて、愕然としました……。ただ、水島先生によると難しいことではないと言います。普段からインスタント食品を食べて、また購入しておく。災害時に紙製品は流通しづらいので、ティッシュやトイレットペーパーは自宅での在庫を確保が大切とのことです。私は大人用の紙おむつを買って来ようと思います!

参加者のアンケートでは「これから家に帰り、備えたいと思います!」との声が多かったです。皆さんの意識に一石を投じられ、とても良い講演会となりました。若いママさんの参加もとても嬉しく思いました。

Lpa181010_01

キューピー(株)五霞工場見学会〜“キューピーマヨネーズ”の美味しさの秘密を学んできました!!~中部ブロック委員会

2018年10月11日(木)
参加者:24名(組合員20名 非組合員1名 ブロック委員3名)

茨城県猿島郡五霞町にあるキューピー(株)五霞工場を見学してきました。
工場に到着すると、担当のササキさんと巨大マヨネーズ、キューピーちゃんがお出迎えしてくれました!!

Cb181011_01

エントランスには、ハロウィーンバージョンでキューピー商品が多数ディスプレイされていました。

《見学内容》
1.会社概要説明・映像視聴(20分)
2.製造行程見学(35分)
3.ドレッシング試食(30分)

キューピー(株)は、1919年に創業され来年100周年を迎えます。工場は全国に7ヶ所あり、五霞工場は1番大きく東京ドーム7個分、従業員は2200人そのうち工場では240人が働いています。1日に製造されるマヨネーズは25mプール1杯分、原料は主に卵・植物油・酢・塩、着色料・保存料・増粘剤などは使用していません。オートメーション化されるなか、原料管理は人の手でなされていました。
マヨネーズ・ドレッシング・割卵の3つの工場に分かれており、なかでも割卵室の毎分600個のスピードで割る高速割卵機は圧巻でした。
~ご存じでしょうか!?~
日本人は世界トップクラスの卵好き!! 日本人は1年間で1人あたり、330個の卵を消費しているそうです!

「キューピーマヨネーズ美味しさの秘密」
☆乳化のチカラでまろやかに
油の粒子を1000分の2~4㎜まで細かくする事でまろやかな舌触りに。
☆原料へのこだわり
卵は指定農場、酢は独自の技術で醸造したマヨネーズ専用酢。
☆瓶からポリボトルに
ボトルの口部にわずかに残る空気を窒素に置換、多層構造の容器で酸素をブロック。(マヨネーズ最大の敵は酸素!!)

◎開栓したマヨネーズを美味しく保つには、冷気のあたらない冷蔵庫のドアポケットで保存し、1ヵ月程度で使いきりましょう!

最後に、サラダ工房に案内され試食タイムです。アルコール消毒をし、パッケージのサラダに、9種類のドレッシングと8種類のマヨネーズの試食をさせていただきました。他にも、パスタソースのアレンジレシピチャーハンの紹介と試食がありました。
試食の後は、売店でお土産を購入しました。

Cb181011_02

Cb181011_03

改めて徹底した衛生管理と、品質管理の下、原料からこだわり多くの検査を経て、安心・安全の商品が私達に届けられている事を確認できました。

「参加者感想」
・マヨネーズの製造行程や歴史にふれることができて良かった。
・説明が分かりやすく、色々なドレッシングやマヨネーズの試食ができ、とても美味しかった。
・何気なく使っていたマヨネーズやドレッシング、様々な工夫がされている事に驚いた。
・個人ではなかなか予約できないので、参加できて良かった。
・2ヶ所出発の充実した見学会で、昼食も買い物もゆっくり楽しめた。

エスビー食品(株)の学習会をしました。〜南西ブロック委員会

2018年9月28日(金) 10時~ コープデリ藤代センターにて
参加人数:一般組合員9名 ブロック委員2名

スパイスを使って上手に減塩
資料を使い、スパイスとハーブの基礎やおいしく減塩する方法などを学習しました。その後実際にコンソメスープにスパイスを入れ減塩効果を体験しました。最後にオリジナルのカレー粉を作りました。

参加者の感想
・スパイスを使って減塩を心がけたい。
・レシピをたくさんもらえたので、日常生活に活用できそう。
・資料がカラフルでとてもわかりやすかった。
・コンソメスープにスパイスやハーブを入れるだけで味が変わるので、減塩に役立てたい。
・オリジナルカレー粉でカレーを作るのが楽しみ。

Swb180928_01

Swb180928_02

2018年10月10日 (水)

ほぺたんひろばにようこそ♫ 9月の『ほぺたんひろば』を開催しました〜♫〜西部ブロック委員会

『ほぺたんひろば』は……生協の事業や活動を知っていただき、商品やくらしの話題で楽しく交流できる場です。

西部ブロックでは
9月12日 境町文化村公民館
9月13日 五霞ふれあいセンター
9月18日 茨城県西産直センター
9月18日 コープデリ三和センター
9月19日 岩井公民館
9月19日 waiwaiドームしもつま
9月26日 結城南部中央コミュニティセンター
の7会場で開催しました!

8月のほぺたんひろばに参加された組合員さんより、お持ち帰りされた試食サンプルの感想をいただきました〜!

Wbhh09_01

Wbhh09_02

「co-opビーフカレー甘口」
・レトルトなのにしっかりした野菜が入っていてちゃんと素材の味がしました!
・甘口だけど牛肉のコクが子どもだけでなく、大人でも満足のおいしさでした!
・野菜はもう少しゴロッと感の残る硬さが欲しい。

パッケージについてこんなご意見も!
・アレルギーの表示や、各情報が太線で囲まれていてすっきりしていてパッと一目でわかりやすい!
・パッケージに穴が開いていること初めて知りました取りやすくていい!
・切り口が開けやすい!
ご感想ありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ

そして今回の試食品はこちら↓

Wbhh09_03

「co-op油であげないえんどう豆スナック」
・豆のくさみがなくてひとつひとつの長さがちょうどよく子どもにも与えやすい!
・油であげていないところや、塩加減が程よいところが気に入りました!
・コレはお酒のおつまみにもなりますね

「co-opミックスキャロット」
・にんじんが嫌いな私でも飲めました! クセがなく美味しかった♫
・30年前から野菜が苦手な子どもにと購入し続けています、毎日栄養が取れるように安売りの際は、数箱買いしています!
・以前より甘くなっている? 飲みやすいです!

また、こちらのミックスキャロットのパッケージにはお子さんに大人気のじゃんけんマークや、また大人も楽しめるおみくじが付いています! 皆さん、どこにあるかわかりますか〜?是非探してみてくださいね(≧∀≦)

「co-opミックスビーンズドライパック」
・そのままでいただいて、お豆の味がよくて食べやすかった!
・パックになっていて缶のゴミが出なくていい。
こちらの試食品は、お家でお料理にお使いいただけるようお持ち帰りしていただきました。ぜひ来月ご感想をお聞かせください♫

《参加者のいろいろな感想》
・「co-opきのこのカレー」が美味しい! いつでも注文や、ハピデリの取り扱いを多くして欲しい!
・「惚れ2とまとのトマトジュース」期間限定の商品がとても美味しい。ストレート食塩無添加は魅力的です! 毎週取り扱いになって欲しいくらい。
・出席する度に色々な商品について詳しく知ることができるので助かります!
・人数が多いと情報も多くなると思うので、もっとたくさんの人が参加できるよう、私も知人に声をかけてみようと思います!
・和気あいあいな雰囲気があって楽しく過ごすことができました! 質問にも答えてくださってありがとうございました!

Wbhh09_04

ブロック委員も、参加者の皆さんのご意見やレシピ、アドバイスを頂き楽しく活動させていただいています! ありがとうございます

「10月のほぺたんひろば」は
10月11日(木) 八千代町中央公民館
10月12日(金) 岩井公民館
10月18日(木) 五霞ふれあいセンター
10月23日(火) コープデリ三和センター
10月24日(水) waiwaiドームしもつま
10月26日(金) 境町文化村公民館
10月26日(金) 結城南部コミュニティセンター

各会場10時〜開催します。今月は、どんな商品に出会えるでしょうか? お楽しみに!!
皆さん、ぜひ一度遊びに来てください( ´ ▽ ` )ノ

「産直豚・お米育ち豚」の学習会を開催しました!!〜西部ブロック企画

2018年10月3日(水) 10時〜12時 境町中央公民館調理室にて
参加者:19名(組合員14名 ブロック委員4名 理事1名)

(株)コープデリフーズの近藤様・浅見様を講師としてお招きし「産直豚・お米育ち豚」の学習会を開催しました。

はじめに、資料・パワーポイントを使って、交配から出産、育成期から出荷までを詳しく教えていただきました。

Wb181003_01

「産直豚」の特徴は産地(生産者)・生産方法・流通経路が明らかになっており、私たち消費者に、商品と共に「安心・安全」も届けられています。また日本の米づくりを支える「お米育ち豚」は全肥育期間6ヵ月のうち、出荷前の約2ヵ月間餌の約15%に飼料米を使用しているとのことです。「食料自給力の向上」の取り組みに私たち消費者も購入・消費という形で参加できるのですね!!

学習後はいよいよ試食タイムです(^-^) 今回はバラ・ロース肉をしゃぶしゃぶでいただきました。

Wb181003_02

試食中に近藤様・浅見様が各テーブルを回ってくださり、部位の特徴・料理方法や家庭での上手な調理方法を教えてくださいましたm(_ _)m

Wb181003_03

〈参加者の感想〉
・生産の過程から調理法までの説明がわかりやすかった。
・安心・安全に配慮されているのでこれからも安心して食せます。
・たくさんの人の努力・繋がりで美味しいお米育ち豚ができている事を知りました。
・日本の食料自給率を上げられるようお米育ち豚のような取り組みを広げていけたらと思います。

2018年10月 9日 (火)

コープデリでんき&実家の片づけ講習会を開催しました!~南西ブロック委員会

2018年10月4日(木) コープうしく店2階コミュニティルームにて
参加人数:13名(組合員11名 ブロック委員2名)

今回の学習会は、9月からスタートしたコープデリでんきと、実家の片づけの豪華二本立て!
まずは、いばらきコープ総合企画室の篠崎さんより、コープデリでんきの説明がありました。
電気の自由化がすすめられるようになり、様々なサービスや料金プランの中から、自分のライフスタイルや価値観に合わせて電気を選べるようになったこと。コープデリグループは、原子力発電に頼らない社会、低炭素社会への転換等を目指して電気事業に参入したこと。再生可能エネルギーで発電されたFIT電気を約80%使用するFITメニューと、料金の安さを重視したベーシックメニューの2種類があること。切替手続きが簡単で、宅配と同じ口座から料金が引き落とされるので、管理がしやすいことなどがわかりました。
説明の後は、持参した検針票を元に料金シミュレーションをしました。スマートフォンを使って、簡単にできました。(シミュレーションはコチラ→http://www.denki-j.com/cd/
すでにオール電化にしているご家庭ではメリットはないそうなのですが、「お金よりも、環境に配慮したい!」ということでFITメニューに切り替えた組合員さんもいたとか。素晴らしい!

Swb181004_01

続いて、いばらきコープ全域理事でありながら、実家片づけアドバイザーとして活躍されている長峰理事から、実家の片づけ術についてのお話がありました。
「安心・安全・健康に暮らせる家」にするために片づけが必要であること。「片づけ3つの法則」があること。実家を片付けるときには、親との会話で言い方に気を付けた方がよいことなどがわかりました。片づけ……暮らしやすい住まいづくりにはかかせないテーマですよね。今回、具体的に片づけの方法を学ぶことができたので、実家や自宅で実践したい、という感想が出ました。

Swb181004_02

講師の篠崎さん、長峰理事、わかりやすくためになるお話をありがとうございました!

「おむすびレンジャー 収穫祭」を行いました!〜ひたちなか店会場にて〜北西ブロック委員会

2018年9月22日(土) 10時〜 コープひたちなか店にて

いばらきコープ「田んぼのがっこう  おむすびレンジャー  収穫祭」を行いました。
収穫祭には、9家族22名の方に参加していただきました。

5月はバケツで苗を育て、7月に稲の中間点検を行い、9月に刈り取りまでを行った「田んぼのがっこう」の修了式も行いました。
最初に校長先生のJA常陸の川又様からご挨拶をいただきました。また、今回も講師の先生は、JA常陸の塙様と酒井様に来ていただきました!

Nwb180922_01

まず最初に、DVDで苗が成長していく過程の説明と玄米や白米の写真などの映像を見せていただきました。その後に収穫して持ってきていただいた稲の実り具合をチェックしていただき、割りばしを利用して稲の脱穀を行いました。割りばしの間に稲をはさみ、穂に向かって割りばしを下ろしていくとパラパラと稲から簡単に取れていきます!

Nwb180922_02

次に、すり鉢に籾を入れて、野球のボールを転がして籾すりを行いました。こすることで籾がらと米が分かれ、すり鉢の中で息を優しくふくことで、玄米が見えてきます! みなさん、夢中になって行っていただけました。また数々の手間がかかることを今回の収穫体験の作業を通して、親子で体験できたことと思います!

Nwb180922_03

収穫体験した後は、JAさんが用意してくださった新米(コシヒカリ)を親子でおむすびを握っていただきました。お好みで塩、のりを巻いて食べていただきました。作業をした後のおむすびの味は、「美味しい!」と笑顔で食べていました! また、お米育ち豚で作った豚汁とお漬物も喜んでいただきました! またグループにJAの皆様に入っていただき、試食交流を行い、その後に感想を各家庭で発表していただき、みなさんで共有できたと思います!

Nwb180922_04

修了式では川又校長先生より、家族ごとに修了書をいただきました。

Nwb180922_05

~参加者からの感想~
○初めてのバケツ稲作りでしたが、毎日様子を見て、少しずつ大きくなっていく様子にとても愛着がわき、成長が楽しみでした。このような機会をいただき、ありがとうございました。
○毎日の水やりが大変でしたが、がんばりました。暑かったので、水がすぐなくなってしまいました。
○稲の見た目はすごく良い感じなのに、中身の米がいびつで色も悪かったので、いつも食べているお米はすごく良いものなんだと思いました。美味しいお米をいつもありがとうございます。
○精米になっているものを当たり前のように買って食べていましたが、お米になるまでの大変さが身にしみて分かる機会になりました。
○昔のやり方で籾摺りを経験し、大変さを痛感しました。精米法も進歩しましたね! お米離れが騒がれていますが、お米の良さを広めて、多くの方に食べていただきたいと思います。

Nwb180922_06

参加された方々は、お米を作るまでの作業体験をしていただいたことで、農家さんの御苦労を知っていただくことができ、また、「良い経験が出来ました!」との感想をたくさんいただきました\(^-^)/

«夏休み親子で作ろう「ビビンパ風ごはん・カップシュウマイ」~くらしの助け合いの会 勝田

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログ内検索